国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006038555) 水素化精製軽油の製造方法、水素化精製軽油及び軽油組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/038555 国際出願番号: PCT/JP2005/018127
国際公開日: 13.04.2006 国際出願日: 30.09.2005
IPC:
C10G 65/12 (2006.01) ,C10G 45/48 (2006.01) ,C10G 45/52 (2006.01) ,C10G 45/54 (2006.01) ,C10G 47/18 (2006.01)
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
G
炭化水素油の分解;液体炭化水素混合物の製造,例.分解水添,オリゴメリゼーション,ポリメリゼーションによるもの;油頁岩,油砂またはガスからの炭化水素油の回収;主に炭化水素から成る混合物の精製;ナフサのリホーミング;鉱ろう
65
2以上の水素化処理のみによる炭化水素油の処理
02
連続工程のみによるもの
12
分解工程および他の水素化処理工程を包含するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
G
炭化水素油の分解;液体炭化水素混合物の製造,例.分解水添,オリゴメリゼーション,ポリメリゼーションによるもの;油頁岩,油砂またはガスからの炭化水素油の回収;主に炭化水素から成る混合物の精製;ナフサのリホーミング;鉱ろう
45
水素または水素発生化合物を用いる炭化水素油の精製
44
芳香族炭化水素の水添
46
使用する触媒によって特徴づけられるもの
48
ニッケルまたはコバルト金属,またはそれらの化合物を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
G
炭化水素油の分解;液体炭化水素混合物の製造,例.分解水添,オリゴメリゼーション,ポリメリゼーションによるもの;油頁岩,油砂またはガスからの炭化水素油の回収;主に炭化水素から成る混合物の精製;ナフサのリホーミング;鉱ろう
45
水素または水素発生化合物を用いる炭化水素油の精製
44
芳香族炭化水素の水添
46
使用する触媒によって特徴づけられるもの
52
白金族金属またはそれらの化合物を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
G
炭化水素油の分解;液体炭化水素混合物の製造,例.分解水添,オリゴメリゼーション,ポリメリゼーションによるもの;油頁岩,油砂またはガスからの炭化水素油の回収;主に炭化水素から成る混合物の精製;ナフサのリホーミング;鉱ろう
45
水素または水素発生化合物を用いる炭化水素油の精製
44
芳香族炭化水素の水添
46
使用する触媒によって特徴づけられるもの
54
結晶性アルミノけい酸塩,例.分子ふるい,を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
G
炭化水素油の分解;液体炭化水素混合物の製造,例.分解水添,オリゴメリゼーション,ポリメリゼーションによるもの;油頁岩,油砂またはガスからの炭化水素油の回収;主に炭化水素から成る混合物の精製;ナフサのリホーミング;鉱ろう
47
低沸点の留分を得るための水素または水素発生化合物の存在下における炭化水素油の分解
02
使用する触媒によって特徴づけられたもの
10
担体上に沈積した触媒を用いるもの
12
無機担体
16
結晶性アルミノけい酸塩坦体
18
白金族金属またはそれらの化合物を含有する触媒
出願人:
新日本石油株式会社 NIPPON OIL CORPORATION [JP/JP]; 〒1058412 東京都港区西新橋一丁目3番12号 Tokyo 3-12, Nishi-shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1058412, JP (AllExceptUS)
壱岐 英 IKI, Hideshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
杉浦 行寛 SUGIURA, Yukihiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
田中 祐一 TANAKA, Yuichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
紺野 博文 KONNO, Hirofumi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
壱岐 英 IKI, Hideshi; JP
杉浦 行寛 SUGIURA, Yukihiro; JP
田中 祐一 TANAKA, Yuichi; JP
紺野 博文 KONNO, Hirofumi; JP
代理人:
長谷川 芳樹 HASEGAWA, Yoshiki; 〒1040061 東京都中央区銀座一丁目10番6号銀座ファーストビル 創英国際特許法律事務所 Tokyo SOEI PATENT AND LAW FIRM, Ginza First Bldg., 10-6 Ginza 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1040061, JP
優先権情報:
2004-29067201.10.2004JP
発明の名称: (EN) PROCESS FOR PRODUCING HYDROREFINED GAS OIL, HYDROREFIND GAS OIL, AND GAS OIL COMPOSITION
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE GAZOLE HYDRORAFFINÉ, GAZOLE HYDRORAFFINÉ ET COMPOSITION DE GAZOLE
(JA) 水素化精製軽油の製造方法、水素化精製軽油及び軽油組成物
要約:
(EN) This invention provides a process for producing a hydrorefined gas oil, comprising the step of hydrogenating a hydrorefining oil containing not less than 95% by volume of a distillation fraction having a boiling point range of 150 to 380ºC and having a sulfur content of 2 to 15 ppm by mass, a total aromatic content of 10 to 25% by volume, and a total naphthene content of 20 to 60% by volume in the presence of a hydrogenation catalyst to prepare a generated oil having a total aromatic content of not more than 3% by volume, and the step of hydrogenating the above generated oil in the presence of a hydrogenation catalyst comprising a crystalline molecular sieve component to prepare a generated oil containing not more than 16% by volume of a petroleum distillation fraction having a boiling point range of below 150ºC and satisfying the requirement that the total of the total aromatic content and the total naphthene content is not more than 80% of the total of the total aromatic content and the total naphthene content in the hydrorefining oil.
(FR) La présente invention concerne un procédé de fabrication de gazole hydroraffiné, comprenant la phase d’hydrogénation d’une huile d’hydroraffinage contenant au moins 95% en volume d’une fraction de distillation d’une fourchette de points d’ébullition de 150 à 380ºC et ayant une teneur en soufre de 2 à 15 ppm en masse, une teneur aromatique totale de 10 à 25% en volume, et une teneur totale en naphtène de 20 à 60% en volume en présence d’un catalyseur d’hydrogénation pour élaborer une huile générée d’une teneur aromatique totale ne dépassant pas 3% en volume, et la phase d’hydrogénation de l’huile générée ci-dessus en présence d’un catalyseur d’hydrogénation comprenant une composante de tamis moléculaire cristallin pour élaborer une huile générée ne contenant pas plus de 16% en volume d’une fraction de distillation de pétrole d’une fourchette de points d’ébullition inférieure à 150ºC et satisfaisant à l’exigence selon laquelle le total de la teneur aromatique totale et de la teneur totale en naphtène ne dépasse pas 80% du total de la teneur aromatique totale et de la teneur totale en naphtène dans l’huile d’hydroraffinage.
(JA)  本発明の水素化精製軽油の製造方法は、沸点範囲が150~380°Cである留分を95容量%以上含み、硫黄分2~15質量ppm、全芳香族分10~25容量%、全ナフテン分20~60容量%の水素化精製油を、水素化触媒の存在下で水素化して、全芳香族分が3容量%以下の生成油を得る工程と、結晶性モレキュラシーブ成分を含有する水素化触媒の存在下、上記生成油を水素化して、沸点範囲150°C未満の石油留分の含有量が16容量%以下、全芳香族分と全ナフテン分との合計が水素化精製油中のものに対し80%以下である生成油を得る工程とを有するものである。
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP1818385JP2006104271US20080308459