処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2005038675 - プリント基板設計指示支援方法およびその装置

注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

[ JA ]
明 細書

プリント基板設計指示支援方法およびその装置

技術分野

[0001] 本発明は、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援方法 、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシス テム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能な記録媒体に関し、さらに詳細に は、プリント基板設計作業効率の向上ならびにプリント基板設計品質の向上を図るよ うにした回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援方法、回 路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシステム 、プログラムおよびコンピューター読み取り可能な記録媒体に関する。

背景技術

[0002] 従来、回路設計段階においてプリント基板を設計するための設計指示を作成する にあたっては、回路設計者が手書きで設計指示書を記載するようになされており、こ のようにして完成した設計指示書をプリント基板設計者に渡すことによって、回路設 計者からプリント基板設計者に設計に必要な指示を伝達するようになされて!ヽた。 ここで、設計指示には回路図のどの部分がその指示に該当するかを記述すること になるが、その際に、部品や配線の名称 (部品位置「リファレンス」、部品品番、ネット 名など)などのアイテムを回路設計者が手書きにより設計指示書に書き加えるように なされていた。

し力ながら、こうした設計指示書での伝達運用においては、指示伝達が十分に行 われず、また、回路図が変更された場合においては、回路図の変更に合わせて設計 指示書に記述した部品や配線の名称を変更する必要があった。

このため、上記した従来の手法においては、設計指示書への書き込みや変更の作 業が繁雑となり、また、部品や配線の名称などを書き間違えるなどの恐れもあり、さら には、書面による指示での伝達不備に起因して不具合や品質が劣化するというなど の第 1の問題点があった。

[0003] また、設計されたプリント基板の設計品質につ!、ては、設計指示自体が設計者に 依存しているため、設計者のスキルによる品質のばらつきが存在し、人依存の状況に 起因してプリント基板設計品質が劣るという、指示内容が指示設計者に影響されてし まう第 2の問題点があった。

[0004] また、プリント基板の高密度高速回路設計における設計指示書の指示に対するプリ ント基板設計システムにより設計されたプリント基板に対する確認は、回路設計システ ムおよびプリント基板設計システムにおけるそれぞれの検索機能を用いて、関連する 指示のアイテムを確認、検査し、該当する部分に関して人手で行っていた。

即ち、デジタルィ匕による設計難易度の急激な向上や、製品優位性の短期化あるい は多機能化によるシステム全体の整合性保持の難しさなどという理由や、設計者に 依存するという設計品質などの理由から、検図ゃ修正指示に関わる手間は極めて大 きぐこれを如何に短縮するかが設計のリードタイム短縮の鍵となっていた。

このため、設計されたプリント基板に関する検査、確認ならびに検図、また、その修 正指示作成は、作業効率が劣って非常に手間とコストがかかるものになっていたとい う第 3の問題点があった。

[0005] また、回路図上のアイテム(回路部品、配線など)をその種類や機能毎に 1つのダル ープとして抽出し、基板設計の際における設計指示書への反映や回路図のチェック リストを作成するためにグループ分けをすることは、指示、チェック上必要となってい た。

従来、このグループの抽出を行うにあたっては、各アイテム(部品、配線情報など) ごとに検索処理を行っており、アイテムの項目数や部品数などに比例して抽出作業 に多大な時間を要し、また、抽出されたデータはその回路図固有のものであるので 他の回路図では再度同じ抽出作業が必要であるという、アイテムに比例した作業量と 多くの時間を要するという第 4の問題点があった。

[0006] ところで、電子機器メーカーは、これまでの製品開発によって培ってきたノイズ対策 や熱対策などの設計条件、指示を多数持っており、新しい製品を開発する過程にお いては、プリント基板設計前にこうした設計条件をプリント基板設計者に指示し、プリ ント基板設計者はこの指示に従ってプリント基板の設計を行っていた。

そして、プリント基板の設計が完了すればプリント基板の試作を行うことになるが、そ の前に、設計指示がきちんと守られているかの検証作業を行っていた。 ここで、設計指示の中には数値などでは表すことのできないルールもあるため、 CA Dシステムを使った自動チェックを行えない場合もあり、このような部分は目視によつ てチェックする必要があった。

こうした目視によるチェックは、設計指示書力も回路図とプリント基板とのそれぞれ の該当箇所を探し出すことからはじめることになるが、この該当箇所の探し出しには C ADシステムの検索機能などが用いられる。そのためには回路設計システムとプリント 基板設計システムとをそれぞれ操作する必要があり、また、このようにしてチェックしな ければならない項目が製品によっては数百箇所以上ある場合もあるため、チェックに 多大な手間と時間を要するという第 5の問題点があった。

[0007] また、従来、高密度多層のプリント基板上のアイテムを目視でチェックする際に、チ エックすべき内容を明確に表示するために、チェック内容を正確に把握した上で手作 業にて関連するアイテムの相関関係など考慮して表示させる設定を行っていた。 即ち、チェックすべき内容が明確に表示されていないとチェック内容を誤認識して 正確なチェックを行うことができない可能性がある。

これまでは誤認識しな!、ための表示制御を毎回毎回行って、る作業は作業者のス キルに依存し、かつ、多大な時間的損失を生むという第 6の問題点があった。

[0008] ところで、ダンピング抵抗と称する反射波の雑音除去目的で信号線に直列に挿入 される数十 Ω程度の抵抗が知られている力こうしたダンピング抵抗はバッファ回路 の出力やメモリの駆動用 ICの出力などによく使用される。

