国際・国内特許データベース検索

1. (WO2005040002) 発臭性廃棄物の封止基材及び発臭性廃棄物の封止方法

Pub. No.:    WO/2005/040002    International Application No.:    PCT/JP2004/015928
Publication Date: Sat May 07 01:59:59 CEST 2005 International Filing Date: Thu Oct 28 01:59:59 CEST 2004
IPC: B65F 1/00
B65F 1/06
Applicants: SUMIRON CO., LTD.
株式会社スミロン
SUMITOMO SHOJI PLASTICS CO., LTD.
住友商事プラスチック株式会社
HARUYAMA, Kiichi
春山 喜一
TSUMURA, Akio
津村 昭雄
NOZAWA, Hiroshi
野澤 裕史
MUKAI, Yoshihiro
向井 義博
Inventors: HARUYAMA, Kiichi
春山 喜一
TSUMURA, Akio
津村 昭雄
NOZAWA, Hiroshi
野澤 裕史
MUKAI, Yoshihiro
向井 義博
Title: 発臭性廃棄物の封止基材及び発臭性廃棄物の封止方法
Abstract:
 使用済みおむつやペットの糞、生ゴミその他の発臭性廃棄物を廃棄するまでの一定期間不快な臭いが殆ど漂いだすことなく保管しておくことができる発臭性廃棄物の封止基材及びその封止方法を提供する。包被基材(10)と前記包被基材(10)に形成された接着層(11)とを具備すると共に、前記包被基材(10)と接着層(11)とによりガスバリア性を有し、発臭性廃棄物(2)を包被基材(10)に包み込んで前記接着層(11)により封止するようにした。使用済みおむつなどの発臭性廃棄物をゴミ収集日まで保管する際は包被基材に包み込み、前記包被基材に形成された粘着層により封止するようにしたので、発臭性廃棄物の周囲を密封して外部に臭気が漏れないガスバリア状態とすることができる。