処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2005084077 - 音響処理装置

公開番号 WO/2005/084077
公開日 09.09.2005
国際出願番号 PCT/JP2005/003044
国際出願日 24.02.2005
IPC
H04S 1/00 2006.1
H電気
04電気通信技術
Sステレオ方式
12チャンネル方式
H04S 5/02 2006.1
H電気
04電気通信技術
Sステレオ方式
5擬似ステレオ方式,例.付加的なチャンネル信号が,モノラル信号から位相推移,時間遅延または残響によって生じる方式
02擬似4チャンネル形式,例.後チャンネル信号が2チャンネルステレオ信号から生じるもの
H04S 7/00 2006.1
H電気
04電気通信技術
Sステレオ方式
7指示装置;制御装置,例.バランス制御
CPC
H04S 5/005
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
SSTEREOPHONIC SYSTEMS 
5Pseudo-stereo systems, e.g. in which additional channel signals are derived from monophonic signals by means of phase shifting, time delay or reverberation 
005of the pseudo five- or more-channel type, e.g. virtual surround
出願人
  • 松下電器産業株式会社 MATSUSHITA ELECTRIC INDUSTRIAL CO., LTD. [JP]/[JP] (AllExceptUS)
  • 藤田 剛史 FUJITA, Takeshi (UsOnly)
  • 榊原 僚子 SAKAKIBARA, Tomoko (UsOnly)
  • 神吉 恵理子 KANKI, Eriko (UsOnly)
発明者
  • 藤田 剛史 FUJITA, Takeshi
  • 榊原 僚子 SAKAKIBARA, Tomoko
  • 神吉 恵理子 KANKI, Eriko
代理人
  • 前田 弘 MAEDA, Hiroshi
優先権情報
2004-05110626.02.2004JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ACOUSTIC PROCESSING DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE TRAITMENT ACCOUSTIQUE
(JA) 音響処理装置
要約
(EN) It is possible to realize virtual surround reproduction having reduced deterioration of the SN ratio as the entire reproduction system. When adding a virtual surround signal to an audio signal for the forward channel by an adder (1300), a sound volume normalization is performed by a sound volume normalization unit (1200) prior to performing the addition. When not performing the addition, each of the virtual surround signal and the audio signal for the forward channel is outputted independently without performing sound volume normalization by the sound volume normalization unit (1200).
(FR) Il est possible de réaliser une reproduction d'ambiophonie virtuelle en ayant réduit la détérioration du rapport SN en tant que système entier de reproduction. Si on ajoute un signal d'ambiophonie virtuel á un signal audio pour le canal d'avance par un additionneur (1300), une normalisation de volume sonore est effectuée par une unité de normalisation de volume sonore (1200) avant d'effectuer l'addition. Si l'addition n'est pas effectuée, chacun des signaux virtuels d'ambiophonie et le signal audio pour le canal d'avance est émis indépendamment sans effectuer la normalisation de volume sonore par l'unité de normalisation de volume sonore (1200).
(JA)  再生システム全体としてSN比の劣化が少ないバーチャルサラウンド再生を実現するために、バーチャルサラウンド信号と前方チャンネル用オーディオ信号とを加算器1300で加算する場合には、加算を行う前に音量正規化処理部1200で音量正規化処理を行い、加算しない場合には、音量正規化処理部1200で音量正規化処理を行わずにバーチャルサラウンド信号と前方チャンネル用オーディオ信号とをそれぞれ独立して出力する。
関連特許文献
US2007014417出願が移行したが国内段階でまだ公開されていないか、WIPO にデータを提供していない国への移行が通知されたか、あるいは出願の形式に問題があり、またはその他の理由で利用可能な状態でないため、PATENTSCOPE で表示できません。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報