国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006035514) 金型装置、缶切不要蓋、缶切不要蓋の製造方法及び缶切不要蓋用ラミネート鋼板
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/035514 国際出願番号: PCT/JP2004/017662
国際公開日: 06.04.2006 国際出願日: 22.11.2004
IPC:
B21D 51/44 (2006.01) ,B65D 17/32 (2006.01)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
51
中空体の製造
16
対象物の用途に特徴のあるもの
38
罐,錫罐,バス,壜,または他の容器の入口または出口設備の製造;罐の端部の製造;閉止具の製造
44
密封具の製造,例.蓋
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
17
切断または穿孔することによって,または脆弱な部材または部分を引裂くことによって開口されるべく特に構成された剛性または準剛性容器
28
弱め線または弱め部分に関するもの
32
取りはずせない部材または部分をもつもの
出願人:
JFEスチール株式会社 JFE STEEL CORPORATION [JP/JP]; 〒1000011 東京都千代田区内幸町二丁目2番3号 Tokyo 2-3, Uchisaiwai-cho 2-chome Chiyoda-ku, Tokyo 1000011, JP (AllExceptUS)
久保 啓 KUBO, Hiroshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
小島 克己 KOJIMA, Katsumi [JP/JP]; JP (UsOnly)
大島 安秀 OSHIMA, Yasuhide [JP/JP]; JP (UsOnly)
安江 良彦 YASUE, Yoshihiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
岩佐 浩樹 IWASA, Hiroki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
久保 啓 KUBO, Hiroshi; JP
小島 克己 KOJIMA, Katsumi; JP
大島 安秀 OSHIMA, Yasuhide; JP
安江 良彦 YASUE, Yoshihiko; JP
岩佐 浩樹 IWASA, Hiroki; JP
代理人:
落合 憲一郎 OCHIAI, Kenichiro; 〒1000005 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号 JFEテクノリサーチ株式会社特許出願部内 Tokyo c/o Patent Application Department JFE TECHNO-RESEARCH CORPORATION 7th Floor, Yanagiya Building 1-10, Nihonbashi 2-chome Chuo-ku, Tokyo 103-0027, JP
優先権情報:
2004-27924127.09.2004JP
発明の名称: (EN) MOLD DEVICE, EASY-OPEN END, METHOD OF MANUFACTURING EASY-OPEN END, AND LAMINATED STEEL SHEET FOR EASY-OPEN END
(FR) DISPOSITIF DE MOULAGE, EXTRÉMITÉ À OUVERTURE FACILE, PROCÉDÉ DE FABRICATION D’UNE EXTRÉMITÉ À OUVERTURE FACILE ET FEUILLE D’ACIER LAMINÉ POUR EXTRÉMITÉ À OUVERTURE FACILE
(JA) 金型装置、缶切不要蓋、缶切不要蓋の製造方法及び缶切不要蓋用ラミネート鋼板
要約:
(EN) A mold device, comprising a pair of upper and lower molds used for forming a score on an easy-open end having the score on one of the faces thereof and using a laminated metal sheet. The upper mold comprises a score forming protrusion, and the portion of the cross sectional shape of the protrusion in contact with the laminated metal sheet is formed of a curve or a curve and a straightline having the change rate of the inclination thereof relative to the upper surface of the lower mold opposed thereto is 0.08 or less. The maximum width of the score formed is 0.80 mm or less.
(FR) Dispositif de moulage comprenant une paire de moules supérieur et inférieur utilisés pour former une entaille sur une extrémité à ouverture facile présentant l’entaille sur une de ses faces et utilisant une feuille de métal laminé. Le moule supérieur comprend une entaille faisant saillie et la partie de forme de section transversale de la saillie en contact avec la feuille de métal laminé est formée d’une courbe seulement, ou d’une courbe et d’une droite variant dans l’inclination de 0,08 ou moins par rapport à la surface supérieure du moule inférieur opposé. La largeur maximale de l’entaille formée est de 0,80 mm ou moins.
(JA) 金型装置は、蓋面の一方の面にスコアを有する、ラミネート金属板を用いた缶切不要蓋のスコア形成に使用する上下一対の金型を有する。上金型はスコア形成用凸部を有し、該凸部の断面形状は、ラミネート金属板と接する部分は、相対する下金型上面に対する傾きの変化率が0.08以下である曲線又は曲線及び直線より構成される。形成するスコア最大巾は0.80mm以下である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LU, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP1795278US20070267423ES2709948