国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006038636) 燃料噴射装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/038636 国際出願番号: PCT/JP2005/018391
国際公開日: 13.04.2006 国際出願日: 28.09.2005
IPC:
F02M 47/00 (2006.01) ,F02M 47/02 (2006.01) ,F02M 51/00 (2006.01) ,F02M 59/46 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
47
流体圧力で操作される燃料噴射弁をもつ周期的に作動する燃料噴射装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
47
流体圧力で操作される燃料噴射弁をもつ周期的に作動する燃料噴射装置
02
“蓄圧インゼクタ”形のもの,すなわち噴射弁を開口しようとするアキュムレータの燃料圧力と閉鎖しようとする他の室内の燃料圧力とを有し,さらにその閉鎖圧力を周期的に放出する手段を有するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
51
電気的に作動することを特徴とする燃料噴射装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
59
特に燃料噴射に適し,そしてグループ39/00から57/00に分類されないポンプ(ポンプの一般的特徴F04)
44
グループ59/02から59/42の装置に分類されないまたは無関係な細部,構成要素部品または付属品
46
出願人:
トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 〒4718571 愛知県豊田市トヨタ町1番地 Aichi 1, Toyotacho, Toyota-shi, Aichi 4718571, JP (AllExceptUS)
大前 和広 OMAE, Kazuhiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
渡辺 義正 WATANABE, Yoshimasa [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
大前 和広 OMAE, Kazuhiro; JP
渡辺 義正 WATANABE, Yoshimasa; JP
代理人:
青木 篤 AOKI, Atsushi; 〒1058423 東京都港区虎ノ門三丁目5番1号 虎ノ門37森ビル 青和特許法律事務所 Tokyo A. Aoki, Ishida & Associates Toranomon 37 Mori Bldg. 5-1, Toranomon 3-chome Minato-ku, Tokyo 1058423, JP
優先権情報:
2004-28999501.10.2004JP
発明の名称: (EN) FUEL INJECTION DEVICE
(FR) DISPOSITIF D'INJECTION DE CARBURANT
(JA) 燃料噴射装置
要約:
(EN) A fuel injection device, wherein a first valve element (32) and a second valve element (34) are disposed in the pressure switching chamber (30) of a three-way valve (8). When the destination of a fuel flow passage (15) is switched from a high-pressure fuel supply passage (5a) to a low-pressure fuel return passage (26a), the three-way valve is switched from a state in which the first valve element (32) is open and the second valve element (34) is closed to a state in which the first valve element (32) is closed and the second valve element (34) is open after both the first valve element (32) and the second valve element (34) are closed. The valve opening timing of a needle valve (9) is controlled by a fuel pressure at a pressure control port (55) closed by a sliding seal surface (53) formed on the outer periphery of the second valve element (34).
(FR) Dispositif d’injection de carburant dans le cadre duquel un premier élément de soupape (32) et un second élément de soupape (34) sont disposés dans la chambre de changement de pression (30) d’une valve diviseuse à trois voies (8). Quand la destination d’un passage d’écoulement de carburant (15) est changée d’un passage d’alimentation de carburant haute pression (5a) à un passage de retour de carburant basse pression (26a), la valve diviseuse à trois voies est changée d’un état selon lequel le premier élément de valve (32) est ouvert et le second élément de valve (34) est fermé à un état selon lequel le premier élément de valve (32) est fermé et le second élément de valve (34) est ouvert après que le premier élément de valve (32) et le second élément de valve (34) sont fermés. Le délai d’ouverture de valve d’une valve à pointeau (9) est géré par une pression de carburant au niveau d’un orifice de commande de pression (55) fermé par une surface de fermeture coulissante (53) formée sur la périphérie externe du second élément de valve (34).
(JA) 三方弁(8)の圧力切替室(30)内に第1の弁体(32)および第2の弁体(34)が配置される。燃料流通通路(15)の連通先を高圧燃料供給通路(5a)から低圧燃料返戻通路(26a)に切替えるときには第1の弁体(32)が開弁していて第2の弁体(34)が閉弁している状態から第1の弁体(32)および第2の弁体(34)が共に閉弁している状態を経た後に第1の弁体(32)が閉弁していて第2の弁体(34)が開弁している状態に切替えられる。第2の弁体(34)の外周に形成された摺動シール面(53)により閉鎖される圧力制御ポート(55)の燃料圧によってニードル弁(9)の開弁タイミングが制御される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP1795737JP2006104971US20080264383CN1969119