処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2006038435 - SIPサーバ

注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

請求の範囲

[1] インターネット上に構築した独自 SIP網において SIP端末間の接続を制御する SIP サーバであって、

前記 SIP端末の代わりにキャリアに登録したユーザエージェントに対しキャリアから 付与されたキャリア用特定番号又は代表番号を収容し、当該キャリア用特定番号又 は代表番号にてキャリア通信網から着信し又はキャリア通信網へ発信する SIP相互 接続部と、

前記キャリア用特定番号と前記独自 SIP網内における各 SIP端末の独自網内特定 番号とを含む接続制御データを管理するデータベースと、

SIP相互接続部に収容したキャリア用特定番号又は代表番号に外線着信があると 前記データベースを参照して独自 SIP網内の該当 SIP端末に接続する一方、前記独 自 SIP網内の SIP端末力キャリア通信網に対する外線発信があると前記データべ ースを参照して該当キャリア力付与されたキャリア用特定番号又は代表番号にてキ ャリア通信網へ接続する接続制御手段と、を具備した SIPサーバ。

[2] 前記接続制御手段は、前記 SIP相互接続部に収容したキャリア用特定番号に外線 着信があると、前記データベースを参照して当該キャリア用特定番号を独自網内特 定番号に変換し、変換した独自網内特定番号に基づいて該当 SIP端末へ接続する 請求項 1に記載の SIPサーバ。

[3] 前記接続制御手段は、前記 SIP相互接続部に収容した代表番号に外線着信があ ると、発信元に対して独自網内特定番号の入力を要求し、要求に応じて入力された 独自網内特定番号に基づ、て該当 SIP端末へ接続する請求項 1に記載の SIPサー バ。

[4] 前記接続制御手段は、独自 SIP網内の SIP端末力キャリア通信網に対する外線 発信があると、前記データベースを参照して当該 SIP端末の独自網内特定番号をキ ャリア用特定番号に変換し、変換したキャリア用特定番号を使用してキャリア通信網 に接続する請求項 1に記載の SIPサーバ。

[5] 前記接続制御手段は、独自 SIP網内の SIP端末力キャリア通信網に対する外線 発信があると、前記データベースを参照して当該 SIP端末の独自網内特定番号を代 表番号に変換し、変換した代表番号を使用してキャリア通信網に接続する請求項 1 に記載の SIPサーバ。

[6] 前記 SIP相互接続部は、複数のキャリア力それぞれ付与されたキャリア用特定番 号又は代表番号の少なくとも一方を収容し、

前記接続制御手段は、発信先の属するキャリア通信網のキャリア用特定番号又は 代表番号が前記 SIP相互接続部に未収容の場合、前記 SIP相互接続部に収容され ている他のキャリア通信網のキャリア用特定番号又は代表番号を使用して当該他の キャリア通信網に接続し、この他のキャリア通信網経由で発信先の属するキャリア通 信網に接続する請求項 4に記載の SIPサーバ。

[7] 前記接続制御手段は、発信先の属するキャリア通信網のキャリア用特定番号又は 代表番号が前記 SIP相互接続部に収容されている場合、優先的に当該キャリア用特 定番号又は代表番号を使用して発信先の属するキャリア通信網に接続する請求項 6 に記載の SIPサーバ。

[8] 前記データベースは、独自 SIP網上のアプリケーションサーバに関するキャリア用 特定番号又は代表番号と独自網内特定番号とを管理し、

前記接続制御手段は、前記アプリケーションサーバのキャリア用特定番号又は代 表番号に対し外線着信があると、前記データベースを参照して発信元を当該アプリ ケーシヨンサーバへ接続し、発信元に対してアプリケーションサーノからサービス提 供する請求項 1に記載の SIPサーバ。

[9] 前記接続制御手段は、前記アプリケーションサーバの独自網内特定番号に対し独 自 SIP網内から着信があると、前記データベースを参照して発信元を当該アプリケー シヨンサーバへ接続し、発信元に対してアプリケーションサーノからサービス提供す る請求項 8に記載の SIPサーバ。

[10] 前記接続制御手段は、独自 SIP網内の SIP端末同士の通話中又はキャリア側端末 と SIP端末との通話中に両方の通話端末力も所望のアプリケーションサーバへの接 続要求をそれぞれ受け付けて該当端末と該当アプリケーションサーバとの接続を行う 請求項 8に記載の SIPサーバ。

[11] 前記接続制御手段は、独自 SIP網内の SIP端末同士の通話中又はキャリア側端末 と SIP端末との通話中に片方の通話端末力もアプリケーションサーバへの接続要求 を受け付けて該当端末とアプリケーションサーバとの接続を行う請求項 8に記載の SI pサーバ。

[12] 前記接続制御手段は、独自 SIP網内の SIP端末同士の通話中又はキャリア側端末 と SIP端末との通話中に一方の通話端末力もアプリケーションサーバへの接続要求 を受け付けると、他方の通話端末を前記アプリケーションサーバへ接続する請求項 1 0に記載の SIPサーバ。

[13] 前記接続制御手段は、独自 SIP網内の SIP端末同士の通話中又はキャリア側端末 と SIP端末との通話中に一方の通話端末力もアプリケーションサーバへの接続要求 を受け付けると、当該要求元の通話端末を前記アプリケーションサーバへ接続する 請求項 10に記載の SIPサーバ。

[14] 前記接続制御手段は、独自 SIP網内の SIP端末同士の通話中又はキャリア側端末 と SIP端末との通話中に一方の通話端末力もアプリケーションサーバへの接続要求 を受け付けると、両方の通話端末を前記アプリケーションサーバへ接続する請求項 1 0に記載の SIPサーバ。

[15] アプリケーションサーバへの接続要求は、前記データベースで管理されているァプ リケーシヨンサーバのキャリア用特定番号、代表番号又は独自網内特定番号を用い て行われることを特徴とする請求項 8に記載の SIPサーバ。