国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006038629) ガス化複合発電設備、その制御方法、燃料ガスの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/038629 国際出願番号: PCT/JP2005/018371
国際公開日: 13.04.2006 国際出願日: 04.10.2005
IPC:
F01K 23/10 (2006.01) ,F02C 7/057 (2006.01) ,F02C 7/22 (2006.01) ,F02C 9/28 (2006.01) ,F02C 9/40 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
K
蒸気機関設備;蒸気アキュムレータ;他に分類されない機関設備;特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関
23
2以上の機関が設備の外部へ出力を供給し,それらの機関が異なった流体で駆動されることを特徴とする設備
02
機関サイクルが熱的に結合されているもの
06
一方のサイクルからの燃焼熱が他方のサイクルの流体を加熱するもの
10
一方のサイクルの排出流体が他方のサイクルの流体を加熱するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
04
ガスタービン設備又はジェット推備設備のための空気の取り入れ
057
制御又は調整
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
22
燃料供給系統
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
9
ガスタービン設備の制御;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
26
燃料供給制御
28
設備又は周囲のパラメータ,例.温度,圧力,ロータ速度,に応答する調整装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
9
ガスタービン設備の制御;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
26
燃料供給制御
40
特別の燃料又は複数の燃料の使用に特に適合したもの
出願人:
日揮株式会社 JGC CORPORATION [JP/JP]; 〒1000004 東京都千代田区大手町2丁目2番1号 Tokyo 2-1, Otemachi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000004, JP (AllExceptUS)
刑部 道博 OSAKABE, Michihiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
小崎 恭寿男 KOZAKI, Yasuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
田中 秀昌 TANAKA, Hideaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
三嶋 俊介 MISHIMA, Shunsuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
古迫 達夫 FURUSAKO, Tatsuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
庄村 和幸 SHOUMURA, Kazuyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
西須 巧 SAISU, Takumi [JP/JP]; JP (UsOnly)
宮田 浩之 MIYATA, Hiroyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
渡邉 康太郎 WATANABE, Kotaro [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
刑部 道博 OSAKABE, Michihiro; JP
小崎 恭寿男 KOZAKI, Yasuo; JP
田中 秀昌 TANAKA, Hideaki; JP
三嶋 俊介 MISHIMA, Shunsuke; JP
古迫 達夫 FURUSAKO, Tatsuo; JP
庄村 和幸 SHOUMURA, Kazuyuki; JP
西須 巧 SAISU, Takumi; JP
宮田 浩之 MIYATA, Hiroyuki; JP
渡邉 康太郎 WATANABE, Kotaro; JP
代理人:
志賀 正武 SHIGA, Masatake; 〒1048453 東京都中央区八重洲2丁目3番1号 Tokyo 2-3-1, Yaesu Chuo-ku, Tokyo 1048453, JP
優先権情報:
2004-29284605.10.2004JP
2004-29284705.10.2004JP
発明の名称: (EN) GASIFYING COMPLEX POWER GENERATION SYSTEM, CONTROL METHOD THEREFOR, FUEL GAS PRODUCING METHOD
(FR) SYSTEME DE GENERATION D’ENERGIE COMPLEXE A GAZEIFICATION, SON PROCEDE DE COMMANDE, PROCEDE DE PRODUCTION DE GAZ COMBUSTIBLE
(JA) ガス化複合発電設備、その制御方法、燃料ガスの製造方法
要約:
(EN) A complex power generation system (25) for generating power by rotating a gas turbine with a fuel gas produced at a gasifying facility provided with a gasifying furnace (23) for producing a fuel gas, comprising, in order for a gasifying facility to produce a fuel gas necessary for the complex power generation system (25) according to a power generation load requirement, a waste time compensation circuit (71) for compensating for waste time and control lag produced while a fuel gas is supplied from the gasifying facility to the complex power generation system, in addition to control for feed-forward controlling the gasifying facility, whereby the gasifying facility is zero-flare-operated. In addition, a waste time compensation circuit (46) is provided to let the complex power generation system (25) follow-up operate with a constant delay by delaying a power generation load requirement to the complex power generation system (25) based on waste time and control lag existing in the gasifying facility.
(FR) L’invention concerne un système de génération d’énergie complexe (25) pour générer de l’énergie par rotation d’une turbine à gaz, un gaz combustible étant produit dans une centrale de gazéification dotée d’un four de gazéification (23) pour produire un gaz combustible, comprenant, pour permettre à une centrale de gazéification de produire un gaz combustible nécessaire au système de génération d’énergie complexe (25) en fonction d’une charge de génération d’énergie requise, un circuit de compensation du temps perdu (71) pour compenser le temps perdu et le retard de commande créés lors de l’acheminement d’un gaz combustible entre la centrale de gazéification et le système de génération d’énergie complexe, en plus de la commande par anticipation de la centrale de gazéification, ce qui permet d’exploiter la centrale de gazéification sans torche. Le système de génération d’énergie complexe (25) comprend en outre un circuit de compensation du temps perdu (46) permettant d’exploiter le système de génération d’énergie complexe (25) avec un délai constant en différant une charge de génération d’énergie requise par le système de génération d’énergie complexe (25) en fonction du temps perdu et du retard de commande existant dans la centrale de gazéification.
(JA)  本発明は、燃料ガスを製造するガス化炉23を備えたガス化設備で製造された燃料ガスによってガスタービンを回転させて発電する複合発電設備25において、発電負荷要求に応じ、複合発電設備25にて必要となる燃料ガスをガス化設備にて製造させるべく、ガス化設備をフィードフォワード制御する制御に加え、燃料ガスが前記ガス化設備から複合発電設備に供給される間に存在する無駄時間及び制御の遅れを補償する無駄時間補償回路71を設け、ガス化設備をゼロフレア運転する。  また、ガス化設備に存在する無駄時間及び制御の遅れに基づいて複合発電設備25への発電負荷要求を遅らせて複合発電設備25を一定の遅れをもって追従運転させる無駄時間補償回路46を設けている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP1798385US20080190092