国際・国内特許データベース検索

1. (WO2005042740) インディアン ヘッジホッグ遺伝子導入によるヒト不死化骨髄ストローマ細胞の造血支持能の増強方法

Pub. No.:    WO/2005/042740    International Application No.:    PCT/JP2004/003695
Publication Date: Fri May 13 01:59:59 CEST 2005 International Filing Date: Fri Mar 19 00:59:59 CET 2004
IPC: C07K 14/46
C12N 5/077
C12N 5/0789
A61K 48/00
Applicants: RENOMEDIX INSTITUTE INC.
株式会社レノメディクス研究所
KOBUNE, Masayoshi
小船 雅義
HAMADA, Hirofumi
濱田 洋文
NIITSU, Yoshiro
新津 洋司郎
Inventors: KOBUNE, Masayoshi
小船 雅義
HAMADA, Hirofumi
濱田 洋文
NIITSU, Yoshiro
新津 洋司郎
Title: インディアン ヘッジホッグ遺伝子導入によるヒト不死化骨髄ストローマ細胞の造血支持能の増強方法
Abstract:
hTERTストローマ細胞は、4週以上の長期にわたり造血幹細胞の機能を維持可能であるが、幹細胞の増幅率が比較的低率であるので、造血幹細胞をより増幅する方法を提供すること。 hTERTストローマ細胞にレトロウイルスベクター用いインディアン ヘッジホッグ(以下ihhとも呼ぶ)遺伝子を導入することで、インディアン ヘッジホッグを過剰発現するhTERTストローマ細胞(ihhストローマ細胞)を樹立し、ihhストローマ細胞を用いることで、造血幹細胞を強力に増幅できた。