16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006041223) 内燃機関の排気浄化システム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/041223 国際出願番号: PCT/JP2005/019357
国際公開日: 20.04.2006 国際出願日: 14.10.2005
予備審査請求日: 26.05.2006
IPC:
F01N 3/36 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,B01D 53/86 (2006.01) ,F01N 3/08 (2006.01) ,F01N 3/20 (2006.01) ,F01N 3/28 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
36
添加燃料の供給のための装置
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
86
触媒による方法
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
18
操作の方法に特徴をもつもの;調整
20
特に触媒による変換に適用されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
出願人:
トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 〒4718571 愛知県豊田市トヨタ町1番地 Aichi 1, Toyota-cho, Toyota-shi, Aichi 4718571, JP (AllExceptUS)
利岡 俊祐 TOSHIOKA, Shunsuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
利岡 俊祐 TOSHIOKA, Shunsuke; JP
代理人:
川口 嘉之 KAWAGUCHI, Yoshiyuki; 〒1030004 東京都中央区東日本橋3丁目4番10号 アクロポリス21ビル6階 Tokyo Acropolis 21 Building 6th floor 4-10, Higashi Nihonbashi 3-chome Chuo-ku, Tokyo 103-0004, JP
優先権情報:
2004-30173515.10.2004JP
発明の名称: (EN) EXHAUST GAS PURIFICATION SYSTEM FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(FR) SYSTEME DE PURIFICATION DES GAZ D'ECHAPPEMENT POUR MOTEUR A COMBUSTION INTERNE
(JA) 内燃機関の排気浄化システム
要約:
(EN) In an exhaust gas purification system for an internal combustion engine in which NOx occluded in an occlusion reduction-type NOx catalyst is reduced by reducing the amount of exhaust gas flown into the NOx catalyst and supplying a reducing agent to the NOx catalyst, NOx reduction treatment is more reliably carried out by controlling a method for dispersing the reducing agent in the NOx catalyst. A fuel-air ratio detection means is disposed on the upstream side and downstream side of the occlusion reduction-type NOx catalyst. The amount of exhaust gas flown into the NOx catalyst is reduced, and, in addition, the addition timing of the reducing agent in a predetermined period after the addition of the reducing agent to the exhaust gas is varied so that the difference between the air-fuel ratio detected by the air-fuel ratio detection means disposed on the upstream side of the NOx catalyst and the air-fuel ratio detected by the air-fuel ratio detection means disposed on the downstream side of the NOx catalyst is brought to a predetermined target value.
(FR) L'invention concerne un système de purification des gaz d'échappement pour un moteur à combustion interne dans lequel des NOx occlus dans un catalyseur de NOx de type à réduction d'occlusion sont réduits par réduction de la quantité des gaz d'échappement s'écoulant dans le catalyseur de NOx et par apport d'un agent réducteur au catalyseur de NOx, assurant un traitement réducteur des NOx plus fiable par régulation d'un procédé de dispersion de l'agent réducteur dans le catalyseur de NOx. Des moyens de détection du rapport air/carburant sont respectivement disposés en amont et en aval du catalyseur de NOx de type à réduction d'occlusion. La quantité des gaz d'échappement s'écoulant dans le catalyseur de NOx est réduite. De plus, la synchronisation d'ajout de l'agent réducteur au cours d'une période prédéterminée suite à l'ajout de l'agent réducteur aux gaz d'échappement est modifiée de façon à amener à une valeur cible prédéterminée la différence entre le rapport air/carburant détecté par le moyen de détection de rapport air/carburant disposé en amont du catalyseur de NOx et le rapport air/carburant détecté par le moyen de détection de rapport air/carburant disposé en aval du catalyseur de NOx.
(JA) 吸蔵還元型NOx触媒に流入する排気の量を低減させるとともに前記NOx触媒に還元剤を供給することによって前記NOx触媒に吸蔵されたNOxを還元する内燃機関の排気浄化システムにおいて、前記NOx触媒内における還元剤の分散の仕方を制御することにより、より確実にNOx還元処理を行うことができる技術を提供する。吸蔵還元型NOx触媒の上流と下流に空燃比検出手段を配置し、前記NOx触媒に流入する排気の量を低減させるとともに前記排気中に還元剤が添加された後の所定期間における、前記NOx触媒の上流に配置された空燃比検出手段により検出された空燃比と下流に配置された空燃比検出手段により検出された空燃比との差が所定の目標値になるように、前記還元剤の添加時期を変更する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP1801379JP2006112348US20080092530CN101035971