国際・国内特許データベース検索

1. (WO2005047698) 容量制御弁

Pub. No.:    WO/2005/047698    International Application No.:    PCT/JP2004/016881
Publication Date: Fri May 27 01:59:59 CEST 2005 International Filing Date: Sat Nov 13 00:59:59 CET 2004
IPC: F04B 27/18
Applicants: EAGLE INDUSTRY CO., LTD.
イーグル工業株式会社
UEMURA, Norio
上村 訓右
IWA, Toshiaki
岩 俊昭
SHIRAI, Katsuya
白井 克也
SHIRAFUJI, Keigo
白藤 啓吾
Inventors: UEMURA, Norio
上村 訓右
IWA, Toshiaki
岩 俊昭
SHIRAI, Katsuya
白井 克也
SHIRAFUJI, Keigo
白藤 啓吾
Title: 容量制御弁
Abstract:
 容量制御弁のソレノイドロッド部と作動ロッドとの連結部の摩耗を防止すると共に、可動鉄心と作動ロッドとの摩擦係数を低減して容量制御弁の制御流体の制御精度を向上することにある。そして、容量制御弁(1)は、ソレノイド部(30)に有するチューブ(33)と、チューブ(33)に嵌合する外周面(32A)に摺動面(32A1)と摺動面(32A1)より小径の非接触周面(32A2)を有すると共に、摺動面(32A1)の軸方向長さ(L2)が非接触周面(32A2)の軸方向長(L1−L2)さより短く形成された可動鉄心と、可動鉄心と結合して端部に連結面(2D1)を有するソレノイドロッド部(2D)と、ソレノイドロッド部(2D)の連結面(2D1)と係合する接合部(2E)を有すると共に、制御流体通孔(14)が開閉される弁体(3)を有する作動ロッド(2)とを具備し、ソレノイドロッド部(2D)の連結面(2D1)と作動ロッド(2)の接合部(2E)とは一方が底面(2D1A)を有する凹状円錐面(2D1B)に形成されていると共に、他方が裁頭面(2E1)を有する凸状円錐部(2E2)に形成されているものである。