従来、回路図からダンピング抵抗を抽出するに際しては、回路図上力も抵抗の属 性、接続先情報や接続状況などを目視にて確認して行っていた。即ち、回路図から ダンピング抵抗を抽出するためには目視に頼らざるを得ない部分が多ぐ設計した本 人でな、と判断するのは困難であった。

そして、プリント基板設計ではダンピング抵抗の配置、配線方法を基板設計指示と してどの抵抗がダンピング抵抗なのかを指示する必要がある力ダンピング抵抗を抽 出する条件が存在しな力つたためにダンピング抵抗の抽出には多大な時間を要して つまり、プリント基板設計時やプリント基板チェック時においては、ダンピング抵抗に 対する設計指示が必要であるが、ダンピング抵抗自体の抽出のために多大な時間を 要して!/ヽたと!/ヽぅ第 7の問題点があった。

[0009] また、一般に、回路規模が大きくなればなるほど搭載される LSIの数は増え、こうし た LSIの増加は、同時にバイパスコンデンサの数の増加に直結することになつていた

こうしたバイパスコンデンサの数の増加により、例えば、数百にもなるノィパスコンデ ンサを、 CADシステムの画面やレイアウトを紙に作画したものを用いて一つ一つ認識 するのは、非常に手間と時間的なコストがかかるという第 8の問題点があった。

[0010] また、バイパスコンデンサとはコンデンサの使用方法 (接続先相手)によってもたらさ れる機能によって分類されるもので、そのコンデンサ単体ではバイパスコンデンサの 判断はできない。

回路図からバイパスコンデンサを抽出するためには、回路図上のコンデンサ接続先 の情報や接続状況などを目視にて確認していた。即ち、最終的な判断は設計した本 人に直接確認するほか方法がな力つた。

なお、回路設計時にバイパスコンデンサに属性を入れる方法もあるが、設計時の負 担が重くなり実現は困難であった。

即ち、プリント基板設計時やプリント基板チェック時には、ノィパスコンデンサに対 する設計指示が必要であり、バイパスコンデンサの抽出のため多大な時間を要して いたという第 9の問題点があった。

[0011] また、プリント基板の設計をする上で指示を受けても、その指示には、経験や理論 などの知識が伴った設計ができな、と品質維持できない内容も含まれて、る。

従来は、必要に応じてプリント基板設計者が指示を理解するために該当する技術 情報の書籍、資料を検索、閲覧する必要があり、プリント基板設計者はこの技術情報 の検索、閲覧するのに多大な時間を要するという第 10の問題点があった。

[0012] なお、本願出願人が特許出願時に知って!/、る先行技術は、上記にお!、て説明した ようなものであって文献公知発明に係る発明ではないため、記載すべき先行技術情 報はない。

発明の開示

発明が解決しょうとする課題

[0013] 本発明は、上記したような従来の技術が有する第 1、第 2の問題点に鑑みてなされ たものであり、その第 1、第 2の目的とするところは、電子機器のプリント基板設計にお V、て、設計ルールに基づ、て正しく基板設計する際に参照する設計指示書を作成も しくは自動的に作成することを可能にした回路設計とプリント基板設計間におけるプ リント基板設計指示支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板 設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能な 記録媒体を提供しょうとするものである。

[0014] また、本発明は、上記したような従来の技術が有する第 3の問題点に鑑みてなされ たものであり、その第 3の目的とするところは、検図を効率的に実施することができるよ うにしてプリント基板設計作業効率の向上を図り、また、設計品質の平準化を図ること ができるようにしてプリント基板設計品質の向上を図り、設計期間の短縮ならびに試 作回数の削減など基板製造コストの低減ィ匕を図ることを可能にした回路設計とプリン ト基板設計間におけるプリント基板設計指示支援方法、回路設計とプリント基板設計 間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコンビュ 一ター読み取り可能な記録媒体を提供しょうとするものである。

[0015] また、本発明は、上記したような従来の技術が有する第 4の問題点に鑑みてなされ たものであり、その第 4の目的とするところは、電子機器のプリント基板設計において 、各基板単位で設計ルールに基づヽて正しく基板設計する際に参照する部品と配 線との情報を設計指示書として作成する場合に利用することができ、また、設計が完 成したプリント基板に対し指示通りに設計されて!ヽるカゝ否かをチェックするチェックリス トの作成に利用することができる回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板 設計指示支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示 支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能な記録媒体 を提供しょうとするものである。

[0016] また、本発明は、上記したような従来の技術が有する第 5の問題点に鑑みてなされ たものであり、その第 5の目的とするところは電子機器のプリント基板設計において設 計指示に基づいて正しく設計されているか否かを検証する際に利用することができ プリント基板の設計検証では回路設計システムおよびプリント基板設計システムとの 連携により設計ルールが適用される回路部品毎に回路図とプリント基板レイアウト図 との両方でチェックすべき箇所を同時に表示させることを可能としチェック時間の短 縮と手間の軽減とを図った回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計 指示支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援 装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能な記録媒体を提 供しょうとするものである。

