16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006038507) フィルム用ポリアミド樹脂成形材料およびその製造方法
注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

請求の範囲

[1] (A)と (B)の合計を 100重量部として、(A)ポリアミド榭脂ペレット 90〜99重量部と 、 (B)ポリアミド榭脂に無機粒子 2〜8重量%及びビスアミド化合物 1〜5重量%を配 合したマスターバッチ 10〜1重量部と、(C)ビスアミド化合物粉体 0. 005-0. 1重量 部とを混合して成るフィルム用ポリアミド榭脂成形材料。

[2] 無機粒子がシリカ、ゼォライト及びカオリンカも選択される少なくとも 1種である請求 項 1に記載のフィルム用ポリアミド榭脂成形材料。

[3] 無機粒子がシランカップリング剤で表面処理されたものである請求項 1又は 2に記 載のフィルム用ポリアミド榭脂成形材料。

[4] (A)と (B)の合計を 100重量部として、(A)ポリアミド榭脂ペレット 90〜99重量部と

、 (B)ポリアミド榭脂に無機粒子 2〜8重量%及びビスアミド化合物 1〜5重量%を配 合したマスターバッチ 10〜1重量部と、(C)ビスアミド化合物粉体 0. 005-0. 1重量 部とをフィルム製造用押出機に供給し、成膜することを特徴とするポリアミド榭脂フィ ルムの製造方法。

[5] (A)と (B)の合計を 100重量部として、(A)ポリアミド榭脂ペレット 90〜99重量部と

、 (B)ポリアミド榭脂に無機粒子 2〜8重量%及びビスアミド化合物 1〜5重量%を配 合したマスターバッチ 10〜1重量部と、(C)ビスアミド化合物粉体 0. 005-0. 1重量 部とを予め均一混合した後に、フィルム製造用押出機に供給する請求項 4に記載の ポリアミド榭脂フィルムの製造方法。

[6] 請求項 1〜3の何れかに記載のポリアミド榭脂成形材料力も成形されたポリアミド榭 脂フィルム。