16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006038435) SIPサーバ
注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。
明 細書

SIPサーバ

技術分野

[0001] 本発明は、インターネット上に独自に構築した SIP内線網において SIP端末間の通 信を制御する内線網 SIPサーバに関する。

背景技術

[0002] 近年、通信事業者が独自に構築した VoIP網 (キャリア通信網)を使って IP電話サ 一ビスの提供を開始している。通信事業者と契約したユーザは同一キャリア VoIP網 内では IP電話機同士で音声通話が可能であり、通信事業者力割り当てられた IP電 話専用電話番号 (050電話番号)にて PSTN網から着信を受けることもできる(例え ば、特許文献 1参照)。現在は各通信事業者がそれぞれ独自にキャリア VoIP網を運 営している。

[0003] 一方、テレビジョン装置、ビデオカメラ等の家電製品を IPネットワークに接続可能に 構成した、わゆるネット家電機器が製品化されつつある。 IP電話も含む概念のネット 家電機器を IPネットワークに接続して IPネットワーク経由でネット家電機器に特ィ匕し たサービス提供を受けられるようにすることも望まれる。そのために、 ISP (Internet Se rvice Provider)等力インターネット上に独自の通信網を構築し、その独自通信網にお V、て契約ユーザのネット家電機器に対して独自サービスを提供することが考えられる

特許文献 1 :特開 2000— 022814号公報

発明の開示

発明が解決しょうとする課題

[0004] し力しながら、独自通信網内のネット家電機器をキャリア VoIP網に接続しょうとすれ ば、 IP電話以外のネット家電機器にも IP電話と同等の機能が必要となりネット家電機 器の実装が重くなる問題がある。

[0005] また、独自通信網側にゲートウェイを設けてネット家電機器の実装を軽くしょうとす れば、キャリア VoIP網と同等のインフラ (顧客情報データベース、 IP呼制御装置等) が独自通信網側にも必要となる。し力も、システム仕様は通信事業者毎に異なるので 、複数の通信事業者に対応しょうとすれば、通信事業者の数だけ顧客情報データべ ース、 IP呼制御装置等の設備を用意する必要があり、システムの複雑ィ匕及びコストァ ップを招くといった問題がある。

[0006] 本発明の目的は、以上のような実情を鑑みてなされたもので、通信事業者のシステ ム仕様に合わせた顧客情報データベース、 IP呼制御装置等の設備を用意することな ぐ独自通信網内の端末をキャリア VoIP網に接続可能で、システム構成の簡略化及 びコストダウンを実現可能な SIPサーバを提供することである。

課題を解決するための手段

[0007] 本発明は、インターネット上に構築した独自 SIP網で SIP端末間の接続を制御する SIPサーバにおいて、各キャリアから 1つ又は複数のキャリア用特定番号又は代表番 号を取得して、キャリア通信網力着信し又はキャリア通信網への発信にはキャリア 用特定番号又は代表番号を使用し、独自 SIP網内では独自網内特定番号を使用し て接続制御するようにした。

[0008] これにより、本 SIPサーバはそれぞれのキャリア通信網に対するユーザエージェント として扱われるので、通信事業者のシステム仕様に合わせた顧客情報データベース

、 IP呼制御装置等を用意することなぐ各キャリア通信網に接続することができる。一 方、独自 SIP網内では独自網内特定番号を使用して接続制御し、キャリア通信網と の接続は本 SIPサーバが代行するので、 SIP端末となるネット家電機器に IP電話と同 等の機能を持たせる必要がなくなり、実装を軽減できる。

発明の効果

[0009] 本発明によれば、通信事業者のシステム仕様に合わせた顧客情報データベース、 I P呼制御装置等を用意することなぐ独自通信網内の端末をキャリア通信網に接続可 能で、システム構成の簡略ィ匕及びコストダウンを実現可能な SIPサーバを提供できる

図面の簡単な説明

[0010] [図 1]内線網 SIPサーバを含んだネットワーク全体の構成図

[図 2]図 1に示すネットワーク構成において、インターネット網、 ISP網、 SIP内線網、 V oIP網、 PSTN網の関係を示した概念図

[図 3]内線網 SIPサーバのシステム構成図

[図 4]複数のキャリアと SIP相互接続部との関係を示す概念図

[図 5]キャリア SIPサーバ及び内線網 SIPサーバのデータベースに登録される IP電話 番号と内線番号の対応関係を示す概念図

[図 6]SIP内線網に対する外線着信 Z外線発信を説明するための概念図

[図 7A]SIP内線網に外線着信があった場合のキャリア VoIP網及び SIP内線網での 発信元及び発信先の特定番号の状態を示す図

[図 7B]SIP内線網力も外線着信があった場合のキャリア VoIP網及び SIP内線網での 発信元及び発信先の特定番号の状態を示す図

[図 8]SIP内線網に外線着信があった場合の INVITEリクエストの具体例を示す図 [図 9]SIP内線網内の IP電話機に着信する場合の電話番号と発信元との組合せに応 じた接続手順を示す図

[図 10]図 9に示す組合せに対応した接続経路を示す図

[図 11]SIP内線網内の IP電話機が発信する場合の電話番号と発信先との組合せに 応じた接続手順を示す図

[図 12]SIP内線網内の IP電話力もアプリケーションサービスを受ける場合の概念図 [図 13]SIP内線網外の IP電話機力もアプリケーションサービスを受ける場合の概念図 [図 14]VoIP網の IP電話機から SIP内線網内の IP電話機と通話中にアプリケーション に接続する手順を示す図

[図 15]商品を注文する場合の概念図

発明を実施するための最良の形態

[0011] 以下、本発明の実施の形態について図面を参照して具体的に説明する。

[0012] 図 1は、内線網 SIPサーバを含んだネットワーク全体の構成図である。インターネッ ト網上に複数のインターネットサービスプロバイダ ISP—A, ISP-B, ISP— Cによつ て管理される ISP網 11, 12, 13が構築されている。 ISP網 11, 12, 13に対しルータ 14、 15、 16、 17等を経由して IP電話機 18、 19、 IPテレビ 20、 IPビデオカメラ 21が 接続する。これらの端末は各々対応する ISP— A, ISP-B, ISP— Cと契約した端末

であり、対応する ISP—A, ISP-B, ISP— C力 IPアドレスを付与されている。複数 の ISP網 11, 12, 13にまたがるようにして独自の SIP通信網(以下、「SIP内線網」と V、う)を構築して、る。 SIP内線網 10では独自の電話番号体系に基づ!/ヽて各 SIP端 末に内線番号を付与している。 SIP内線網 10を運営する事業者と契約して内線番号 を付与された SIP端末が SIP内線網 10内の端末となる。 SIP内線網 10内の端末は 内線番号及び IPアドレスを後述する内線網 SIPサーバに登録する。

[0013] SIP内線網 10は内線網内の SIP端末の接続に SIPを用いる。同図には SIP端末と して IP電話機 18、 19、 IPテレビ 20、 IPビデオカメラ 21が例示されている力これらの ネット家電機器に限定されない。 SIP内線網 10に属する SIP端末の接続制御はイン ターネット網上にある内線網 SIPサーバ 30が行う。

