国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006035685) 6-置換-1-メチル-1-H-ベンズイミダゾール誘導体の製造方法及びその製造中間体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/035685 国際出願番号: PCT/JP2005/017573
国際公開日: 06.04.2006 国際出願日: 26.09.2005
IPC:
C07C 217/84 (2006.01) ,C07C 211/52 (2006.01) ,C07C 209/10 (2006.01) ,C07C 213/00 (2006.01) ,C07C 271/28 (2006.01) ,C07D 277/20 (2006.01) ,C07D 277/34 (2006.01) ,C07D 417/12 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
217
同じ炭素骨格に結合しているアミノ基とエーテル化された水酸基を含有する化合物
78
同じ炭素骨格の6員芳香環の炭素原子に結合しているアミノ基とエーテル化された水酸基をもつもの
80
非縮合6員芳香環の炭素原子に結合しているアミノ基とエーテル化された水酸基をもつもの
82
同じ非縮合6員芳香環の
84
少なくとも1個のエーテル化された水酸基の酸素原子がさらに非環式炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
211
炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物
43
炭素骨格の6員芳香環系の炭素原子に結合しているアミノ基をもつもの
44
ただ1個の6員芳香環に結合しているアミノ基をもつもの
52
炭素骨格がさらにハロゲン原子またはニトロもしくはニトロソ基で置換されているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
209
炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物の製造
04
官能基をアミノ基で置換するもの
06
ハロゲン原子を置換するもの
10
6員芳香環の炭素原子に結合しているアミノ基を形成するものまたは6員芳香環の炭素原子に結合している窒素原子をもつアミンからのもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
213
同じ炭素骨格に結合しているアミノ基と水酸基,アミノ基とエーテル化された水酸基またはアミノ基とエステル化された水酸基を含有する化合物の製造
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
271
カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06
カルバミン酸エステル
08
カルバマート基の酸素原子が非環式炭素原子に結合しているもの
26
少なくとも1個のカルバマート基の窒素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
28
非縮合6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
277
1,3―チアゾールまたは水素添加した1,3―チアゾール環を含有する複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
20
環原子相互間または環原子と非環原子間に2個または3個の二重結合をもつもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
277
1,3―チアゾールまたは水素添加した1,3―チアゾール環を含有する複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
20
環原子相互間または環原子と非環原子間に2個または3個の二重結合をもつもの
32
異種原子,または異種原子に対する3個の結合を有し,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
34
酸素原子
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
417
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と硫黄のみをもち,415/00に属さない複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
出願人:
三共株式会社 SANKYO COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 〒1038426 東京都中央区日本橋本町3丁目5番1号 Tokyo 5-1, Nihonbashi Honcho 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038426, JP (AllExceptUS)
梶野 久喜 KAJINO, Hisaki; null (UsOnly)
宮本 大志 MIYAMOTO, Hiroshi; null (UsOnly)
岡崎 令 OKAZAKI, Rei; null (UsOnly)
池内 豊 IKEUCHI, Yutaka; null (UsOnly)
発明者:
梶野 久喜 KAJINO, Hisaki; null
宮本 大志 MIYAMOTO, Hiroshi; null
岡崎 令 OKAZAKI, Rei; null
池内 豊 IKEUCHI, Yutaka; null
代理人:
矢口 敏昭 YAGUCHI, Toshiaki; 〒1408710 東京都品川区広町1丁目2番58号 三共株式会社内 Tokyo c/o SANKYO COMPANY, LIMITED 2-58, Hiromachi 1-chome Shinagawa-ku, Tokyo 140-8710, JP
優先権情報:
2004-28206428.09.2004JP
発明の名称: (EN) INTERMEDIATE OF 6-SUBSTITUTED-1-METHYL-1-H-BENZIMIDAZOLE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) INTERMÉDIAIRE DE SYNTHÈSE D’UN DÉRIVÉ DE 1-MÉTHYL-1H-BENZIMIDAZOLE 6-SUBSTITUÉ ET MÉTHODE DE SYNTHÈSE DUDIT INTERMÉDIAIRE
(JA) 6-置換-1-メチル-1-H-ベンズイミダゾール誘導体の製造方法及びその製造中間体
要約:
(EN) Disclosed are novel production intermediates (IIa) and (III) of a 6-substituted-1-methyl-1-H-benzimidazole derivative (I) as a publicly-known pharmaceutically active ingredient. Also disclosed is a production method suitable for mass synthesis of N-(5-substituted-2-nitrophenyl)-N-methylamines (II) as production intermediates. Further disclosed is a method for efficiently producing a 6-substituted-1-methyl-1-H-benzimidazole derivative (I) from a production intermediate (II) through a short process. The present invention relates to a method for producing a compound (I) represented by the formula below and a production intermediate of the compound (I). (III) (I) (In the formula, R2 represents a phenyl group which may have a substituent such as a C1-C6 alkyl group or the like, and X represents an oxygen atom, a sulfur atom or a nitrogen atom.)
(FR) La présente invention a pour objet des nouveaux intermédiaires de synthèse (IIa) et (III) d’un dérivé de 1-méthyl-1H-benzimidazole 6-substitué (I) qui est un principe actif pharmaceutique du domaine public. La présente invention a également pour objet une méthode de synthèse adaptée à une synthèse à grande échelle de N-méthylamines N-substituées par un groupement de type 2-nitrophényle 5-substitué (II) en tant qu’intermédiaires de synthèse. De plus, la présente invention a pour objet une méthode de synthèse efficace d’un dérivé de 1-méthyl-1H-benzimidazole 6-substitué (I) à partir d’un intermédiaire de synthèse (II) par un procédé court. La présente invention décrit en outre une méthode de synthèse d’un composé (I) représenté par la formule ci-dessous et d’un intermédiaire de synthèse du composé (I). (III) (I) (Dans la formule, R2 représente un groupement phényle pouvant porter un substituant tel qu'un groupement alkyle en C1-C6 ou un groupement similaire, et X représente un atome d’oxygène, un atome de soufre, ou un atome d'azote.)
(JA) not available
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020070061553IL181988BRPI0516192EP1798216IL213615US20090023929
US20100234612CN101068770CN102391203IL181988IL213615CA2580973
IN4506/KOLNP/2011IN1053/KOLNP/2007