国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006040937) バックライト用光源ユニット、液晶表示用バックライト装置及び透過型液晶表示装置
注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

請求の範囲

[1] 1.透過型のカラー液晶表示パネルを背面側から照明する液晶表示用バックライト光 源装置を構成するノックライト用光源ユニットであって、

3個の緑色 (G)発光ダイオード、 2個の赤色 (R)発光ダイオード及び 2個の青色(B) 発光ダイオードを備え、

これら 7個の発光ダイオードを 1単位として、上記 7個の発光ダイオードから発光され た 3原色光 (R, G, B)を混合して出射することを特徴とするバックライト用光源ュ-ッ

[2] 2.上記 7個の発光ダイオードを GRBG、 BGRの 2列に配列してなることを特徴とする 請求の範囲第 1項記載のバックライト用光源ユニット。

[3] 3.上記 7個の発光ダイオードを GBRG、 RGBの 2列に配列してなることを特徴とする 請求の範囲第 1項記載のバックライト用光源ユニット。

[4] 4.上記発光ダイオードは、光源力発せられた光を側面力放射させる光学部品が 設けられた側面放射発光ダイオードであることを特徴とする請求の範囲第 1項記載の ノックライト用光源ユニット。

[5] 5.上記 7個の発光ダイオードを GRBGBRGの一列に配列してなることを特徴とする 請求の範囲第 1項記載のバックライト用光源ユニット。

[6] 6.上記 7個の発光ダイオードを GBRGRBGの一列に配列してなることを特徴とする 請求の範囲第 1項記載のバックライト用光源ユニット。

[7] 7.上記 1単位となる上記 7個の発光ダイオードを反射板で囲み、上記 7個の発光ダイ オードから発光された上記 3原色光 (R, G, B)を局所的に混合して出射することを特 徴とする請求の範囲第 1項記載のバックライト用光源ユニット。

[8] 8.透過型のカラー液晶表示パネルを背面側から照明する液晶表示用バックライト光 源装置であって、

3個の緑色 (G)発光ダイオード、 2個の赤色 (R)発光ダイオード及び 2個の青色(B) 発光ダイオードを 1単位としてなり、上記 7個の発光ダイオードから発光された 3原色 光 (R, G, B)を混合して出射するバックライト用光源ユニットを複数個備えることを特 徴とする液晶表示用バックライト光源装置。

[9] 9.上記バックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GRBG、 BGRの 2 列に配列してなることを特徴とする請求の範囲第 8項記載の液晶表示用バックライト 光源装置。

[10] 10.上記バックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GBRG、 RGBの 2列に配列してなることを特徴とする請求の範囲第 8項記載の液晶表示用バックライト 光源装置。

[11] 11.上記複数個のバックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GRB G、 BGRの 2列に配列してなる第 1のバックライト用光源ユニットと、上記 7個の発光ダ ィオードを GBRG、 RGBの 2列に配列してなる第 2のバックライト用光源ユニットとを 任意に組み合わせてなることを特徴とする請求の範囲第 8項記載の液晶表示用バッ クライト光源装置。

[12] 12.複数の上記第 1のバックライト用光源ユニットと、複数の上記第 2のバックライト用 光源ユニットとを長手方向に一組ずつ交互に配置させることを特徴とする請求の範囲 第 11項記載の液晶表示用バックライト光源装置。

[13] 13.上記長手方向の両端部に同一色光を発光する発光ダイオードが配列されるよう に、複数の上記第 1のバックライト用光源ユニットと、複数の上記第 2のノックライト用 光源ユニットとを偶数組み配置させることを特徴とする請求の範囲第 12項記載の液 晶表示用バックライト光源装置。

[14] 14.上記バックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GRBGBRGの 一列に配列してなることを特徴とする請求の範囲第 8項記載の液晶表示用バックライ ト光源装置。

[15] 15.上記バックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GBRGRBGの 一列に配列してなることを特徴とする請求の範囲第 8項記載の液晶表示用バックライ ト光源装置。