[0014] 一方、インターネット網上には複数のキャリア(キャリア A, B, C)がキャリア通信網の 一つである VoIP網 41, 42, 43を構築して!/ヽる。 VoIP網 41, 42, 43ίまキャリア【こよ つて帯域が管理され保証された網である。図 1には VoIP網 41に対してルータ 44、 4 5を経由して IP電話機 46、その他の IP端末 47を接続した状態を例示している。

[0015] VoIP網 41, 42, 43の各加入端末 (IP電話機 46等)は、接続先の各キャリア力 0 50番体系による IP電話用の特定番号 (以下、 050電話番号という)が付与されている 。加入端末は 050電話番号を使用して契約している VoIP網 41, 42, 43に接続する 。 VoIP網 41, 42, 43に ίま、キャリア SIPサーノ 51、 52、 53力備えられて!/ヽる。

[0016] キャリア SIPサーバ 51、 52、 53は、自己のキャリアの VoIP網 41, 42, 43において 同一キャリアの加入端末の接続を制御すると共に、異なるキャリアの VoIP網(41, 42 , 43)に接続して異キャリアの加入端末の接続を制御する。各キャリア A, B, Cは PS TN網 54、 55、 56を管理しており、 PSTN網と VoIP網との間の接続も行っている。 P STN網 54、 55、 56には各キャリアと契約した加入者の一般電話機 57、 58、 59が接 続している。

[0017] 図 2は、図 1に示すネットワーク構成において、インターネット網、 ISP網、 SIP内線 網、 VoIP網、 PSTN網の関係を示した概念図である。インターネット網上に複数の I SP網 11, 12, 13が構築され、 SIP内線網 10は ISP網 11, 12, 13にまたがって構築 されている。また、キャリア A, B, Cの VoIP網 41, 42 (43)もインターネット網上にあり 、その VoIP網 41, 42 (43)に対して PSTN網 54, 55 (56)力接続されている。

[0018] 図 3は内線網 SIPサーバ 30のシステム構成図である。内線網 SIPサーバ 30は、 SI P本体 31、 SIP接続制御部 32、 SIP相互接続部 33、データベース 34を主な構成要 素としている。この内線網 SIPサーバ 30は、 ISPにて構築されても良いし、キャリア網 管理システム内に構築されても良い。

[0019] SIP本体 31は、 SIP相互接続部 33に収容した 050電話番号に外線着信があると データベース 34を参照して SIP内線網 10内の該当 SIP端末に接続する一方、 SIP 内線網 10内の SIP端末力もキャリアの VoIP網(キャリア通信網)に対する外線発信 があるとデータベース 34を参照して該当キャリア力も付与された 050電話番号にて V oIP網へ発信する接続制御手段としての機能を有する。

[0020] SIP接続制御部 32は、 SIP内線網 10内の SIP端末から内線網 SIPサーバ 30に対 して送信された信号 (IPパケット)をインターネット網力も受信すると共に、内線網 SIP サーバ 30が SIP内線網 10内の SIP端末に対して送出する信号 (IPパケット)をインタ 一ネット網へ送出する部分である。 SIP端末に対するシグナリング制御は SIP本体 31 が行うが、インターネット網経由のその他の接続制御は SIP接続制御部 32が行って いる。

[0021] SIP相互接続部 33は、 SIP内線網 10内の SIP端末の代わりにキャリア A, B,じに 登録されたユーザエージェントに対し付与された 050電話番号を収容する。接続先 のキャリアに登録したユーザエージェントに対し付与された 050電話番号にて、対応 するキャリアの VoIP網 41、 42、 43に接続する。なお、 SIP内線網 10内の全ての SIP 端末をユーザエージェントとして各キャリア A, B, Cに登録することもできるが、所定 数のユーザエージェントを各キャリア A, B, Cに登録するようにしても良い。この場合 、 VoIP網 41、 42、 43へ発信する際に発信元の 050電話番号を動的に割り付けるよ うに制御する。

[0022] 図 4に示すように、複数のキャリア A, B, Cに対して複数のユーザエージェント(UA )をそれぞれ登録し、各キャリア A, B, C力もユーザエージェント(UA)に付与された 050電話番号を SIP相互接続部 33に収容している。したがって、 VoIP網 41、 42、 4 3から SIP相互接続部 33に収容する各キャリアの 050電話番号に着信してくると共に SIP相互接続部 33の収容する 050電話番号力も対応するキャリアの VoIP網 41、 42 、 43に発呼する。なお、 050電話番号には代表番号の概念も含まれる。また IP電話 の識別番号 (050) +事業者の識別番号 +加入番号から構成される 050電話番号を 想定して!/、るが、このような番号体系に限定されるものではな、。

[0023] 図 4に示すように、キャリア Aのキャリア SIPサーバ 51は、 SIPに基づいた接続制御( 呼制御)を行う IP呼制御装置 61とキャリア Aに登録した各ユーザエージェントに関す る情報を登録したデータベース 62とを備える。データベース 62には登録ユーザエー ジェントに対し付与した 050電話番号と登録ユーザエージェントの IPアドレスとが対 応づけて記憶されている。他のキャリア B, Cのキャリア SIPサーバ 52、 53も同様の構 成を有して、る。ユーザエージェントの IPアドレスは SIP相互接続部 33の IPアドレス となる。

[0024] データベース 34は、 IP相互接続部 33の収容する 050電話番号と SIP内線網 10内 の SIP端末の内線番号 (独自網内特定番号)とを含む接続制御データを管理する。 接続制御データには SIP端末が契約 ISPから付与された IPアドレスを含む。図 5に 0 50電話番号と内線番号との対応関係を示す。キャリア Aのデータベース 62には加入 者端末 (UA)に付与した 050電話番号とその IPアドレスとが登録されていて、加入者 端末 (UA)の一部に内線網 SIPサーバ 30が仮想的に登録したユーザエージェント が含まれている(050-1234-5678)。仮想ユーザエージェントの IPアドレスは SIP相互 接続部 33の IPアドレスとなる。同様に、キャリア Bのデータベース 62にも内線網 SIP サーバ 30が仮想的に登録したユーザエージェントが含まれている(050-2345-6789) 。内線網 SIPサーバ 30のデータベース 34には、各キャリア A, Bにそれぞれ登録した ユーザエージェントの 050電話番号と内線番号と IPアドレスとが登録されて!、る。図 5 に示す例では、 SIP内線網 10の SIP端末とキャリアに仮想的に登録したユーザエー ジェントとを 1対 1で対応させているので、 050電話番号と内線番号とが 1対 1で対応 する。しかし、必ず 1対 1対応である必要は無ぐキャリア力も付与された 1つの 050電 話番号を SIP内線網 10内の複数の SIP端末で使用することもできる。この場合、 1つ の 050電話番号に対して複数の内線番号が対応することになる。 050電話番号は 1 つのキャリアから取得した複数の 050番号のうちの一つであったり、キャリアから付与 されたいわゆる代表番号であったりする。 SIP本体 31は、データベース 34を参照して キャリアの 050電話番号と SIP内線網 10の内線番号との付け替えを行う。