[0017] また、本発明は、上記したような従来の技術が有する第 6の問題点に鑑みてなされ たものであり、その第 6の目的とするところは、高密度多層のプリント基板上のアイテ ムを目視でチェックする場合に、それらアイテムの相関関係などを自動的に表示する ようにして、作業者によるチェックすべき内容の誤認識の発生を排除するとともに、作 業者のスキルによるバラつきや時間的損失の軽減を図ることを可能にした回路設計と プリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援方法、回路設計とプリント基 板設計間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよび コンピューター読み取り可能な記録媒体を提供しょうとするものである。

[0018] また、本発明は、上記したような従来の技術が有する第 7の問題点に鑑みてなされ たものであり、その第 7の目的とするところは、電子機器のプリント基板設計において 、ダンピング抵抗を配置する際に設計ルールに基づ、て正しく配置することを可能に した回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援方法、回路設 計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシステム、プ ログラムおよびコンピューター読み取り可能な記録媒体を提供しょうとするものである

[0019] また、本発明は、上記したような従来の技術が有する第 8、第 9の問題点に鑑みて なされたものであり、その第 8、第 9の目的とするところは、プリント基板の EMC対策と しての回路パターンを含めたバイノスコンデンサの検出を可能にした回路設計とプリ ント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援方法、回路設計とプリント基板設 計間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコン ピューター読み取り可能な記録媒体を提供しょうとするものである。

[0020] また、本発明は、上記したような従来の技術が有する第 10の問題点に鑑みてなさ れたものであり、その第 10の目的とするところは、指示の内容と技術情報を電子的に 関連付けすることにより、プリント基板設計時に適切な技術情報を早く参照、考慮し、 経験が無くても理論に基づ、た設計をすることができ、設計の短縮化と設計品質の 向上、均一化が可能となる回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計 指示支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援 装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能な記録媒体を提 供しょうとするものである。

課題を解決するための手段

[0021] 上記第 1の目的を達成するために、本発明は、設計ルールが適用される回路部品 を選択すれば、回路設計システムとプリント基板設計システムとの連携により、回路図 とプリント基板上のチェック対象部分とを同時に表示して、チェック時間の短縮と手間 を低減するようにしたものである。

また、上記第 2の目的を達成するために、本発明は、回路設計者が回路図設計中 に与えた設計指示内容を「指示内容」と「対象となる回路部品もしくは配線のキーヮ ード」とに分割したリストから選択する行為のみで、「対象となる回路部品もしくは配線 のキーワード」を使用し回路図から対象となるオブジェクトを自動リストアップするよう にして、手作業にて設計指示書を作成していた手間および時間を大幅に低減するよ うにしたものである。

また、上記第 3の目的を達成するために、本発明は、プリント基板設計システムを用 V、て自動的にチェックできな、定性的な指示、例えば、できるだけ近くとかできるだけ 短くとかというような指示が適用される箇所を自動的に検出して、設計者にその判断 を求めることを可能にし、また、これらのルールの背景にある論理情報をそれぞれ記 憶し指示に連携表示することにより設計者の経験の差による設計品質のばらつきの 平準化を達成するようにしたものである。

また、上記第 4の目的を達成するために、本発明は、種類や機能が同じ項目に対し てキーワードを設定し、そのキーワードに対してアイテムを抽出するための抽出条件 や別プログラム起動指示を共通マスターとして所定の記憶領域に保持するようにして 、回路図で設計指示書やチェックリストを作成する際には、各項目にキーワードのみ を割り当てたデータを作成するようにして、個別のアイテムの検索を行う場合には、キ 一ワードに該当する抽出条件を共通マスター力取得して回路図からアイテムを検 索するようにしたものであり、これにより再検索を行うとアイテムが最新の状態に更新 され、他の回路図にデータをコピーして再検索を行うと設計指示書やチェックリストが その回路での最新のアイテムに更新され流用が可能になるとともに、設計指示書の 作成に力かる時間が大幅に削減され、また、回路図で流用されたものなどは項目が ほぼ変わらないため更新処理のみで指示書やチェックリストを作成することが可能に なる。

また、上記第 5、第 6の目的を達成するために、本発明は、高密度多層のプリント基 板上のアイテムを目視でチェックする場合に、チェックシートからのクロスプローブ時 に自動的にチェックすべき内容を明確に表示して、チェック内容を誤認識する可能 性を非常に低くするとともに、チェックを行う作業者のスキルに依存しない成果を生む ことや同じチェックシートを使用したチェックでは同様の表示状態を作成することがで きるようにし、さらに時間的な損失を軽減するようにしたものである。

また、上記第 7の目的を達成するために、本発明は、回路図からダンピング抵抗を 自動抽出するようにして、抽出時間の大幅な短縮を実現するようにしたものである。 また、上記第 8、第 9の目的を達成するために、本発明は、回路設計者がバイパスコ ンデンサの適正を判断する必要のない明らかに問題のないものを自動的に判断対 象から省くようにして、検図自体の時間短縮、延いては設計期間の短縮を達成するよ うにしたものである。

また、上記第 10の目的を達成するために本発明は、設計指示の内容と技術情報を 電子的に関連付けすることにより、プリント基板設計時に適切な技術情報を早く参照 、考慮し、経験が無くても理論に基づいた設計をすることができ、設計の短縮化と設 計品質の向上、均一化を実現するようにしたものである。

即ち、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うために、支援、指示の内容を理解するための技術情報 の提供を支援するようにしたものである。

