国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006041190) 光弾性定数の低いポリカーボネート及びそれからなるフィルム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/041190 国際出願番号: PCT/JP2005/019157
国際公開日: 20.04.2006 国際出願日: 12.10.2005
IPC:
C08G 64/16 (2006.01) ,G02B 5/30 (2006.01) ,C08J 5/18 (2006.01) ,G02F 1/13363 (2006.01) ,C08L 69/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
64
高分子の主鎖に炭酸エステル連結基を形成する反応によって得られる高分子化合物
16
脂肪族―芳香族または芳香脂肪族ポリカーボネート
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
5
レンズ以外の光学要素
30
偏光要素
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
[IPC code unknown for ERROR IPC Code incorrect: invalid subgroup (0=>999999)!]
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
69
ポリカーボネートの組成物;ポリカーボネートの誘導体の組成物
出願人:
帝人株式会社 TEIJIN LIMITED [JP/JP]; 〒5410054 大阪府大阪市中央区南本町一丁目6番7号 Osaka 6-7, Minamihommachi 1-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410054, JP (AllExceptUS)
新田 英昭 NITTA, Hideaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
新田 英昭 NITTA, Hideaki; JP
代理人:
三原 秀子 MIHARA, Hideko; 〒1000011 東京都千代田区内幸町二丁目1番1号 株式会社帝人知的財産センター内 Tokyo c/o Teijin Intellectual Property Center Limited 1-1, Uchisaiwaicho 2-chome Chiyoda-ku, Tokyo 1000011, JP
優先権情報:
2004-29982814.10.2004JP
発明の名称: (EN) POLYCARBONATE WITH LOW PHOTOELASTIC CONSTANT AND FILM MADE THEREOF
(FR) POLYCARBONATE DE FAIBLE CONSTANTE PHOTOÉLASTIQUE ET FILM FABRIQUÉ À PARTIR DUDIT POLYCARBONATE
(JA) 光弾性定数の低いポリカーボネート及びそれからなるフィルム
要約:
(EN) Disclosed is a polycarbonate having a structure containing a fluorene ring and a structure derived from an isosorbide. This polycarbonate has high heat resistance and a low photoelastic constant, and enables to obtain a film having good transparency. Consequently, this polycarbonate is extremely useful as a polymer for optical use such as a polymer for retardation films.
(FR) La présente invention décrit un polycarbonate comportant une structure incluant un cycle fluorène ainsi qu’une structure dérivée d’un isosorbide. Ledit polycarbonate présente une résistance à la chaleur élevée ainsi qu’une faible constante photoélastique, et permet l'obtention d'un film de transparence satisfaisante. Ledit polycarbonate peut ainsi être employé en tant que polymère dans des applications optiques, comme les films retardateurs optiques.
(JA)  本発明のポリカーボネートは、フルオレン環をもつ構造とイソソルビドから誘導された構造とを有し、耐熱性が高くかつ光弾性定数が低い。また透明性が良好なフィルムを得ることができる。したがって、位相差フィルムなど光学用途のポリマーとして極めて有用である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JP4759518