[0025] 次に、以上のように構成された内線網 SIPサーバ 30の動作について具体的に説明 する。

[0026] 図 6に示すモデルを参照して、 SIP内線網 10の IP電話機 18にキャリア Aの VoIP網 41から外線着信があった場合及び SIP内線網 10の IP電話機 18からキャリア Aの Vo IP網 41へ外線発信する場合について説明する。説明を簡略化するために、 IP電話 機 18の内線番号(8712-3456)と SIP相互接続部 33が持つ 050電話番号(050-1234 -5678)とが対応付けられているものとする。

[0027] キャリア Aの加入端末である IP電話機 46が、発信先の IP電話機 18に発呼するため にキャリア Aの 050電話番号(050-1234-5678)をダイアルする。キャリア Aの 050電話 番号(050-1234-5678)は IP電話機 18の代わりに仮想的にキャリア Aに登録したユー ザエージェントに対してキャリア Aから付与された IP電話番号である。 IP電話機 46は 、 050電話番号(050-1234-5678)がダイアルされると、キャリア Aの VoIP網 41に対し て発呼処理を行う。すなわち、 050電話番号(050-1234-5678)を発信先とした INVI TEリクエストを VoIP網 41のキャリア SIPサーバ 51に対して送信する。

[0028] キャリア SIPサーバ 51は、 IP電話機 46から INVITEリクエストを受信すると、データ ベース 62を参照して発信先電話番号(050-1234-5678)の IPアドレスを取得する。そ して、発信先電話番号(050-1234-5678)の IPアドレスに対して INVITEリクエストを 送信する。

[0029] ここで、データベース 62に発信先電話番号(050-1234-5678)に対応して登録した I Pアドレスは内線網 SIPサーバ 30の IPアドレスである。よって、当該 INVITEリクエス トは SIP相互接続部 33へ送信される。キャリア Aから見れば、発信先電話番号 (050- 1234-5678)を収容する SIP相互接続部 33は最終的な着呼端末である。すなわち、 I NVITEリクエストが VoIP網 41から SIP相互接続部 33に到達したことにより発信先電 話番号(050-1234-5678)に着呼したことになる。

[0030] 内線網 SIPサーバ 30は、 SIP相互接続部 33に外線着信があると、 SIP本体 31が 発信先電話番号を、 050電話番号(050-1234-5678)から内線番号(8712-3456)に

付け替える。データベース 34を参照すると、今回着信した 050電話番号 (050-1234- 5678)に対応して本来の発信先である IP電話機 18の内線番号 (8712-3456)が登録 されている。そこで、本来の発信先である IP電話機 18の内線番号 (8712-3456)をデ ータベース 34から取得し、この取得した内線番号 (8712-3456)を発信先電話番号に 書き換える。

[0031] このように、発信先電話番号を内線番号に書き換えた INVITEリクエストを内線網 S IPサーバ 30から IP電話機 18へ送信する。具体的は、データベース 34から IP電話機 18の IPアドレスを取得し、取得した IPアドレスに対して書き換えの行われた INVITE リクエストの IPパケットを送信する。発信先である IP電話機 18は、インターネット網経 由で INVITEリクエストを受信することになる。

[0032] 図 7A上段に示すように、キャリア Aの VoIP網 41にお!/、ては、 INVITEリクエストの 発信元に IP電話機 46のキャリア Aの 050電話番号(050-1234-7890)が設定され、発 信先にキャリア Aの 050電話番号(050-1234-5678)が設定される。そして、 SIP内線 網 10においては、 INVITEリクエストの発信先にキャリア Aの 050電話番号(050-123 4-5678)から SIP内線網 10の内線番号(8712-3456)に付け替えが行われる。

[0033] 図 8は図 7A上段に対応して VoIP網 41及び SIP内線網 10を通る INVITEリクエス トの具体例を示している。 VoIP網 41と SIP内線網 10とで、 INVITEリクエストの to :フ ィールドがキャリア Aの 050電話番号から SIP内線網 10の内線番号に書き換えられ て!/、ることが半 IJる。

[0034] 一方、発信先である IP電話機 18は、 INVITEリクエストを受信して自分宛に外線着 信があったことを認識する。外線着信を認識した IP電話機 18は、 INVITEリクエスト に対してレスポンスを返す。このとき、図 7A下段に示すように、 IP電話機 18から内線 網 SIPサーバ 30の SIP接続制御部 32までは SIP内線網 10であるので、発信先 (発 呼側から見ている)には IP電話機 18の内線番号が使われる。

[0035] SIP本体 31は、 SIP接続制御部 32が SIP内線網 10の IP電話機 18からレスポンス を受け取ると、図 7A下段に示すように、発信先を内線番号 (8712-3456)からキャリア Aの 050電話番号(050-1234-5678)に書き換える。このように、発信先が書き換えら れたレスポンスを VoIP網 41のキャリア SIPサーバ 51へ送信する。

[0036] キャリア SIPサーバ 51は、内線網 SIPサーバ 30からレスポンスを受け取る。このとき 、レスポンスの発信先(発呼側から見て、る)がキャリア Aの 050電話番号(050-1234 -5678)に書き換えられているので、 VoIP網 41では 050電話番号(050-1234-5678) を収容する SIP相互接続部 33からのレスポンスであると認識する。すなわち、 VoIP 網 41のキャリア SIPサーバ 51は SIP相互接続部 33を発信先として通常のシグナリン グを行ったことになる。 SIP内線網 10内の SIP端末である IP電話機 18とのシグナリン グを意識する必要は全くない。このことは、 SIP内線網 10内の SIP端末が IP電話機 1 8以外のネット家電機器であっても同様である。

[0037] 以降同様にして、内線網 SIPサーバ 30が VoIP網 41と SIP内線網 10との境界で発 信先電話番号の付け替えを行いながら、 200OK、 ACKリクエストなどのシグナリング メッセージをやり取りしてセッションを確立する。

[0038] セッション確立後は、 IP電話機 46と IP電話機 18とが互いの IPアドレスに対して RT Pの音声接続を行!ヽ音声通信又はデータ通信を行う。

[0039] 次に、 SIP内線網 10の IP電話機 18からキャリア Aの VoIP網 41へ外線発信する場 合について説明する。

[0040] 例えば、 SIP内線網 10の IP電話機 18からキャリア Aの IP電話機 46に電話を掛ける ユーザは、 IP電話機 46のキャリア Aでの 050電話番号(050-1234-7890)をダイアル する。これを受けて IP電話機 18は内線網 SIPサーバ 30に対して発呼処理を行う。図 7B上段に示すように、 IP電話機 18の内線番号(8712-3456)を発信元とし、 IP電話 機 46のキャリア Aでの 050電話番号(050-1234-7890)を発信先とした INVITEリクェ ストを送信する。 INVITEリクエストは内線網 SIPサーバ 30の IPアドレスに対して IPパ ケットの形式で送信される。

[0041] 内線網 SIPサーバ 30は、 SIP接続制御部 32が SIP内線網 10から受信した IPパケ ットを分析して INVITEリクエストを受信したことを認識する。 SIP本体 31は、 INVIT Eリクエストを受信すると、データベース 34を参照し、発信先のキャリア Aの VoIP網 4 1で使用可能な発信元特定番号として内線番号 (8712-3456)に対応したキャリア Aの 050電話番号 (050-1234-5678)を取得する。本例では、図 5に示すように内線番号( 8712-3456)に対応したキャリア Aの 050電話番号(050-1234-5678)への付け替えを 行う。 SIP本体 31は、発信元特定番号をキャリア Aの 050電話番号(050-1234-5678 )へ付け替えた INVITEリクエストを生成し、生成した INVITEリクエストを SIP相互接 続部 33からキャリア Aのキャリア SIPサーバ 51へ送信する。