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、支援、指示の内容を理解するための技術情報の提供を 支援する手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、回路設計者が基板設計者へ渡す設計指示書を電子デ ータで簡便に作成支援するための手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、設計指示情報を自然言語で入力する手段と、前記入力 する手段によって入力された設計指示情報を一覧表形式で表示する手段と、前記表 示する手段により表示された設計指示情報を選択する手段とを有するようにしたもの である。

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、回路図を構成する回路部品や配線などのアイテム群の 中から、クロックラインなどのキーワードに割り付けられている条件で対象となるアイテ ムを自動抽出する手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、登録した設計指示情報が実際の回路図上の回路部品や 配線などのどのアイテムであるのかを通知するために、予め設計指示情報に割り付 けているキーワードを介し、自動的に回路図のアイテムに設計指示情報を割り付ける 手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、回路図を構成する回路部品や配線などのアイテムを選択 する手段と、前記アイテムを選択する手段がアイテムを選択すると、回路設計システ ムとプリント基板設計システムとを連携し、回路図上とプリント基板図上の両方の画面 上に対象アイテムを強調表示する手段とを有するようにしたものである。

また、本発明は、前記アイテムを選択する手段によるアイテムの選択と同時に表示 状態を制御する為のプリスクリプトとポストスクリプトとを実行することにより、該当箇所 のズームアップなどでチェックすべき箇所をより明確に分力り易く表示する表示制御 手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、プリント基板設計者が設計後の結果などを入力することで 設計指示どおりに対応したか否力などを管理する手段を有するようにしたものである

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、プリント基板設計者により入力された設計後の結果に対し 、回路設計者が合否などを入力することにより指示に対する承認有無などを管理す る手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、プリント基板設計の修正が必要となった場合に、前記管理する手 段における入力するための空の項目を別途追加することで合否判定などの履歴管理 をする手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、回路図の中からダンピング抵抗とその対象となる ICをダ ンビング抵抗の部品属性および配線接続情報により抽出する手段を有するようにし たものである。

また、本発明は、前記抽出する手段は、回路図からダンピング抵抗とその対象とな る ICを自動抽出するようにしたものである。

また、本発明は、回路設計者と基板設計者間で行われる設計指示の作成支援、伝 達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板設計間におけるプリント基板設 計指示支援装置であって、回路図の中からバイパスコンデンサとその対象となる ICを バイパスコンデンサの配置位置情報および配線接続情報により抽出する手段を有す るようにしたものである。

また、本発明は、前記抽出する手段は、バイパスコンデンサとその対象となる ICお よび両部品を接続する配線の情報を自動抽出するようにしたものである。

また、本発明は、プリント基板設計システムまたは回路設計者と基板設計者間で行 われる設計指示の作成支援、伝達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板 設計間におけるプリント基板設計指示支援装置力の要求に応じて Webサーバー 内に蓄積して、る情報を提供する手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、プリント基板設計システムまたは回路設計者と基板設計者間で行 われる設計指示の作成支援、伝達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板 設計間におけるプリント基板設計指示支援装置力の要求に応じて、 Webサーバー 内で計算を行、、その結果を提供する手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、プリント基板設計システムまたは回路設計者と基板設計者間で行 われる設計指示の作成支援、伝達、指示の確認を確実に行うための回路設計と基板 設計間におけるプリント基板設計指示支援装置力の要求に応じて、 Webサーバー 内の情報を蓄積する手段を有するようにしたものである。

また、本発明は、本発明による回路設計と基板設計間におけるプリント基板設計指 示支援方法をコンピューターに実行させるためのプログラムである。

また、本発明は、本発明による回路設計と基板設計間におけるプリント基板設計指 示支援装置としてコンピューターを機能させるためのプログラムである。

また、本発明は、本発明による Webシステムとしてコンピューターを機能させるため のプログラムである。

また、本発明は、本発明によるプログラムを記録したコンピューター読み取り可能な 記録媒体である。

発明の効果

[0023] 本発明は、以上説明したように構成されているので、電子機器のプリント基板設計 において、設計ルールに基づいて正しく設計されているか否かを検証する際に利用 することができ、プリント基板の設計検証では、回路設計システムおよびプリント基板 設計システムとの連携により設計ルールが適用される回路部品毎に回路図とプリント 基板レイアウト図との両方でチェックすべき箇所を同時に表示させることが可能になり チェック時間の短縮と手間の軽減とを図ることができる回路設計とプリント基板設計間 におけるプリント基板設計指示支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプ リント基板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピュータ一読み 取り可能な記録媒体を提供することができるという優れた効果を奏する。

[0024] また、本発明は、以上説明したように構成されているので、電子機器のプリント基板 設計の際に設計ルールに基づいて正しく基板設計するために参照する設計指示書 を自動的に作成することが可能な回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基 板設計指示支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指 示支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能な記録媒 体を提供することができると、う優れた効果を奏する。

[0025] また、本発明は、以上説明したように構成されているので、検図を効率的に実施す ることができるようになってプリント基板設計作業効率の向上を図ることができ、また、 設計品質の平準化を図ることができるようになってプリント基板設計品質の向上を図 ることができ、設計期間の短縮ならびに試作回数の削減など基板製造コストの低減 化を図ることが可能な回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示 支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能な記録媒体を提供する ことができるという優れた効果を奏する。

