処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2006040916 - 車両のアクセルペダル制御装置および車両の制御装置

注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。
請求の範囲

1 . 車両の駆動源から発生する駆動力と相関関係を有する情報を検知する検 知部と、

運転者により操作されるアクセルペダルの踏力を制御する踏力制御部とを含み、 前記踏力制御部は、前記検知部により検知された情報の変化に対応させて、前 記踏力を変化するように制御する、車両のアクセルペダル制御装置。

2 . 前記情報は物理量であって、前記相関関係は、前記物理量が大きいほど 前記駆動力が大きいという関係であって、 '

前記踏力制御部は、前記物理量の増加に対応させて前記アクセルペダル踏力を 増加するように制御する、請求項 1に記載のァクセルペダル制御装置。

3 . 内燃機関への吸入空気量を制御する吸入空気量制御弁の開度を検知する 弁開度検知部と、

運転者により操作されるァクセルペダルの踏力を制御する踏力制御部とを含み、 前記踏力制御部は、前記弁開度検知部により検知された弁開度の変化に対応さ せて、前記踏力を変化するように制御する、車両のアクセルペダル制御装置。

■4 . 前記踏力制御部は、前記弁開度の増加に対応させて前記アクセルペダル 踏力を増加するように制御する、請求項 3に記載のァクセルペダル制御装置。

5 . 前記踏力制御部は、前記弁開度が零であると、前記ペダル操作量に対応 した踏力のみを発生させるように制御する、請求項 3に記載のアクセルペダル制 御装置。

6 . ' 前記制御装置は、前記ァクセルペダルの操作量を検知するペダル操作量 検知部をさらに含み、

前記踏力制御部は、前記弁開度の変化に加えて、前記ペダル操作量検知部によ り検知されたペダル操作量の変化に対応させて、前記踏力を変化するように制御 する、請求項 3に記載のアクセルペダル制御装置。

7 . 前記踏力制御部は、前記ペダル操作量の増加に応じて前記アクセルぺダ ル踏カを増加するように制御する、請求項 6に記載のアクセルペダル制御装置。

8 . 請求項 3〜 7のいずれかに記載のアクセルペダル制御装置を搭載した車 記載のァクセルペダル制御装置。

1 4 . 前記制御装置は、前記アクセルペダルの操作量を検知するためのぺダ ル操作量検知手段をさらに含み、

前記踏力制御手段は、前記弁開度の変化に加えて、前記ペダル操作量検知手段 により検知されたペダル操作量の変化に対応させて、前記踏力を変化するように 制御するための手段を含む、請求項 1 1に記載のアクセルペダル制御装置。 '

1 5 . 前記踏力制御手段は、前記ペダル操作量の増加に応じて前記アクセル ペダル踏力を増加するように制御するための手段を含む、請求項 1 4に記載のァ クセノレペダル制御装置。

1 6 . 請求項 1 1〜 1 5のいずれかに記載のァクセノレぺダノレ制御装置を搭載 した車両の制御装置であって、

前記ペダル開度検知手段により検知されたアクセルペダル開度に基づいて、車 両の発生すべき駆動力を設定するための目標駆動力設定手段と、

前記目標駆動力設定手段により設定された目標駆動力に応じて前記吸入空気量 制御弁を制御するための弁制御手段とを含む、車両の制御装置。