[0042] ここで、内線番号と接続先のキャリアの 050電話番号とが 1対 1で対応していない場 合もある。このような場合、接続先キャリアから付与された複数の 050電話番号の中 力 現在使用可能なものを選択するようにしても良い。 050電話番号 (050-1234-789 0)がキャリアの識別番号を含んでいることから、キャリアの識別番号を利用して接続 先キャリアを判断するようにしても良、。

[0043] キャリア Aのキャリア SIPサーバ 51は、発信元特定番号がキャリア Aの 050電話番 号に付け替えられた INVITEリクエストを受信する。キャリア SIPサーバ 51は、その IN VITEリクエストから発信先の 050電話番号(050-1234-7890)を認識し、データべ一 ス 62から発信先特定番号(050-1234-7890)に対応した IPアドレスを取得する。キヤリ ァ SIPサーバ 51は、発信先の IP電話機 46の IPアドレスに対して INVITEリクエストを 送信する。この結果、 IP電話機 46に着信する。

[0044] キャリア SIPサーバ 51は、外線着信した IP電話機 46からレスポンスを受信すると、 レスポンスに含まれた発信元特定番号(050-1234-5678)に対して当該レスポンスを 返す。発信元特定番号 (050-1234-5678)は SIP相互接続部 33の収容する 050電話 番号であるので、 SIP相互接続部 33に対してレスポンスを送信する。

[0045] SIP本体 31は、図 7B下段に示すように受信レスポンスの発信元特定番号(050-12 34-5678)をキャリア Aの 050電話番号から SIP内線網 10の内線番号 (8712-3456)に 書き換えた後、当該レスポンスを発信元の IP電話機 18へ転送する。

[0046] 以降同様にして、発信元の IP電話機 18と発信先の IP電話機 46との間で、 SIP本 体 31にて発信元特定番号の付け替えを行いながら、 200OK、 ACKリクエストなどの シグナリングメッセージをやり取りしてセッションを確立する。セッション確立後は、 IP 電話機 18と IP電話機 46との間で音声通信又はデータ通信を行う。

[0047] このように、 SIP内線網 10内の SIP端末がキャリア VoIP網経由で SIP内線網 10外 の他端末と接続する場合、 SIP相互接続部 33がエミユレーシヨンする形でキャリア Vo IP網に接続するので、 SIP内線網 10内の SIP端末は必要最小限の実装で IP電話と

同等の通信が可能になり実装を軽減できる。また、キャリア通信網側の端末は SIP内 線網 10内の SIP端末がネット家電機器であることを意識せずに接続することができる 。さらに、内線網 SIPサーバ 30は複数のキャリア A, B, Cに登録した仮想的なユーザ エージェントの 050電話番号を持つだけで、キャリア SIPサーバ 51, 52, 53の如くキ ャリア間通信を可能にするために装備する顧客情報データベース、 IP呼制御装置等 の設備を持つことなぐ各キャリア通信網に接続することができる。

[0048] 次に、 SIP内線網 10内の SIP端末に着信する様々な形態について説明する。 SIP 内線網 10内の SIP端末として図 1における IP電話機 18を例に説明する力 IP電話 機以外のネット家電機器であっても同様である。

[0049] IP電話機 18の内線番号に 050電話番号が 1対 1で対応付けられている場合 (050 番号有り)と、 1対 1で対応付けられていない場合 (050番号無し)とがあり、さらに IP 電話機 18の内線番号に対して代表番号が対応付けられている場合 (代表番号有り) と代表番号が対応付けられていない場合 (代表番号無し)とがある。また、発信元が S IP内線網 10内の SIP端末(内線電話)、キャリア VoIP網から着信する IP電話機 (他 I P電話)、キャリア PSTN網力キャリア VoIP網経由で着信する一般電話機(一般電 話)である場合が想定される。

[0050] 図 9は SIP内線網 10内の IP電話機 18に着信する場合の電話番号と発信元との組 合せに応じた接続例を示す図である。(1)着信側電話番号パターン Aの場合'発信 元: SIP内線網 10内の IP電話機 19

IP電話機 19は、 IP電話機 18の内線番号がダイアルされると、内線網 SIPサーバ 3 0経由で IP電話機 18に接続し、自分の内線番号を IP電話機 18に通知する(図 10の 経路(# 1) )。経路(# 1)は、 SIP内線網 10内に閉じているので料金は掛カもない。 '発信元:同一キャリア Aの IP電話機 46

IP電話機 46は、 IP電話機 18の IP電話番号がダイアルされると、同一キャリア Aの V oIP網 41、内線網 SIPサーバ 30経由で IP電話機 18に接続し(図 10の経路(# 2) )、 自分の 050電話番号を内線網 SIPサーバ 30経由で IP電話機 18に通知する。ここで 、同一キャリアとは、 SIP相互接続部 33が仮想的なユーザエージェントを登録したキ ャリアのことである。そのキャリア力もユーザエージェントに対して付与された 050電話 番号を SIP相互接続部 33に収容している。 '発信元:他のキャリア Xの IP電話機 22

IP電話機 22は、 IP電話機 18の IP電話番号がダイアルされると、キャリア Xの VoIP 網 23、同一キャリア Bの VoIP網 42、内線網 SIPサーバ 30経由で IP電話機 18に接 続する(図 10の経路( # 3) )。 SIP相互接続部 33はキャリア Bに仮想的にユーザエー ジェントを登録していて、キャリア Bの 050電話番号を付与されている。 SIP相互接続 部 33から見て、キャリア Bの VoIP網 42は同一キャリアとなる。ところが、 SIP相互接続 部 33はキャリア Xには仮想的にユーザエージェントを登録していない。そのため、経 路( # 3)にお、て、 IP電話機 22に対してキャリア Bの VoIP網 42で料金が発生する。 '発信元: PSTN網 54の一般電話機 57

一般電話機 57は、 IP電話機 18の 050電話番号がダイアルされると、 PSTN網 54 経由で同一キャリア Aの VoIP網 41に接続し、そこから内線網 SIPサーバ 30経由で I P電話機 18に接続する(図 10の経路(# 4) )。この場合、 PSTN網 54において料金 が発生する。(2)着信側電話番号パターン Bの場合'発信元: SIP内線網 10内の IP 電話機 19

IP電話機 19は、 IP電話機 18の内線番号がダイアルされると、内線網 SIPサーバ 3 0経由で IP電話機 18に接続し、自分の内線番号を IP電話機 18に通知する(図 10の 経路(# 1) )。 ·発信元:同一キャリア Aの IP電話機 46

IP電話機 46は、 IP電話機 18の 050電話番号又は代表番号がダイアルされると、 同一キャリア Aの VoIP網 41、内線網 SIPサーバ 30経由で IP電話機 18に接続する( 図 10の経路(# 2) )。発信元特定番号として 050電話番号を発信先に通知する。 · 発信元:他のキャリア Xの IP電話機 22