[0026] また、本発明は、以上説明したように構成されているので、電子機器のプリント基板 設計にお 1ヽて、各基板単位で設計ルールに基づヽて正しく基板設計する際に参照 する部品と配線との情報を設計指示書として作成する場合に利用することができ、ま た、設計が完成したプリント基板に対し指示通りに設計されて!ヽるか否かをチェックす るチェック表の作成に利用することができる回路設計とプリント基板設計間における プリント基板設計指示支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基 板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能 な記録媒体を提供することができるという優れた効果を奏する。

[0027] また、本発明は、以上説明したように構成されているので、高密度多層のプリント基 板上のアイテムを目視でチェックする場合に、それらアイテムの相関関係などを自動 的に表示するようにして、作業者によるチェックすべき内容の誤認識を避けるとともに 、作業者のスキルによるバラつきや時間的損失の軽減を図ることが可能な回路設計 とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援方法、回路設計とプリント基 板設計間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよび コンピューター読み取り可能な記録媒体を提供することができるという優れた効果を 奏する。

[0028] また、本発明は、以上説明したように構成されているので、電子機器のプリント基板 設計にお、て、ダンピング抵抗を配置する際に設計ルールに基づ、て正しく配置す ることが可能な回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援方 法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシ ステム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能な記録媒体を提供することがで きると!、う優れた効果を奏する。

[0029] また、本発明は、以上説明したように構成されているので、プリント基板の EMC対 策として回路パターンを含めたノィパスコンデンサの自動チェック機能を備えた回路 設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援方法、回路設計とプリ ント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラム およびコンピューター読み取り可能な記録媒体を提供することができるという優れた 効果を奏する。

[0030] また、本発明は、以上説明したように構成されているので、設計指示の内容と技術 情報を電子的に関連付けすることにより、プリント基板設計時に適切な技術情報を早 く参照、考慮し、経験が無くても理論に基づいた設計をすることができ、設計の短縮 化と設計品質の向上、均一化が可能となる回路設計とプリント基板設計間における プリント基板設計指示支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基 板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピューター読み取り可能 な記録媒体を提供することができるという優れた効果を奏する。

図面の簡単な説明

[図 1]図 1は、本発明によるプリント基板設計指示支援装置、回路設計システムおよび プリント基板設計システムの関連を示す説明図である。

[図 2]図 2は、プリント基板設計指示支援装置において、設計実施情報 (基板設計側) とプリント基板設計指示支援実施情報の各項目を入力するためのセルを示す表示画 面である。

[図 3]図 3 (a)は日付入力する際の表示画面であり、図 3 (b)は氏名入力する際の表 示画面であり、図 3 (c)はリスト選択する際の表示画面である。

[図 4]図 4 (a)は日付と担当者の自動入力の際の表示画面であり、図 4 (b)はチック 結果の入力の際の表示画面である。

[図 5]図 5 (a)はチェック結果の集計情報を示す際の表示画面であり、図 5 (b)はキー ワード行でのチェック結果の入力の際の表示画面である。

[図 6]図 6は、電子設計指示書作成支援システムの概念説明図である。

[図 7]図 7は、アイテム自動抽出システムの概念説明図である。

[図 8]図 8は、アイテム自動抽出システムにお、て自動抽出処理する際の設計指示書 および抽出条件の一例を示す表示画面である。

[図 9]図 9は、設計ルールチェック支援システムの概念説明図である。

[図 10]図 10は、アイテム強調表示システムの概念説明図である。

[図 11]図 11 (a)はクロスプローブの実行の際の表示画面であり、図 11 (b)はクロスプ ローブのモードを示す表示画面であり、図 11 (c)はマクロ実行許可を示す表示画面 である。

[図 12]図 12は、ダンピング抵抗自動抽出システムの処理を示すフローチャートである

[図 13]図 13は、バイパスコンデンサ自動抽出システムの処理の概要を示すフローチ ヤートである。

[図 14]図 14は、プリント基板設計指示支援装置力もの要求に応じて Webサーバ内に 蓄積している情報を提供するプリント基板設計システム連携型 Webシステムの概念 図である。

[図 15]図 15は、図 14に示すプリント基板設計システム連携型 Webシステムの処理を 示すフローチャートである。

圆 16]図 16は、プリント基板設計指示支援装置力もの要求に応じて Webサーバ内で 計算を行いその結果を提供するプリント基板設計システム連携型 Webシステムの概 念図である。

[図 17]図 17は、図 16に示すプリント基板設計システム連携型 Webシステムの処理を 示すフローチャートである。

圆 18]図 18は、プリント基板設計指示支援装置力もの要求に応じて Webサーバ内に 情報を蓄積するプリント基板設計システム連携型 Webシステムの概念図である。

[図 19]図 19は、図 18に示すプリント基板設計システム連携型 Webシステムの処理を 示すフローチャートである。

符号の説明

10 プリント基板設計指示支援装置

12 回路設計システム

14 プリント基板設計システム

100 設計指示共通データベース

101 設計指示専用データベース

104 基板設計指示支援装置の画面

106 回路設計システムの画面

108 プリント基板設計 CADの画面

110 回路図 CADデータベース

発明を実施するための最良の形態

以下、添付の図面を参照しながら、本発明による回路設計とプリント基板設計間に おけるプリント基板設計指示支援方法、回路設計とプリント基板設計間におけるプリ ント基板設計指示支援装置、 Webシステム、プログラムおよびコンピューター読み取 り可能な記録媒体の実施の形態の一例を詳細に説明する。

