国際・国内特許データベース検索

1. (WO2005041344) 導波管変換装置、導波管ロータリージョイント及びアンテナ装置

Pub. No.:    WO/2005/041344    International Application No.:    PCT/JP2004/015483
Publication Date: Sat May 07 01:59:59 CEST 2005 International Filing Date: Thu Oct 21 01:59:59 CEST 2004
IPC: H01P 5/08
H01Q 13/06
Applicants: MURATA MANUFACTURING CO., LTD.
株式会社村田製作所
OKANO, Takeshi
岡野 健
NAGAI, Tomohiro
永井 智浩
HIRATSUKA, Toshiro
平塚 敏朗
Inventors: OKANO, Takeshi
岡野 健
NAGAI, Tomohiro
永井 智浩
HIRATSUKA, Toshiro
平塚 敏朗
Title: 導波管変換装置、導波管ロータリージョイント及びアンテナ装置
Abstract:
 方形導波管と円形導波管とのモード変換部に不要な伝送モードの励起を抑える不要波抑制溝を設けることにより、必要な伝送モードの伝送効率を高める。  方形導波管2と円形導波管4とを垂直に接続し、これらのモード変換部には、方形導波管2の管壁2B,2C,2Dと円形導波管4の管壁4Aとにわたって延びる不要波抑制溝5を設ける。これにより、不要波抑制溝5は、方形導波管2内を伝わるTE10モードの電磁波によって円形導波管4内で不要なTE11モードが励起されるのを抑制でき、TE11モードへの変換損失を小さくすることができる。そして、円形導波管4内でTM01モードの電磁波を効率よく励起でき、導波管2,4の間で信号を安定的に伝送することができる。