国際・国内特許データベース検索

1. (WO2005045064) TBK1ノックアウトマウスを用いたスクリーニング方法

Pub. No.:    WO/2005/045064    International Application No.:    PCT/JP2004/016404
Publication Date: Fri May 20 01:59:59 CEST 2005 International Filing Date: Sat Nov 06 00:59:59 CET 2004
IPC: G01N 33/50
Applicants: JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
独立行政法人科学技術振興機構
AKIRA, Shizuo
審良静男
Inventors: AKIRA, Shizuo
審良静男
Title: TBK1ノックアウトマウスを用いたスクリーニング方法
Abstract:
 TBK1ノックアウトマウス又は該ノックアウトマウス由来の組織若しくは細胞を用いて、LPS刺激やウイルス感染に対する、IFN−β等の抗ウイルスタンパク質の誘導促進物質のスクリーニング方法を提供するものである。  染色体上のTANK結合キナーゼ1(TBK1)遺伝子の一部もしくは全部が欠損し、野生型において発現されるTBK1を発現する機能が失われているマウス、又は該マウス由来の組織若しくは細胞と、被検物質と、TLR4が認識するリガンド又はこれらの含有物とを用いて、前記マウス又は該マウス由来の組織若しくは細胞における、TLR4が認識するリガンド又はこれらの含有物に対するIFN−β等の抗ウイルスタンパク質の誘導の程度を測定・評価し、LPS刺激やウイルス感染に対する応答の促進物質をスクリーニングする。