このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2005046092) WDMシステム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2005/046092 国際出願番号: PCT/JP2003/014328
国際公開日: 19.05.2005 国際出願日: 11.11.2003
IPC:
H04B 10/00 (2013.01) ,H04B 10/07 (2013.01) ,H04B 10/077 (2013.01) ,H04B 10/27 (2013.01) ,H04B 10/29 (2013.01) ,H04B 10/296 (2013.01) ,H04B 10/297 (2013.01) ,H04J 14/00 (2006.01) ,H04J 14/02 (2006.01)
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
07
伝送方式の監視または試験のための配置;伝送方式の障害測定のための配置
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
07
伝送方式の監視または試験のための配置;伝送方式の障害測定のための配置
075
インサービスの信号を用いるもの
077
監視信号または付加信号を用いるもの
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
27
ネットワークの配置
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
29
中継局
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
29
中継局
291
処理または増幅が主信号の光形態からの変換なしに行われるもの
293
信号電力制御
294
多波長方式におけるもの,例.利得等化
296
過渡的な電力制御,例.チャネルのアド/ドロップまたは入力電力の急変動のためのもの
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
29
中継局
291
処理または増幅が主信号の光形態からの変換なしに行われるもの
297
双方向増幅
H 電気
04
電気通信技術
J
多重通信
14
光学的多重化方式
H 電気
04
電気通信技術
J
多重通信
14
光学的多重化方式
02
波長分割多重化方式
出願人:
UEKAMA, Kimio [JP/JP]; JP (UsOnly)
FUJITA, Takehiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
SEKIYA, Motoyoshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
FUJITSU LIMITED [JP/JP]; 1-1, Kamikodanaka 4-chome, Nakahara-ku Kawasaki-shi, Kanagawa 211-8588, JP (AllExceptUS)
発明者:
UEKAMA, Kimio; JP
FUJITA, Takehiro; JP
SEKIYA, Motoyoshi; JP
代理人:
OSUGA, Yoshiyuki; 3rd Fl., Nibancho Bldg. 8-20, Nibancho Chiyoda-ku, Tokyo 102-0084, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) WDM SYSTEM
(FR) SYSTEME WDM
(JA) WDMシステム
要約:
(EN) A WDM system includes a plurality of P to P WDM systems connected for wavelength-multiplexing optical signals of a plurality of wavelengths, transmitting them to a transmission path, transmitting wavelength-division multiplexed light while performing amplification by using optical AMP in the transmission path, and subjecting the wavelength-division multiplexed light to wavelength isolation at the reception side. An OSC which is a monitoring control signal such as a normal optical signal is used closely within one P to P WDM system. However, by transmitting and receiving the OSC between a plurality of P to P WDM systems, it is possible to solve a problem at the system rise. Moreover, since accumulative OSNR data is transmitted up to the P to P WDM system of the final stage, it is possible to detect an accurate OSNR value and a leak ASE light quantity at the end side.
(FR) L'invention concerne un système de multiplexage par répartition en longueur d'onde (WDM) comprenant une pluralité de systèmes WDM P à P connectés afin d'émettre des signaux optiques multiplexés en longueur d'onde d'une pluralité de longueurs d'onde; et permettant de transmettre ces signaux à un chemin de transmission, de transmettre une lumière multiplexée en longueur d'onde tout en effectuant une amplification au moyen d'une amplification optique dans le chemin de transmission et de soumettre une lumière multiplexée en longueur d'onde à une isolation de longueur d'onde au niveau du côté réception. Un OSC qui est un signal optique normal est utilisé dans un système MRL P à P. Du fait de la transmission et de la réception de l'OSC entre une pluralité de systèmes WDM P à P, il est possible de résoudre un problème au niveau de la rise de système. En outre, du fait que des données accumulatives de rapport signal-bruit optique (OSNR) sont transmises au système MRL P à P de l'étage final, il est possible de détecter une valeur OSNR précise et une quantité de lumière spontanée amplifiée (ASE) de fuite au niveau d'un côté de l'extrémité.
(JA) 複数の波長の光信号を波長多重して伝送路に送出し、伝送路において光AMPを用いて、増幅しながら波長分割多重光を伝送し、受信側で波長分割多重光を波長分離するP to P WDMシステムを複数接続したWDMシステムにおいて、通常光信号等の監視制御信号であるOSCは、1つのP to P WDMシステム内で閉じて使われるが、接続された複数のP to P WDMシステム間で、OSCをやり取りすることにより、システムの立ち上げ時の問題を解決することが出来、また、累積的OSNRのデータを最終段のP to P WDMシステムまで送信するので、終端側において正確なOSNR値や漏れASE光の量を知ることができる。
front page image
指定国: JP, US
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)