[0034] 1.全体の構成

本発明による回路設計とプリント基板設計間におけるプリント基板設計指示支援装 置 (以下、単に「プリント基板設計指示支援装置」と適宜に称する。) 10は、後述する 各システムの統合システムであるが、図 1に示すように、プリント基板設計指示支援装 置 10により回路設計システム 12とプリント基板設計システム 14とを連携させ、回路設 計システム 12とプリント基板設計システム 14との間で回路設計に関するルールの共 用化を図るようにしたものである。

本発明におけるプリント基板設計指示支援装置 10を構築する具体的なシステム、 即ち、回路設計システム 12とプリント基板設計システム 14とを連携させる具体的な手 段としては、例えば、回路設計での電子設計指示書作成支援システム、回路図から のアイテム自動抽出システム、プリント基板設計における設計ルールチェック支援シ ステム、クロスプローブ時におけるアイテム強調表示システム、回路図からのダンピン グ抵抗自動抽出システム、回路図からのバイパスコンデンサ自動抽出システムがある

[0035] ここで、プリント基板設計指示支援装置 10は、以下のような各種の機能を備えてい るものである。

(1) Excel (登録商標)のような表形式

Excel (登録商標)のような表形式とすることで、設計指示とチェック状態を容易に把 握することができる。また、設計指示やアイテムなどはスクロール対象外の固定行とな つているので、チェック時に設計指示などが隠れてしまうことがない。また、各項目の セル幅は、自由に変更することができる。

(2)実施情報の入力

設計実施情報とプリント基板設計指示支援実施情報を、プリント基板設計指示支援 実施毎に入力することができる。実施情報にはそれぞれ、実施日、担当者、結果など を入力することができる。

(3)クロスプローブ

回路設計システム、プリント基板設計システム、伝送線路解析システムに対してチェ ック対象の拡大と表示を行うクロスプローブメッセージを送ることができるので、実施 結果のチェックを容易に行うことができる。また、送信する情報はアイテム(リファレン ス、ネット、フレーム)、または、キーワード単位で行うことができる。また、キーワードや アイテムに Python言語ベースのマクロを割り付けておくことにより、クロスプローブの 前後で伝送線路解析システムに対してマクロを実行させることもできる。

(4)検索機能

文字列による検索機能により、目的の項目を素早く見つけることができる。

(5)ドキュメントの関連付け

個々の設計指示やプリント基板設計指示支援実施情報単位にドキュメントを関連付 けすることができる。これにより、より詳細な情報を設計者に伝えることができる。また、 関連付けされたドキュメントは、特定のディレクトリにアーカイブ (コピー)することがで きる。また、これらの関連付けされたドキュメントは、 Windows (登録商標)上でそのド キュメントに対して関連付けされているツールがあれば、開くことができる。

(6) CSVファイルの入出力

CSVファイルファイルの入出力を行うことができるので、今まで Excel (登録商標)で 作成していたプリント基板設計指示支援情報を移行することができる。

(7)データベースの喑号ィ匕

データベースを暗号ィヒすることにより、データベースに蓄積された情報が外部に洩 れるのを防止することができる。データベースに蓄積された情報は、実行時のォプシ ヨンによって管理者モードで起動した時のみ表示されるようになって!/、る。

そして、このプリント基板設計指示支援装置 10においては、図 2に示すように、設計 実施情報 (基板設計側)とプリント基板設計指示支援実施情報の各項目を入力する ためのセルが追加される。なお、設計実施情報 (基板設計側)とプリント基板設計指 示支援実施情報とは、以下の通りである。

a.設計実施情報 (基板設計側)

設計実施情報は、設計指示通りに基板設計を行った力どうかの情報を入力する。こ の情報には、実施日、担当者、プリント基板設計指示支援前 (実施結果)、プリント基 板設計指示支援前コメントの 4項目があり、アイテム毎に入力すことができるようにな つている。

b.プリント基板設計指示支援実施情報

プリント基板設計指示支援実施情報は、プリント基板設計指示支援のチェック結果 情報を入力する。この情報には、チェックの実施日、担当者、結果情報、コメントおよ び関連ファイルの 5つの項目があり、アイテム毎に入力することができるようになって いる。

次に、各セルの編集方法について説明すると、実施情報の各項目は、入力する情 報のタイプに応じて入力方法が異なる。以下に、情報のタイプに応じた入力方法を示 す。

a. 日付入力(図 3 (a)参照)

実施日、チェック日の入力がこれに当たる。これらのセルにフォーカスがある時、「· • ·」ボタンが表示されるのでこれをクリックする。すると日付入力ダイアログが表示され るので、このダイアログで日付を指定し「OK」ボタンをクリックする。

b.氏名入力(図 3 (b)参照)

担当者の入力がこれに当たる。担当者のセルをダブルクリックするとセル編集可能 な状態になる。この状態で氏名を入力する。

また、一度入力した氏名は入力時にリスト表示されるので、このリストから選択して入 力することもできる (保存される氏名は 5名分であり、設計実施情報とプリント基板設 計指示支援実施情報とで共通である)。

cリスト選択 (図 3 (c)、図 4 (a)参照)

