国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006038480) 排ガス浄化装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/038480 国際出願番号: PCT/JP2005/017580
国際公開日: 13.04.2006 国際出願日: 26.09.2005
IPC:
F01N 3/20 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,F01N 3/24 (2006.01) ,F01N 3/36 (2006.01) ,F02D 41/38 (2006.01) ,F02M 45/02 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
18
操作の方法に特徴をもつもの;調整
20
特に触媒による変換に適用されるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
36
添加燃料の供給のための装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
41
燃焼可能な混合気またはその成分の供給の電気的制御
30
燃料の噴射を制御するもの
38
高圧型のもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
45
特殊な時期―圧力または時間―量の関係をもった周期的送り出しを行うことを特徴とする燃料噴射装置
02
各周期的送り出しが2以上の部分に分けられているもの
出願人:
日野自動車株式会社 Hino Motors, Ltd. [JP/JP]; 〒1918660 東京都日野市日野台3丁目1番地1 Tokyo 3-1-1, Hino-dai, Hino-shi, Tokyo 1918660, JP (AllExceptUS)
横田 治之 YOKOTA, Haruyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
横田 治之 YOKOTA, Haruyuki; JP
代理人:
須田 正義 SUDA, Masayoshi; 〒1700013 東京都豊島区東池袋1丁目21番11号オーク池袋ビル Tokyo OAK Ikebukuro Bldg. 21-11, Higashi-Ikebukuro 1-chome Toshima-ku, Tokyo 170-0013, JP
優先権情報:
2004-29085404.10.2004JP
発明の名称: (EN) EXHAUST EMISSION CONTROL DEVICE
(FR) DISPOSITIF ANTIPOLLUTION POUR L'ÉCHAPPEMENT
(JA) 排ガス浄化装置
要約:
(EN) An exhaust emission control device capable of efficiently regenerate an NOx storage/reduction type catalyst storing NOx by post-injecting sufficient amount of a fuel without diluting an engine oil on the inner wall surface of a cylinder. An NOx absorber and an activated metal are carried on the NOx storage/reduction type catalyst (16) installed in the exhaust passage (14) of an engine (11), and a fuel adding means (17) adds the fuel into an exhaust gas inside the exhaust passage (14) to supply the fuel to the NOx storage/reduction type catalyst (16). The fuel adding means (17) is an accumulator fuel injection device post-injecting the fuel after a main injection to the cylinder (22) of the engine (11) at such a timing that the fuel is not ignited in the cylinder (22). The post-injection by the accumulator fuel injection device (17) is performed in three to twenty times in the latter period of the expansion stroke of the engine (11).
(FR) Dispositif antipollution pour l'échappement capable de régénérer efficacement un catalyseur du type stockage/réduction de NOx stockant du NOx en injectant une quantité additionnelle suffisante de carburant sans diluer l'huile moteur sur la surface de la paroi interne d'un cylindre. Le catalyseur du type stockage/réduction de NOx (16), installé dans le circuit d'échappement (14) d'un moteur (11), est imprégné d'un absorbeur de NOx et d'un métal activé et un moyen d'addition de carburant (17) ajoute du carburant dans les gaz d'échappement à l'intérieur du circuit d'échappement (14) pour fournir le carburant au catalyseur du type stockage/réduction de NOx (16). Le moyen d'addition de carburant (17) est un dispositif d'injection de carburant accumulateur qui injecte un supplément de carburant après l'injection principale dans le cylindre (22) du moteur (11) à un moment du cycle tel que le carburant ne s'enflamme pas dans le cylindre (22). Le dispositif d'injection de carburant accumulateur (17) effectue la post-injection en trois à vingt fois dans la dernière phase de la course de détente du cylindre (22) du moteur (11).
(JA)  シリンダ内壁面のエンジンオイルを希釈せず、必要十分な量のポスト噴射を行うことで、NOxを吸蔵したNOx吸蔵還元触媒を効率良く再生する。  エンジン(11)の排気通路(14)に設けられたNOx吸蔵還元触媒(16)にNOx吸収剤及び活性金属が担持され、燃料添加手段(17)が排気通路(14)内の排ガスに燃料を添加することによりNOx吸蔵還元触媒(16)に燃料を供給する。この燃料添加手段(17)は、エンジン(11)のシリンダ(22)へのメイン噴射に続いてシリンダ(22)内で燃料が着火しないタイミングでポスト噴射を行う蓄圧型燃料噴射装置である。また蓄圧型燃料噴射装置(17)によるポスト噴射はエンジン(11)の膨張行程の後期に3回~20回に分けて行われるように構成される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP1826372US20090188236CN101035970