国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2006030981) 透明導電性カーボンナノチューブフィルムとその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2006/030981 国際出願番号: PCT/JP2005/017549
国際公開日: 23.03.2006 国際出願日: 16.09.2005
IPC:
H01B 13/00 (2006.01) ,C01B 31/02 (2006.01) ,C08J 5/18 (2006.01) ,H01B 5/14 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
13
導体またはケーブルを製造するために特に使用する装置または方法
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
31
炭素;その化合物
02
炭素の製造;精製
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
5
形を特徴とする非絶縁導体または導電物体
14
絶縁支持体上に導電層または導電フイルムを有するもの
出願人:
独立行政法人産業技術総合研究所 NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCEAND TECHNOLOGY [JP/JP]; 〒100-8921 東京都 千代田区 霞が関1丁目3番1号 Tokyo 3-1, Kasumigaseki 1-chome Chiyoda-ku, Tokyo 100-8921, JP (AllExceptUS)
畠 賢治 HATA, Kenji [JP/JP]; JP (UsOnly)
飯島 澄男 IIJIMA, Sumio [JP/JP]; JP (UsOnly)
湯村 守雄 YUMURA, Motoo [JP/JP]; JP (UsOnly)
フタバ ドン エヌ FUTABA, Don N. [US/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
畠 賢治 HATA, Kenji; JP
飯島 澄男 IIJIMA, Sumio; JP
湯村 守雄 YUMURA, Motoo; JP
フタバ ドン エヌ FUTABA, Don N.; JP
代理人:
西澤 利夫 NISHIZAWA, Toshio; 〒107-0062 東京都 港区 南青山6丁目11番1号 スリーエフ南青山ビルディング7F Tokyo Three F Minami Aoyama Bldg. 7F 11-1, Minami-Aoyama 6-chome Minato-ku, Tokyo 107-0062, JP
優先権情報:
2004-27164517.09.2004JP
発明の名称: (EN) TRANSPARENT CONDUCTIVE CARBON NANOTUBE FILM AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) PELLICULE CONDUCTRICE TRANSPARENTE DE NANOTUBES DE CARBONE ET PROCEDE POUR LA FABRICATION DE CELLE-CI
(JA) 透明導電性カーボンナノチューブフィルムとその製造方法
要約:
(EN) A transparent conductive film wherein carbon nanotubes are dispersively embedded in the surface portion of a resin film is produced by (A) dispersing carbon nanotubes on a substrate surface, (B) forming a transparent resin film over the substrate on which the carbon nanotubes are dispersed, and then (C) separating the thus-formed resin film. This is a novel technique for realizing a highly transparent conductive film which is flexible and highly conductive even when the amount of carbon nanotubes used therefor is small.
(FR) L'invention concerne une pellicule conductrice transparente dans laquelle sont incorporés de manière dispersée des nanotubes de carbone dans la partie superficielle d'une pellicule de résine, ladite pellicule conductrice étant fabriquée par (A) dispersion de nanotubes de carbone sur la surface du substrat, (B) formation d'une pellicule de résine transparente sur le substrat dans lequel sont dispersés les nanotubes de carbone, et puis (C) séparation de la pellicule de résine ainsi formée. Il s'agit d'une technique nouvelle pour la réalisation d'une pellicule conductrice transparente qui est souple et hautement conductrice même lorsque la quantité de nanotubes de carbone utilisée est faible.
(JA) (A)基板表面にカーボンナノチューブを分散させ、(B)カーボンナノチューブが分散された基板上に透明樹脂フィルムを成膜し、次いで(C)皮膜された樹脂フィルムを分離することで、樹脂フィルムの表面部にカーボンナノチューブが分散包埋された透明導電性フィルムを製造する。少ないカーボンナノチューブの使用量であっても高い導電性が得られ、しかも柔軟で、透明性の高い導電性フィルムをも実現することのできる新しい技術的手段を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, LY, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, NL, PL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2006030981US20070298253JP4617479