[16] 16.上記複数個のバックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GRB GBRGの一列に配列してなる第 3のノックライト用光源ユニットと、上記 7個の発光ダ ィオードを GBRGRBGの一列に配列してなる第 4のバックライト用光源ユニットとを任 意に組み合わせてなることを特徴とする請求の範囲第 8項記載の液晶表示用バック

ライト光源装置。

[17] 17.上記 1単位となる上記 7個の発光ダイオードを反射板で囲み、上記 7個の発光ダ ィオードから発光された上記 3原色光 (R, G, B)を局所的に混合して出射することを 特徴とする請求の範囲第 8項記載の液晶表示用バックライト光源装置。

[18] 18.上記発光ダイオードは光源から発せられた光を側面から放射させる光学部品が 設けられた側面放射発光ダイオードであることを特徴とする請求の範囲第 8項記載の 液晶表示用バックライト光源装置。

[19] 19.透過型のカラー液晶表示パネルと、このカラー液晶表示パネルを背面側力照 明する液晶表示用バックライト光源装置とからなる透過型カラー液晶表示装置であつ て、

上記液晶表示用バックライト光源装置は、 3個の緑色 (G)発光ダイオード、 2個の赤 色 (R)発光ダイオード及び 2個の青色 (B)発光ダイオードを 1単位としてなり、上記 7 個の発光ダイオードから発光された 3原色光 (R, G, B)を混合して出射するバックラ イト用光源ユニットを複数個備えることを特徴とする透過型カラー液晶表示装置。

[20] 20.上記バックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GRBG、 BGRの 2列に配列してなることを特徴とする請求の範囲第 19項記載の透過型カラー液晶表 示装置。

[21] 21.上記バックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GBRG、 RGBの 2列に配列してなることを特徴とする請求の範囲第 19項記載の透過型カラー液晶表 示装置。

[22] 22.上記複数個のバックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GRB G、 BGRの 2列に配列してなる第 1のバックライト用光源ユニットと、上記 7個の発光ダ ィオードを GBRG、 RGBの 2列に配列してなる第 2のバックライト用光源ユニットとを 任意に組み合わせてなることを特徴とする請求の範囲第 19項記載の透過型カラー 液晶表示装置。

[23] 23.複数の上記第 1のバックライト用光源ユニットと、複数の上記第 2のバックライト用 光源ユニットとを長手方向に一組ずつ交互に配置させることを特徴とする請求の範囲 第 22項記載の透過型カラー液晶表示装置。

[24] 24.上記長手方向の両端部に同一色光を発光する発光ダイオードが配列されるよう に、複数の上記第 1のバックライト用光源ユニットと、複数の上記第 2のノックライト用 光源ユニットとを偶数組み配置させることを特徴とする請求の範囲第 23項記載の透 過型カラー液晶表示装置。

[25] 25.上記バックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GRBGBRGの 一列に配列してなることを特徴とする請求の範囲第 19項記載の透過型カラー液晶表 示装置。

[26] 26.上記バックライト用光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GBRGRBGの 一列に配列してなることを特徴とする請求の範囲第 19項記載の透過型カラー液晶表 示装置。

[27] 27.上記複数個のバックライト光源ユニットは、上記 7個の発光ダイオードを GRBGB RGの一列に配列してなる第 3のバックライト用光源ユニットと、上記 7個の発光ダイォ ードを GBRGRBGの一列に配列してなる第 4のバックライト用光源ユニットとを任意に 組み合わせてなることを特徴とする請求の範囲第 19項記載の透過型カラー液晶表 示装置。

[28] 28.上記 1単位となる上記 7個の発光ダイオードを反射板で囲み、上記 7個の発光ダ ィオードから発光された上記 3原色光 (R, G, B)を局所的に混合して出射することを 特徴とする請求の範囲第 19項記載の透過型カラー液晶表示装置。

[29] 29.上記発光ダイオードは光源から発せられた光を側面から放射させる光学部品が 設けられた側面放射発光ダイオードであることを特徴とする請求の範囲第 19項記載 の透過型カラー液晶表示装置。