設計実施情報のプリント基板設計指示支援前、プリント基板設計指示支援実施情 報のチェック結果がこれに当たる。これらのセルにフォーカスがある時、「T」ボタンが 表示されるのでこれをクリックする。すると図 3 (c)のように設定可能な項目がリスト表 示されるので、適当な項目を選択する。

なお、プリント基板設計指示支援前やチェック結果を入力した時、日付や担当者が 未入力であった場合には、日付と担当者は自動的に入力され、この時、担当者には ログイン名が使用される(図 4 (a)参照)。

d.テキスト入力

設計実施情報のプリント基板設計指示支援前コメントおよびプリント基板設計指示

支援実施情報のコメントがこれに当たる。これらのセルをダブルクリックするとセル編 集可能な状態になるので、適当な文字列を入力する。

e.ファイル名入力

関連ファイルがこれに当たる。関連ファイルのセルにフォーカスがある時、「. . .」ボ タンが表示されるのでこれをクリックする。するとファイル選択ダイアログが表示される ので、関連付けるファイルを選択する。ここで選択したファイルはファイル名だけが表 示される力内部的には関連ファイルの格納ディレクトリをフルパスで保持している。

[0038] なお、全ての項目でダブルクリック以外に、アシストメ-ユーの「変更」によっても項 目の入力開始動作を起こすことが可能になっている。また、複数セルを選択してのコ ピー &貼り付けによる入力も可能である。ここで、日付を入力するセルに文字列を貼 り付けたり、 OKZNGしか入らな、セルにこれら以外の文字列を貼り付けてもエラー となり、入力は受け付けられない。

セル内容をクリアするには、クリアしたいセルにカーソルを移動し [DEL]キーを押 す。セルが複数選択されている場合には、セルカーソルのある列の選択セルのみタリ 了される。

[0039] 次に、チヱック結果の入力につ、て説明すると、チヱック結果は OKZNG以外に設 定することも可能になっており、チヱック結果の値の定義はリソースにより行う。

例えば、

CheckStatus{"OK" "やり直し,, "要再検討" }

とリソースに定義すると、チヱック結果の入力は図 4 (b)に示すようになる。

図 4 (b)において、最初の空白はセル内容をクリアするための項目であり、これはリ ソース定義とは無関係に自動的に付加される。

なお、アイテムを折畳んでいるとチェック状況がわかりにくいため、キーワード行の チェック結果のセルに、そのキーワードに属するアイテムのチェック状態を把握できる ように集計情報が表示されるようになって、る(図 5 (a)参照)

この集計情報は、 OKの数 (リソースで定義された最初の項目)とアイテム総数が表 示される。また、そのキーワードのチェック結果がすべて同じ値の場合は、その名称と 数 Zアイテム総数が表示される。

さらに、キーワード行のチェック結果のセルで入力を行うと、そのキーワードの各アイ テムに同じ値を設定できるようになっている(図 5 (b)参照)。

これにより、キーワード単位で一度に結果を入力できるので、作業の効率化を計る ことができるようになる。ただし、入力できるのは空のセルのみで、既に結果が入力さ れて、るセルには入力されな!、。

[0040] 以下に、上記したプリント基板設計指示支援装置 10を構築する具体的な各手段に ついてそれぞれ説明する。

[0041] 2.回路設計での電子設計指示書作成支援システム

図 6には、回路設計での電子設計指示書作成支援システム (以下、単に「電子設計 指示書作成支援システム」と適宜に称する。)の概念説明図が示されており、この電 子設計指示書作成支援システムは、設計指示およびキーワードを分割しリストアップ したデータベースである設計指示共通データベース 100を備えている。

この電子設計指示書作成支援システムにお、ては、現行設計で必要となる設計指 示'キーワードを、設計指示およびキーワードを分割しリストアップした設計指示共通 データベース 100の中力も選択し本システムにロードする。

次にロードされたキーワードを元に回路図検索を実行し、該当アイテム(回路部品、 配線)を本システムに自動抽出してリストアップする。

次に、リストアップされた設計指示、キーワード、アイテムを、設計指示、キーワード、 アイテム(回路部品、配線)を分割しリストアップしたデータベースである設計指示専 用データベース 101へ保存する。

なお、自動抽出方法の詳細については、次の「3.回路図からのアイテム自動抽出 システム」において詳細に説明する。

[0042] 3.回路図からのアイテム自動抽出システム

図 7には、回路図からのアイテム自動抽出システム(以下、単に「アイテム自動抽出 システム」と適宜に称する。)の概念説明図が示されており、回路図 CADデータのデ ータベースたる回路図 CADデータベース 110とは独立して、設計条件、キーワード、 アイテム(回路部品、配線)を分割しリストアップしたデータベースである設計指示専 用データベース 101を備えている。

このアイテム自動抽出システムにおいては、外部抽出プログラムを備えていて、複 雑な抽出処理が必要な場合はこの外部抽出プログラムに従ってアイテム抽出処理が 行われる。

また、図 8には、アイテム自動抽出システムにおいて自動抽出処理する際の設計指 示書および抽出条件の一例が示されている。

[0043] 4.プリント基板設計における設計ルールチェック支援システム

図 9には、プリント基板設計における設計ルールチェック支援システム(以下、単に「 設計ルールチェック支援システム」と適宜に称する。 )の概念説明図が示されており、 この設計ルールチェック支援システムは、設計指示、キーワード、アイテム(回路部品 、配線)を分割しリストアップしたデータベースである設計指示専用データベース 101 を備えている。