IP電話機 22は、 IP電話機 18の IP電話番号又は代表番号がダイアルされると、キヤ リア Xの VoIP網 23、同一キャリア Bの VoIP網 42、内線網 SIPサーバ 30経由で IP電 話機 18に接続する(図 10の経路(# 3) )。このとき、キャリア Bの VoIP網 42において 料金が発生する。 '発信元: PSTN網 54の一般電話機 57

一般電話機 57は、 IP電話機 18の IP電話番号又は代表番号がダイアルされると、 P STN網 54に発呼処理し、 PSTN網 54から同一キャリア Aの VoIP網 41に接続し、そ こから内線網 SIPサーバ 30経由で IP電話機 18に接続する(図 10の経路(# 4) )。こ の場合、 PSTN網 54において料金が発生する。(3)着信側の電話番号パターンじの 場合'発信元: SIP内線網 10内の IP電話機 19

IP電話機 19は、 IP電話機 18の内線番号がダイアルされると、内線網 SIPサーバ 3 0経由で IP電話機 18に接続し、自分の内線番号を IP電話機 18に通知する(図 10の 経路(# 1) )。 ·発信元:同一キャリア Aの IP電話機 46

IP電話機 46は、 IP電話機 18の代表番号がダイアルされると、キャリア Aの VoIP網 41に発呼処理し、それを受けた VoIP網 41が内線網 SIPサーバ 30に発呼処理する 。内線網 SIPサーバ 30は代表番号に着信すると、音声ガイダンスで内線番号の入力 を要請する。 IP電話機 46から音声ガイダンスに従い内線番号が入力されると、内線 網 SIPサーバ 30が当該内線番号に対応した IP電話機 18に接続する(図 10の経路( # 2) )。 '発信元:他のキャリア Xの IP電話機 22

IP電話機 22は、 IP電話機 18の代表番号がダイアルされると、キャリア Xの VoIP網 23に対して発呼処理し、さらに VoIP網 23からキャリア Bの VoIP網 42に発呼処理す る。 VoIP網 42は、それを受けて内線網 SIPサーバ 30に代表番号にて発呼処理する 。内線網 SIPサーバ 30は代表番号に着信すると、音声ガイダンスで内線番号の入力 を要請する。 IP電話機 22から音声ガイダンスに従い内線番号が入力されると、内線 網 SIPサーバ 30が当該内線番号に対応した IP電話機 18に接続する(図 10の経路( # 3) )。このとき、キャリア Bの VoIP網 42において料金が発生する。 '発信元: PSTN 網 54の一般電話機 57

一般電話機 57は、 IP電話機 18の代表番号がダイアルされると、 PSTN網 54に発 呼処理し、それを受けた PSTN網 54がキャリア Aの VoIP網 41に接続する。キャリア Aの VoIP網 41は当該代表番号を収容する内線網 SIPサーバ 30に発呼処理する。 内線網 SIPサーバ 30は代表番号に着信すると、音声ガイダンスで内線番号の入力 を要請する。一般電話機 57から音声ガイダンスに従い内線番号が入力されると、内 線網 SIPサーバ 30が当該内線番号に対応した IP電話機 18に接続する(図 10の経 路(# 4) )。この場合、 PSTN網 54において料金が発生する。

次に、 SIP内線網 10内の SIP端末が発信する様々な形態について説明する。 SIP 内線網 10内の SIP端末として図 1における IP電話機 18を例に説明する。

図 11は SIP内線網 10内の IP電話機 18が発信する場合の電話番号と発信先との 組合せに応じた接続例を示す図である。(1)発信側電話番号パターン Aの場合'発 信先: SIP内線網 10内の IP電話機 19

IP電話機 18は、 IP電話機 19の内線番号がダイアルされると、内線網 SIPサーバ 3 0に対し発呼処理する。内線網 SIPサーバ 30は SIP接続制御部 32から IP電話機 19 に接続し、 IP電話機 18の内線番号を IP電話機 19に通知する(図 10の経路(# 1) ) 。この場合、 SIP内線網 10内での通信であるので料金は発生しない。 '発信先:同一 キャリア Aの IP電話機 46

IP電話機 18は、 IP電話機 46の 050電話番号がダイアルされると、内線網 SIPサー バ 30に対して発呼処理する。内線網 SIPサーバ 30は同一キャリア Aの VoIP網 41に 対してキャリア Aの 050電話番号で発呼処理する。 VoIP網 41のキャリア SIPサーバ 5 1は、発呼要求のあった 050電話番号を持つ IP電話機 46に対して発呼処理する。そ の結果、内線網 SIPサーバ 30、 VoIP網 41経由で IP電話機 46に接続する(図 10の 経路( # 2) )。発信元特定番号には IP電話機 18の 050電話番号を入れて発信先に 通知する。 VoIP網 41は内線網 SIPサーバ 30から見て同一キャリアであるので料金 は発生しな、。 ·発信先:他のキャリア Xの IP電話機 22

IP電話機 18は、 IP電話機 22の 050電話番号がダイアルされると、内線網 SIPサー バ 30に対して発呼処理する。内線網 SIPサーバ 30は同一キャリア Bの VoIP網 42に 対して同一キャリア Bの 050電話番号を発信元電話番号として発呼処理する。発信 先電話番号はキャリア Xの 050電話番号である。キャリア Bのキャリア SIPサーバ 52は 、発信先電話番号がキャリア Xの 050電話番号であるので、キャリア Xの VoIP網 23に 対して発呼処理する。キャリア Xの VoIP網 23は、この発呼処理を受けて VoIP網 23 経由で IP電話機 22に接続する(図 10の経路(# 3) )。このとき、キャリア Xの VoIP網 23にお、て料金が発生する。 ·発信先: PSTN網 54の一般電話機 57

IP電話機 18は、一般電話機 57の電話番号がダイアルされると、内線網 SIPサーバ 30に対して発呼処理する。内線網 SIPサーバ 30は発信先電話番号がキャリア Aの P STN網電話番号であることを認識し、キャリア Aの VoIP網 41に対し発呼処理する。 このとき、発信元特定番号はキャリア Aの 050電話番号に付け替えている。キャリア A の VoIP網 41は発信先電話番号に基づいて PSTN網 54に接続し、 PSTN網 54から 一般電話機 57に発呼する(図 10の経路(# 4) )。この場合、 PSTN網 54において料 金が発生する。(2)発信側の電話番号パターン Bの場合'発信先: SIP内線網 10内 の IP電話機 19

IP電話機 18は、 IP電話機 19の内線番号がダイアルされると、内線網 SIPサーバ 3 0に対し発呼処理し、自分の内線番号を通知する。内線網 SIPサーバ 30は SIP接続 制御 32から発信先特定番号の IP電話機 19に接続し、内線番号を通知する(図 10の 経路(# 1) )。この場合、 SIP内線網 10内の通信であるので料金は発生しない。 '発 信先:同一キャリア Aの IP電話機 46

