国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006035687) 遺伝子導入鳥類作製法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/035687 国際出願番号: PCT/JP2005/017578
国際公開日: 06.04.2006 国際出願日: 26.09.2005
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,A01K 67/027 (2006.01) ,C07K 16/46 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
K
畜産;鳥,魚,昆虫の飼育;漁業;他に分類されない動物の飼育または繁殖;新規な動物
67
他に分類されない動物の飼育または繁殖;新規な動物
027
新規な脊椎動物
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
46
ハイブリッド免疫グロブリン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
出願人:
株式会社カネカ KANEKA CORPORATION [JP/JP]; 〒5308288 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 Osaka 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308288, JP (AllExceptUS)
山下 敬 YAMASHITA, Takashi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
山下 敬 YAMASHITA, Takashi; JP
共通の
代表者:
株式会社カネカ KANEKA CORPORATION; 〒5308288 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 Osaka 2-4, Nakanoshima 3-chome Kita-ku, Osaka-shi Osaka 530-8288, JP
優先権情報:
2004-28188328.09.2004JP
発明の名称: (EN) METHOD OF CONSTRUCTING TRANSGENIC BIRD
(FR) MÉTHODE D’ÉLABORATION D’UN OISEAU TRANSGÉNIQUE
(JA) 遺伝子導入鳥類作製法
要約:
(EN) A method of constructing a transgenic bird which comprises obtaining a primordial germ cell (PGC) from an early embryo of a fertilized bird egg, transferring a target gene with the use of a retrovirus vector, transplanting it into an early embryo of another bird fertilized egg and then hatching; the transgenic bird; a method of constructing transgenic bird offspring which comprises crossbreeding the transgenic bird with a wild type bird or another transgenic bird; and the transgenic bird offspring. Because of overexpressing a protein originating in a foreign gene in somatic cells, the above-described transgenic bird and transgenic bird offspring are usable for economically and stably supplying a useful protein.
(FR) La présente invention a pour objet l'élaboration d'un oiseau transgénique qui comprend l’obtention d’une cellule germinale primordiale (PGC) d’un jeune embryon provenant d’un œuf d’oiseau fécondé, le transfert d’un gène cible à l’aide d’un vecteur de type rétrovirus, la transplantation de cette cellule dans le jeune embryon d'un autre œuf d'oiseau fécondé, et enfin l’incubation de l’œuf. La présente invention décrit également l'oiseau transgénique, ainsi qu’une méthode d'élaboration d'une descendance de l'oiseau transgénique qui comprend le croisement de l’oiseau transgénique avec un oiseau sauvage ou un autre oiseau transgénique, et ladite descendance de l’oiseau transgénique. Du fait de la surexpression dans les cellules somatiques d’une protéine provenant d'un gène étranger, ledit oiseau transgénique ainsi que sa descendance sont utilisables dans le but de fournir une protéine utile de façon constante et économique.
(JA)  鳥類受精卵の初期胚から始原生殖細胞(PGC)を取得し、レトロウイルスベクターにより目的遺伝子を導入して別の鳥類受精卵の初期胚に移植し、孵化することよりなる遺伝子導入鳥類作製法及び遺伝子導入鳥類。また該トランスジェニック鳥類を、野生型又は別のトランスジェニック鳥類と交配することによるトランスジェニック鳥類の子孫の作製法及びトランスジェニック鳥類の子孫。本発明の、トランジェニック鳥類及びトランジェニック鳥類の子孫は、体細胞で異種遺伝子の由来する蛋白質を高発現するので、有用蛋白質を安価で安定に供給することに利用することが出来る。
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2006035687JP4995574