16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006040874) ハニカム構造体及びその製法
注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

請求の範囲

1. セラミック粒子と無機繊維とを含んでなるハニカム構造体であって、 前記無機繊維は、アスペクト比≥繊維強度(GP a) /0. 3を満た す、八二カム構造体。

2. 前記無機繊維の含有量は全体の 5〜3 0重量%である、請求項 1に 記載の八二カム構造体。

3. 前記無機繊維のアスペクト比は 5以上である、請求項 1又は 2に記 載の八二カム構造体。

4. 前記無機繊維は、セラミック繊維又はガラス繊維である、請求項 1 〜 3のいずれかに記載のハニカム構造体。

5. 車両の排ガス浄化装置の一構成要素として利用される、請求項 1〜 4のいずれかに記載のハニカム構造体。

6. 少なくともセラミック粒子と無機繊維と無機バインダを混合して混 合組成物とし、該混合組成物をハニカム形状に成形して成形体とし、該 成形体を焼成してハニカム構造体を製造する方法であって、

前記無機繊維は、アスペクト比≥繊維強度(GP a) /0. 3を満た す、ハニカム構造体の製法。

7. 前記無機繊維の含有量は全体の 5〜 3 0重量%である、請求項 6に 記載のハニカム構造体の製法。

8. 前記無機繊維のアスペクト比は 5以上である、請求項 6又は 7に記 載の八二カム構造体の製法。

9. 前記無機繊維は、セラミック繊維又はガラス繊維である、請求項 6 〜 8のいずれかに記載のハニカム構造体の製法。