IP電話機 18は、 IP電話機 46の 050電話番号がダイアルされると、内線網 SIPサー バ 30に対して発呼処理、発信元番号には 050番号を入れて相手に通知する。内線 網 SIPサーバ 30は、発信先特定番号からキャリア Aの VoIP網 41に対して発呼処理 し、 VoIP網 41が IP電話機 46に接続する(図 10の経路(# 2) )。この場合、キャリア A の VoIP網 41は同一キャリアであるので料金は発生しない。 ·発信先:他のキャリア X の IP電話機 22

IP電話機 18は、 IP電話機 22の 050電話番号がダイアルされると、内線網 SIPサー バ 30に対して発呼処理し、発信元番号には 050番号を入れて相手に通知する。内 線網 SIPサーバ 30は発信先特定番号がキャリア Xの 050電話番号である力キャリア Xの VoIP網 23に直接接続するための 050電話番号を収容していない。そこで、内 線網 SIPサーバ 30は、同一キャリア Bの VoIP網 42に発呼処理する。キャリア Bの Vol P網 42は、発信先特定番号がキャリア Xの 050電話番号であるので、キャリア間通信 にて、キャリア Xの VoIP網 23に発呼処理し、キャリア Xの VoIP網 23から IP電話機 22 に接続する(図 10の経路(# 3) )。このとき、キャリア Xの VoIP網 23において料金が 発生する。

なお、図 11では 050電話番号を使用する場合を例示している力発信元番号に代 表番号を使って発信することもできる。この場合、 IP電話機 18は、発信元番号に代 表番号を入れ、転送元番号に自分の内線番号を入れることになる。 '発信先: PSTN 網 54の一般電話機 57

IP電話機 18は、一般電話機 57の電話番号がダイアルされると、内線網 SIPサーバ 30に対して発呼処理し、発信元番号には 050番号を入れて相手に通知する。内線 網 SIPサーバ 30は発信先特定番号がキャリア Aの PSTN網 54の電話番号であるの で、キャリア Aの VoIP網 41に対して発呼処理する。 VoIP網 41は、発信先特定番号 がキャリア Aの PSTN網 54の電話番号であるので、 VoIP網 41から PSTN網 54に接 続し、 PSTN網 54から一般電話機 57に発呼する(図 10の経路(# 4) )。この場合、 P STN網 54において料金が発生する。なお、図 11では 050電話番号を使用する場合 を例示しているが、発信元番号に代表番号を使って発信することもできる。この場合 、 IP電話機 18は、発信元番号に代表番号を入れ、転送元番号に自分の内線番号を 入れることになる。(3)発信側電話番号パターン Cの場合'発信先: SIP内線網 10内 の IP電話機 19

IP電話機 18は、 IP電話機 19の内線番号がダイアルされると、内線網 SIPサーバ 3 0に対して発呼処理し、発信元特定番号として内線番号を通知する。内線網 SIPサ ーバ 30は SIP内線網 10経由で IP電話機 19に接続し、発信元特定番号として内線 番号を通知する(図 10の経路( # 1) )。 ·発信先:同一キャリア Aの IP電話機 46

IP電話機 18は、 IP電話機 46の 050電話番号がダイアルされると、内線網 SIPサー バ 30に対して発呼処理し、発信元特定番号として代表番号を、転送元番号として自 分の内線番号を通知する。内線網 SIPサーバ 30は、発信先特定番号力もキャリア A の VoIP網 41に対して発呼処理し、発信元特定番号として代表番号を、転送元番号 として内線番号を通知する。キャリア Aのキャリア SIPサーバ 51は、 VoIP網 41経由で IP電話機 19に接続し、発信元特定番号として代表番号を、転送元番号として内線番 号を通知する(図 10の経路( # 2) )。

ここで、 SIP相互接続部 33は、複数のキャリア A, B, Cカゝらそれぞれ付与された IP 電話番号又は代表番号の少なくとも一方を収容している。したがって、キャリア Aの V oIP網 41からキャリア Bの VoIP網 42を経由して IP電話機 19に接続する第 1ルートと 、内線網 SIPサーバ 30から直接キャリア Bの VoIP網 42を経由して IP電話機 19に接 続する第 2ルートとが想定されうる。し力し、第 1ルートでは VoIP網 41 VoIP網 42間 で料金が発生する。このような場合、発信先の属するキャリア VoIP網の 050電話番 号が SIP相互接続部 33に収容されている場合、優先的にその 050電話番号を使用 して発信先の属するキャリア VoIP網に直接接続することが望ま、。 ·発信先:他の キャリア Xの IP電話機 22

IP電話機 18は、キャリア Xの IP電話機 22の 050電話番号がダイアルされると、内線 網 SIPサーバ 30に発呼処理し、発信元特定番号として代表番号を、転送元番号とし て自分の内線番号を通知する。内線網 SIPサーバ 30は、発信先特定番号がキャリア Xの 050電話番号であることから、キャリア Bの VoIP網 42に発呼処理し、発信元特定 番号として代表番号を、転送元番号として自分の内線番号を通知する。キャリア Bの VoIP網 42は、キャリア Xの VoIP網 23に発呼処理し、発信元特定番号として代表番 号を、転送元番号として自分の内線番号を通知する。キャリア Xの VoIP網 23が IP電 話機 22に接続して発信元特定番号として代表番号を、転送元番号として自分の内 線番号を通知する(図 10の経路(# 3) )。この場合、キャリア Xの VoIP網 23において 料金が発生する。

[0054] SIP相互接続部 33は、複数のキャリア A, B, Cからそれぞれ付与された 050電話 番号又は代表番号の少なくとも一方を収容している力キャリア Xの VoIP網 23に接 続する 050電話番号は未収容である。このような場合、仮想的なユーザエージェント を登録しているキャリア A, B, Cのいずれかを経由してキャリア Xの VoIP網 23に接続 する。 '発信先: PSTN網 54の一般電話機 57

IP電話機 18は、一般電話機 57がダイアルされると、内線網 SIPサーバ 30に発呼 処理し、発信元特定番号として代表番号を、転送元番号として自分の内線番号を通 知する。内線網 SIPサーバ 30は、発信先特定番号がキャリア Aの PSTN網の電話番 号であることから、同一キャリア Aの VoIP網 41に発呼処理し、発信元特定番号として 代表番号を、転送元番号として自分の内線番号を通知する。キャリア Aの VoIP網 41 は、 PSTN網 54に接続し、 PSTN網 54から一般電話機 57に発呼して発信元特定番 号として代表番号を、転送元番号として自分の内線番号を通知する(図 10の経路( # 4) )。この場合、 PSTN網 54において料金が発生する。

[0055] 次に、 SIP内線網 10内の SIP端末又はキャリア通信網の端末に対してアプリケーシ ヨン提供する場合について説明する。なお、図 3には SIP内線網 10上のアプリケーシ ヨンサーバとして、内線網 SIPサーバ 30に直結する形態を例示している力インター ネット網経由で接続する形態であっても良い。いずれの形態であっても、アプリケー シヨンサーバの接続は内線網 SIPサーバ 30経由で行われるものとなる。

