処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2005085709 - 燃焼器

公開番号 WO/2005/085709
公開日 15.09.2005
国際出願番号 PCT/JP2004/002666
国際出願日 03.03.2004
IPC
F23D 14/02 2006.1
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23燃焼装置;燃焼方法
Dバーナ
14ガス,例.加圧下で液体として貯蔵されたガス,の燃焼用バーナ
02予混合ガスバーナ,すなわち.ガス状燃料が燃焼域の上流で燃焼空気と混合されるもの
F23D 14/24 2006.1
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23燃焼装置;燃焼方法
Dバーナ
14ガス,例.加圧下で液体として貯蔵されたガス,の燃焼用バーナ
20非予混合ガスバーナ,すなわち.ガス状燃料が燃焼域へ到達時に燃焼空気と混合されるもの
22独立した空気供給ダクトおよびガス供給ダクトをもつもの,例.両ダクトが平行するかまたは交差するもの
24流体のうちの少なくとも一方が旋回運動に従うもの
F23R 3/14 2006.1
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23燃焼装置;燃焼方法
R高圧または高速の燃焼生成物の生成,例.ガスタービン燃焼室
3液体またはガス状燃料を用いる連続燃焼室
02空気またはガス流の形態に特徴のあるもの
04空気入口装置
101次空気用のもの
12渦流を生ずるもの
14旋回羽根の使用によるもの
F23R 3/16 2006.1
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23燃焼装置;燃焼方法
R高圧または高速の燃焼生成物の生成,例.ガスタービン燃焼室
3液体またはガス状燃料を用いる連続燃焼室
02空気またはガス流の形態に特徴のあるもの
16炎管または燃焼室の内側で空気流またはガス流に影響を与える装置をもつもの
F23R 3/28 2006.1
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23燃焼装置;燃焼方法
R高圧または高速の燃焼生成物の生成,例.ガスタービン燃焼室
3液体またはガス状燃料を用いる連続燃焼室
28燃料供給に特徴のあるもの
CPC
F23D 2900/00015
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
DBURNERS
2900Special features of, or arrangements for burners using fluid fuels or solid fuels suspended in a carrier gas
00015Pilot burners specially adapted for low load or transient conditions, e.g. for increasing stability
F23R 3/286
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
RGENERATING COMBUSTION PRODUCTS OF HIGH PRESSURE OR HIGH VELOCITY, e.g. GAS-TURBINE COMBUSTION CHAMBERS
3Continuous combustion chambers using liquid or gaseous fuel
28characterised by the fuel supply
286having fuel-air premixing devices
F23R 3/343
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
RGENERATING COMBUSTION PRODUCTS OF HIGH PRESSURE OR HIGH VELOCITY, e.g. GAS-TURBINE COMBUSTION CHAMBERS
3Continuous combustion chambers using liquid or gaseous fuel
28characterised by the fuel supply
34Feeding into different combustion zones
343Pilot flames, i.e. fuel nozzles or injectors using only a very small proportion of the total fuel to insure continuous combustion
出願人
  • 三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP]/[JP] (AllExceptUS)
  • OHTA, Masataka [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 萬代 重実 MANDAI, Shigemi [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 青山 邦明 AOYAMA, Kuniaki [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 田中 克則 TANAKA, Katsunori [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 赤松 真児 AKAMATSU, Shinji [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 中島 久成 NAKAJIMA, Hisanari [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 橘 輝也 TACHIBANA, Teruya [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 西田 幸一 NISHIDA, Koichi [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 秋月 渉 AKIZUKI, Wataru [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 笠井 剛州 KASAI, Yoshikuni [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 橋村 淳司 HASHIMURA, Junji [JP]/[JP] (UsOnly)
発明者
  • OHTA, Masataka
  • 萬代 重実 MANDAI, Shigemi
  • 青山 邦明 AOYAMA, Kuniaki
  • 田中 克則 TANAKA, Katsunori
  • 赤松 真児 AKAMATSU, Shinji
  • 中島 久成 NAKAJIMA, Hisanari
  • 橘 輝也 TACHIBANA, Teruya
  • 西田 幸一 NISHIDA, Koichi
  • 秋月 渉 AKIZUKI, Wataru
  • 笠井 剛州 KASAI, Yoshikuni
  • 橋村 淳司 HASHIMURA, Junji
代理人
  • 佐野 静夫 SANO, Shizuo
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COMBUSTOR
(FR) CHAMBRE DE COMBUSTION
(JA) 燃焼器
要約
(EN) A combustor, wherein pilot fuel jetted from the fuel injection port (21) of a pilot nozzle (2) is collided with the inner wall surface of the cone inner peripheral tapered part (41) of a pilot cone (4). The point with which the pilot fuel from the fuel injection port (21) is collided is positioned between the middle part and the downstream side tip of the cone inner peripheral tapered part (41).
(FR) Une chambre de combustion, dans laquelle le carburant pilote injecté à partir du port d’injection du carburant (21) d’un injecteur pilote (2) entre en collision avec la surface de la paroi interne de la partie effilée périphérique interne du cône (41) d’un cône pilote (4). Le point de collision du carburant pilote en provenance du port d’injection du carburant (21) est placé entre la partie médiane et l’extrémité du côté aval de la partie effilée périphérique interne du cône (41).
(JA) パイロットノズル2の燃料噴射口21より噴射されるパイロット燃料が、パイロットコーン4のコーン内周テーパ部41の内壁面に衝突する。このとき、燃料噴射口21からのパイロット燃料が衝突する位置は、コーン内周テーパ部41において、その中間から下流側先端までの範囲に位置する。
関連特許文献
US2007006587出願が移行したが国内段階でまだ公開されていないか、WIPO にデータを提供していない国への移行が通知されたか、あるいは出願の形式に問題があり、またはその他の理由で利用可能な状態でないため、PATENTSCOPE で表示できません。
DE1120040027047出願が移行したが国内段階でまだ公開されていないか、WIPO にデータを提供していない国への移行が通知されたか、あるいは出願の形式に問題があり、またはその他の理由で利用可能な状態でないため、PATENTSCOPE で表示できません。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報