国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006035570) 加熱処理装置及び加熱処理方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/035570 国際出願番号: PCT/JP2005/016022
国際公開日: 06.04.2006 国際出願日: 01.09.2005
IPC:
F27D 7/02 (2006.01) ,C22B 1/00 (2006.01) ,C22B 7/00 (2006.01) ,F23G 5/027 (2006.01) ,F23G 5/16 (2006.01) ,F23G 5/18 (2006.01) ,F27B 14/14 (2006.01) ,A61G 12/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
27
炉,キルン,窯(かま);レトルト
D
2種以上の炉に見出される種類のものである限りにおける,炉,キルン,窯またはレトルトの細部または付属品
7
加熱室内の雰囲気の生成,維持または循環
02
水蒸気,蒸気,ガスまたは液体の供給
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
1
原鉱石またはスクラップの予備的処理一般
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
7
鉱石以外の他の原材料,例.スクラップ,からの非鉄金属またはその化合物抽出のための処理
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
G
火葬炉;燃焼により廃棄物または低級燃料を焼却するもの
5
廃棄物または低級燃料の焼却に特に適合した方法または装置,例.焼却炉
02
前処理を含むもの
027
熱分解またはガス化
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
G
火葬炉;燃焼により廃棄物または低級燃料を焼却するもの
5
廃棄物または低級燃料の焼却に特に適合した方法または装置,例.焼却炉
08
補助加熱を含むもの
14
2次燃焼を含むもの
16
分離した燃焼室内で行なうもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23
燃焼装置;燃焼方法
G
火葬炉;燃焼により廃棄物または低級燃料を焼却するもの
5
廃棄物または低級燃料の焼却に特に適合した方法または装置,例.焼却炉
08
補助加熱を含むもの
14
2次燃焼を含むもの
18
煙突内で行うもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
27
炉,キルン,窯(かま);レトルト
B
炉,キルン,窯またはレトルト一般;開放式焼結用または類似の装置
14
るつぼ形炉またはつぼ形炉;タンク炉
08
るつぼ形炉,つぼ形炉またはタンク炉に特有な細部
14
加熱装置の配置
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
G
病人または身体障害者に特に適した輸送,乗りもの,または設備;手術用台またはいす;歯科用のいす;葬儀用具)
12
看護設備,例.病院,でグループ1/00から11/00に属しないもの,例.薬または食物の輸送のための手押車;処方リスト
出願人:
日本坩堝株式会社 NIPPON CRUCIBLE CO., LTD. [JP/JP]; 〒1500013 東京都渋谷区恵比寿1丁目21番3号 Tokyo 21-3, Ebisu 1-chome, Shibuya-ku, Tokyo 1500013, JP (AllExceptUS)
岡田 民雄 OKADA, Tamio [JP/JP]; JP (UsOnly)
重光 碩 SHIGEMITSU, Hiroshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
佐々木 忠男 SASAKI, Tadao [JP/JP]; JP (UsOnly)
吉川 英雄 YOSHIKAWA, Hideo [JP/JP]; JP (UsOnly)
白川 克行 SHIRAKAWA, Katsuyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
岸田 了一 KISHIDA, Ryouichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
竹内 晋之介 TAKEUCHI, Shinnosuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
大須賀 繁 OSUGA, Shigeru [JP/JP]; JP (UsOnly)
大澤 文明 OSAWA, Fumiaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
岡田 民雄 OKADA, Tamio; JP
重光 碩 SHIGEMITSU, Hiroshi; JP
佐々木 忠男 SASAKI, Tadao; JP
吉川 英雄 YOSHIKAWA, Hideo; JP
白川 克行 SHIRAKAWA, Katsuyuki; JP
岸田 了一 KISHIDA, Ryouichi; JP
竹内 晋之介 TAKEUCHI, Shinnosuke; JP
大須賀 繁 OSUGA, Shigeru; JP
大澤 文明 OSAWA, Fumiaki; JP
代理人:
三枝 英二 SAEGUSA, Eiji; 〒5410045 大阪府大阪市中央区道修町1-7-1 北浜TNKビル Osaka Kitahama TNK Building, 1-7-1, Doshomachi, Chuo-ku Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
優先権情報:
2004-28340129.09.2004JP
発明の名称: (EN) APPARATUS AND METHOD FOR HEATING TREATMENT
(FR) APPAREIL ET MÉTHODE DE TRAITEMENT THERMIQUE
(JA) 加熱処理装置及び加熱処理方法
要約:
(EN) An apparatus for a heating treatment which has an apparatus body (10) having a burning chamber (13), a burner (20) for supplying a heated gas to the burning chamber (13), a flue for discharging a combustion gas generated in the burning chamber (13) to the outside thereof, and a heating vessel (15) being placed in the burning chamber (13), wherein the heating vessel (15) has a bottom portion and an open port in the upper portion thereof, the open port may be opened and may be closed with a lid (16), and a communication section (153) is formed for communicating with the upper portion of the burning chamber (13) in the case of the closure of the lid (16). The above apparatus for a heating treatment allows the gas discharged during the treatment to be maintained clean, and also allows the recovery of a valuable metal contained in a waste with good efficiency.
(FR) Appareil utilisé pour un traitement thermique qui possède un corps d’appareil (10) doté d’une chambre de combustion (13), un brûleur (20) pour alimenter un gaz chauffé à la chambre de combustion (13), un conduit de fumée servant à évacuer un gaz de combustion produit dans la chambre de combustion (13) vers l’extérieur, et un corps de chauffe (15) placé dans la chambre de combustion (13), le corps de chauffe (15) possédant une partie de fond et un orifice ouvert dans sa partie supérieure, l’orifice ouvert pouvant être ouvert et fermé par un couvercle (16), et une section de communication (153) formée pour communiquer avec la partie supérieure de la chambre de combustion (13) en cas de fermeture du couvercle (16). L’appareil ci-décrit utilisé pour le traitement thermique permet aux gaz évacués pendant le traitement de rester propre ; il permet également un bon niveau d’efficacité de récupération d’un métal précieux contenu dans un déchet.
(JA)  燃焼室(13)を有する装置本体(10)と、燃焼室(13)に加熱気体を供給する燃焼バーナ(20)と、燃焼室(13)で発生した燃焼ガスを外部に排出する煙道と、燃焼室(13)に収容される加熱容器(15)とを備え、加熱容器(15)は、有底で上部に開口を有し、該開口が蓋体(16)により開閉自在とされており、蓋体(16)を閉じた状態で燃焼室(13)の上部と連通する連通部(153)が形成されている加熱処理装置である。この加熱処理装置によれば、処理中に発生する排出ガスをクリーンに保つことができると共に、廃棄物中に有価金属が含まれる場合にはこれを効率良く回収することができる。   
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020070060131VN14703EP1811253JPWO2006035570US20070289508JP4776541
CN101031766ID047.1873IN2683/DELNP/2007