[0056] 図 12を参照して SIP内線網 10内の SIP端末 (例えば IP電話機 18)でアプリケーシ ヨン Aのサービス提供を受ける場合を説明する。ここで、 SIP内線網 10を管理する事 業者又はその事業者力も許可された者が SIP内線網 10内で幾つかのアプリケーショ ン k Bを提供している。実際には、内線番号を付与されたアブロケーションサーバが アプリケーションに応じたサービスを提供する。図 12に示すように、内線網 SIPサー ノ 30のデータベース 34には各アプリケーションのサービス名 A, Bと当該サービスに 付与した内線番号と 050電話番号とが対応付けられている。なお、データベース 34 は SIP内線網 10内の SIP端末に付与されている IPアドレスも管理している。

[0057] SIP内線網 10内の IP電話機 18がアプリケーション Aにアクセスする場合、 IP電話 機 18力もアプリケーション Aの内線番号 (8712-3456)をダイアルする。内線網 SIPサ ーバ 30は、 IP電話機 18から発信元に IP電話機 18の内線番号が設定され、発信先 にアプリケーション Aの内線番号 (8712-3456)が設定された INVITEリクエストを受信 すること〖こなる。

[0058] 内線網 SIPサーバ 30の SIP本体 31は、上記 INVITEリクエストを受信すると、デー タベースを参照してアプリケーション Aの IPアドレスを取得する。取得した IPアドレス を、 INVITEリクエストを送信データに含む IPパケットのヘッダに設定してインターネ ット網上に送出する。

[0059] アプリケーション A (アプリケーションサーバ)は、上記 INVITEリクエストを受信する と、内線網 SIPサーバ 30を介したシグナリングによって発信元の IP電話機 18との間 にセッションを確立する。この結果、 IP電話機 18がアプリケーション A力もインターネ ット網経由で直接サービス提供を受けることができるようになる。

[0060] ここで、アプリケーションサービスの一例として以下に音声によるものを例示する力 本発明は音声サービスに関するものに限定されない。

[0061] アプリケーション Aが IP電話機の音声品質をチェックするサービスを提供する。アブ リケーシヨン Aが IP電話機 18から受信した音声パケットを分析して、音声品質をチェ ックする。その分析結果を音声で IP電話機 18へ通知する。サービス要求してきた端 末に対してアプリケーションサーバがサービス提供する片方向のサービス事例として 、情報検索サービス、カラオケ採点サービス、楽曲等配信サービス、その他のサービ スが可能である。情報検索サービスとしては、音声認識と組み合わせて情報検索す るサービスが可能で、アプリケーションに接続 (ログイン)した端末力も入力される音声 キーワードに基づ、てアプリケーションが検索を実行して、その検索結果を音声又は データで端末へ返信する。カラオケ採点サービスとしては、アプリケーションに接続( ログイン)した端末力入力されるユーザの歌声をアプリケーションが採点し、採点結 果を音声又はデータで端末へ返信する。楽曲等配信サービスとしては、アプリケーシ ヨンに接続 (ログイン)した端末力も BGM、 BGV、楽曲(メロディのみを含む)等の配 信希望曲を入力するとアプリケーションが該当データをデータベースから取り出して 端末へ返信する。なお、楽曲等配信サービスとして、例えば BGMの提供サービスと 楽曲(メロディのみを含む)の配信サービスとを連携し、ユーザが BGMをダウンロード して試聴した上でその BGM自体の楽曲をダウンロードできるようにすることが望まし V、。この他にも各種情報を音声で端末へ情報提供するサービスが挙げられる。

[0062] また、 SIP内線網 10外力もアプリケーション A, Bのサービス提供を受けることもでき る。図 13は、 SIP内線網 10外の IP電話機 46 (キャリア A)からアプリケーション Aのサ 一ビス提供を受ける場合の概念図である。

[0063] SIP内線網 10外の IP電話機 46がアプリケーション Aにアクセスする場合、 IP電話 機 46力アプリケーション Aの IP電話番号 (050-1234-5678)をダイアルする。キャリア Aのキャリア SIPサーバ 51を経由して当該 IP電話番号 (050-1234-5678)を収容する 内線網 SIPサーバ 30に着信する。

[0064] 内線網 SIPサーバ 30の SIP本体 31は、 SIP相互接続部 33に外線が着信すると、 データベース 34を参照して、発信先のアプリケーション Aの内線番号を取得する。こ のときアプリケーション A (アプリケーションサーノ)の IPアドレスも取得し、発信先電 話番号を内線番号に書き換えた INVITEリクエストをアプリケーション Aへ送信する。 INVITEリクエストの送信は、当該送信データに含む IPパケットの宛先アドレスにァ プリケーシヨン Aの IPアドレスを設定してインターネット網上に送出することにより行わ れる。

[0065] アプリケーション A (アプリケーションサーバ)は、上記 INVITEリクエストを受信する と、内線網 SIPサーバ 30、キャリア Aの VoIP網 41を介したシグナリングによって発信 元の IP電話機 46との間にセッションを確立する。セッション確立後は、 IP電話機 46 はアプリケーション Aの IPアドレスに対して、 RTPの音声接続を行い、アプリケーショ ン Aから直接インターネット網経由で音声サービスを受けることができるようになる。

[0066] 次に、キャリア通信網から SIP内線網 10内の IP電話機と通話中にアプリケーション Aを利用する場合について説明する。

[0067] 図 14は VoIP網 41の IP電話機 46から SIP内線網 10内の IP電話機 18と通話中に アプリケーション Aに接続するまでの手順を示す図である。既に、 VoIP網 41の IP電 話機 46と SIP内線網 10内の IP電話機 18との間で通話して、る状態である。このよう な状態において、 IP電話機 46のユーザがアプリケーション Aの IP電話番号 (050-123 4-5678)をダイアルする。 IP電話機 46は通話中にダイアルがあると、キャリア SIPサー ノ 51に対してダイアルされた IP電話番号 (050-1234-5678)への発呼処理を実行する 。 IP電話機 46は、この発呼処理によってキャリア SIPサーバ 51に対し発信先にアプリ ケーシヨン Aの IP電話番号 (050-1234-5678)が設定された INVITEリクエストを送信 する。

[0068] キャリア SIPサーバ 51は、 IP電話機 46から受信した INVITEリクエストの発信先を 見て、当該 IP電話番号を収容する内線網 SIPサーバ 30に INVITEリクエストを送信 する。

[0069] 内線網 SIPサーバ 30は、受信した INVITEリクエストの発信先を見て、通話中の IP 電話機 18と IP電話機 46をアプリケーション Aに接続する。すなわち、内線網 SIPサ ーバ 30から IP電話機 18及び IP電話機 46の双方に対してアプリケーション Aに再接 続するように指示を出す。 SIP内線網 10内の IP電話機 18に対しては SIP接続制御 部 32から再接続指示が送信され、キャリア VoIP網 41の IP電話機 46に対しては SIP 相互接続部 33から再接続指示が送信される。このとき、 SIP本体 31は、データべ一 ス 34力アプリケーション Aの IPアドレスを取得して再接続指示に含めている。

[0070] 再接続指示を受けた IP電話機 18及び IP電話機 46は、アプリケーション Aの IPアド レスに対して、 RTPの音声接続を行い、音声サービスを受ける。例えば、アプリケー シヨン Aでリアルタイム翻訳サービスを提供するものとする。この場合、 IP電話機 18、 I P電話機 46及びアプリケーション Aは相互にセッションを確立し、アプリケーション A が IP電話機 18から受信する音声を翻訳した翻訳音声を IP電話機 46へ送信し、逆に IP電話機 46から受信する音声を翻訳した翻訳音声を IP電話機 18へ送信するように する。又は一方向に対してだけ翻訳サービスを提供するように制御することも可能で ある。この場合、アプリケーション Aに対する接続要求を発生した IP電話機 46から見 て、相手側端末となる IP電話機 18に対してだけ翻訳サービスを提供するか、自身側 端末となる IP電話機 46に対してだけ翻訳サービスを提供するようにしても良い。サー ビス提供する端末の指定は、接続要求を発生した端末側カゝら行うようにする。例えば 、端末力アプリケーションの電話番号を入力した後に、サービス提供する端末を指 定するデータをダイアル入力する。また、内線網 SIPサーバ 30経由で接続した双方 の端末に音声サービスを提供する例として天気予報提供サービスが挙げられる。ヽ ずれか一方の端末又は双方の端末力天気予報サービスのアプリケーションサーバ に接続して (通話状態のまま天気予報サービスの電話番号をダイアルする)、天気予 報の音声サービスの提供を受けるようにする。また、 SIP内線網 10の SIP端末に対す るサービス提供の例としてメンテナンスサービスが挙げられる。 SIP内線網 10の SIP 端末が内線網 SIPサーバ 30経由でメンテナンスサービスを提供するアプリケーション サーバに接続し、最新データのダウンロード、バージョンチェック等のサービスを受け る。内線網 SIPサーバ 30経由で接続した他の端末と通話中にメンテナンスサービス の電話番号をダイアルしてアプリケーションサーバ力メンテナンスサービスを受けら れるようにしても良い。

[0071] 次に、 IPテレビ電話機を使った会話支援システムの構築例を説明する。先ず、電話 を介して商品を注文する場合の会話支援システムについて説明する。

[0072] 図 15は商品の注文支援を行う概念図である。同図に示すように、購入者及び販売 店の双方に IPテレビ電話機 100、 110を設置する。 IPテレビ電話機 100は、 IP電話 機本体 101、映像を表示するテレビモニタ 102、映像を撮影するカメラ 103から構成 される。 IPテレビ電話機 110は、 IP電話機本体 111、注文支援のための商品説明画 面等を表示 Z切り替え等する注文支援システムを搭載したパーソナルコンピュータ l

12、映像を撮影するカメラ 113から構成される。なお、 IPテレビ電話機 100は SIP内 線網 10内にあり、 IPテレビ電話機 110はキャリア Aの VoIP網 41にある IP端末 47で あるちのとする。

[0073] 購入者が IPテレビ電話機 100から IPテレビ電話機 110の 050電話番号をダイアル する。 IPテレビ電話機 100は内線網 SIPサーバ 30に発呼処理する。これを受けた内 線網 SIPサーバ 30はキャリア Aの VoIP網 41に対してキャリア Aから付与されて!、る 0 50電話番号から IPテレビ電話機 110の 050電話番号に対して発呼処理する。キヤリ ァ Aのキャリア SIPサーバ 51は、 IPテレビ電話機 110に対する発呼を受けて IPテレビ 電話機 110に接続を行う。

[0074] 販売店のオペレータは IP電話機 110に着信があり、発信元の IP電話機 100が IPテ レビ電話機であると判明すると、映像コミュニケーション機能をアクティブにする。これ により、 IPテレビ電話機 100と IPテレビ電話機 110との間で SIPの制御を使って映像 コミュニケーションを開始することができる。映像信号は音声信号と同様に端末間で 直接送受信される。

[0075] 映像コミュニケーションを開始すると、注文を受け付けるオペレータの映像がカメラ 1 13から取り込まれて IPテレビ電話機 110から IPテレビ電話機 100へ送られる。 IPテ レビ電話機 100は、テレビモニタ 102に対して映像信号を出力して送られてきたオペ レータの映像を表示させる。

[0076] 販売店のオペレータは、注文の会話に併せて注文支援のための画面をパーソナル コンピュータ 112の操作で注文支援システムに伝える。注文支援システムは、ォペレ ータの操作に応じて選択された商品説明画面を IPテレビ電話機本体 111へ送る。注 文支援システム力も供給される画像とカメラ 113から供給される画像とは自動又は操 作によって切り替えられる。 IPテレビ電話機本体 111へ送られた商品説明画面は音 声信号と同様に IPテレビ電話機 100へ直接送信され、テレビモニタ 102に表示され る。例えば、購入者が会話の中で商品 aを注文した場合、オペレータが商品 aの画像 を注文支援システムで選択して購入者のテレビモニタ 102に表示させることができる 。これにより、購入者は自分で注文した商品をテレビモニタ 102で確認できるので、

類似した商品名や型番などによる勘違い z注文ミスを未然に防止でき、的確で正確 な注文を実現できる。

[0077] また、販売店のオペレータに専門家を配置し、音声でコンサルティングを行いなが ら商品の映像や紹介ビデオを同時に IPテレビ電話機 100へ送信してテレビモニタ 10 2に表示させ、ユーザのニーズを確実に反映させた注文支援を行うことができる。

[0078] また、上記 IPテレビ電話機を使った会話支援システムと手話通訳サービスを提供 するアプリケーションとを組み合わせることにより聴覚障害者の会話支援を実現する こともできる。例えば、聴覚障害者側の IPテレビ電話機と相手の IPテレビ電話機とを 接続し、一方の IPテレビ電話機から手話通訳サービスを提供するアプリケーションの 050電話番号をダイアルする。これにより、双方の IP電話機はそのアプリケーション へ再接続する。ここまでは上述したアプリケーションの例と同じである。アプリケーショ ンに接続後は、聴覚障害者側のカメラ力手話画像を取り込んでアプリケーションへ 送信し、アプリケーション力音声翻訳した音声信号を相手の IPテレビ電話機へ送出 する。一方、相手の IPテレビ電話機に入力された通話者の音声をアプリケーションへ 送信し、アプリケーションが手話画像に翻訳して聴覚障害者の IPテレビ電話機へ送 信する。そして、聴覚障害者の IPテレビ電話機に接続したテレビモニタに手話画像を 映し出す。このようにして、手話通訳サービスを同時利用可能になる。なお、上記の 例では双方の端末に対して手話通訳サービスを提供している力一方の端末に対し てだけ手話通訳サービスを提供するようにしても良い。例えば、一方の端末から手話 通訳サービスを提供するアプリケーションの 050電話番号をダイアルし、さらに手話 通訳サービスを提供する端末を指定するデータをダイアル入力する。これにより、双 方の端末をアプリケーションに接続し、指定された端末に対してだけ手話通訳サービ スを提供する。

[0079] 本明糸田書 ίま、 2005年 10月 5曰出願の特願 2004— 293125に基づく。この内容【ま すべてここに含めておく。

産業上の利用可能性

[0080] 本発明は、通信事業者のシステム仕様に合わせた顧客情報データベース、 IP呼制 御装置等を用意することなぐ独自通信網内の端末をキャリア通信網に接続可能で、

SIP内線網 10の SIP端末の接続制御を行う内線網 SIPサーバに適用可能である。