基板設計指示支援装置の画面 104上に表示されたキーワードまたはアイテムを選 択すると、当該選択した情報に対応するアイテム(回路部品、配線)が、回路設計シ ステムの画面 106上に表示された回路図上において色や輝度を変化させて識別可 能に表示されるとともに、プリント基板設計 CADの画面 108上に表示された基板レイ アウト図上において色や輝度を変化させて識別可能に表示される。

[0044] 5.クロスプローブ時におけるアイテム強調表示システム

図 10には、クロスプローブ時におけるアイテム強調表示システム(以下、単に「アイ テム強調表示システム」と適宜に称する。 )の概念説明図が示されている。

即ち、プリント基板設計指示支援を効率よく実行するために、回路設計システムや 伝送線路解析システムなどと連携してクロスプローブを行うことができる。この機能は 、回路設計システムや伝送線路解析システムを通信可能な状態にしておき、クロスプ ローブを行いたいアイテム、キーワード,または実施情報内のセルを選択した後、ァ シストメ-ユーの「見る(回路図 &基板)」によって実行することができる(図 11 (a)参照

) o

あるいは、セルカーソルがクロスプローブ可能なセル上にある場合は、ショートカット キーによってクロスプローブを実行することも可能である。この時のショートカットキー は、リソースに定義する。例えば、

XprovKey: "Ctrl+ S"

と定義した場合は、コントロールキーと「s」キーが同時に押されるとクロスプローブが 実行される。リソースに定義されていない場合は、ショートカットキーによるクロスプロ ーブの実行はできない。

クロスプローブの実行は、キーワードまたはアイテムを複数指定して行うことも可能 である。ただし、実施情報内のセルが列をまたいで複数選択されている場合は、セル カーソルのある列の選択されたアイテムのみがクロスプローブの対象となる。

また、伝送線路解析システムに対しては、クロスプローブの前後に Python言語べ ースのマクロを実行させることもできる。ただし、実行する Python言語ベースのマクロ は、アイテムやキーワードに予めプリント基板設計指示支援装置 10によってマクロフ アイルを割り付けておく必要がある。

マクロ実行のルールは、以下のようになつている。

'マクロはキーワードとアイテムのそれぞれに、クロスプローブ前に実行するプリマ クロ、クロスプローブ後に実行するポストマクロを割り付けることができる。

.キーワード選択時はキーワードのマクロを実行する。

'アイテム選択時はアイテムのマクロを実行する。アイテムにマクロが割り付けられ て ヽな、場合で、そのアイテムの属するキーワードにマクロが割り付けられて、れば、 キーワードのマクロを実行する。

'複数のアイテムが選択されている場合は、セルカーソルの位置を基準に実行す るマクロを決定する。

•マクロが割り当てられて!/ヽなヽ場合は、クロスプローブのみ行う。

また、割り付けたマクロファイルがファイル名のみであった場合は、以下の順に検索 され、最初に見つカゝつたファイルが実行される。

1. [%HOME% ¥ ] %red— macros— local%

2. [%HOME% ¥ ] %red_data_local% ¥macros

3. %HOME% ¥red_data¥macros

4. [%HOME% ¥ ] %red_data% ¥ macros

ここで、 []で括られた部分は、残りの部分が絶対パスでなカゝつた場合に使用される 。例えば、環境変数0/ ored— macros— local%に "my— data— dir¥macros"と設 定されていた場合は、%HOME%が付加される。一方、%red— macros— local% に,, d: ¥ users ¥ zuken ¥ my— data— dir ¥ macros"と設定されて、た場合には、 %HOME%は付カ卩されな!/ヽ。

ここで、%HOME% ¥red— data¥macros下の aaa. pyを実行したい場合は、他 の検索対象ディレクトリには aaa. pyが存在しな!、ようにしておかなければならな!/、。 また、上記検索対象以外のディレクトリにあるマクロを実行するには、マクロファイル をフルパスで指定して割り付けておく必要がある。

ところで、回路設計システムに対するクロスプローブには、モード (追加選択 Z個別 選択)がある(図 11 (b)参照)。これは、メニューの「通信」→「モード (回路図)」により切 り替える。

追加選択モードは、クロスプローブにより、選択アイテムが次々と追加される。個別 選択モードでは、クロスプローブにより、前の選択状態はクリアされ、クロスプローブし たアイテムのみが選択状態になる。なお、伝送線路解析システムに対してはこのモー ド選択は無効で、追加選択のみとなる。

さらに、伝送線路解析システムとの通信において、割り付けられたマクロを実行しな いように設定することもできる。これは、メニューの「通信」→「マクロ実行許可」より、前 処理 ·後処理それそれ別々に ONZOFFを切り替える(図 11 (c)参照)。

なお、このクロスプローブ機能を実行するためには、回路設計システム、伝送線路 解析システム、プリント基板設計指示支援装置がすべて同じマシン上の同じユーザ I Dで実行されて、る必要がある。

6.回路図からのダンピング抵抗自動抽出システム

図 12には、回路図からのダンピング抵抗自動抽出システム(以下、単に「ダンピン グ抵抗自動抽出システム」と適宜に称する。 )の処理を示すフローチャートが示されて いる。

このダンピング抵抗自動抽出システムにおいては、まず、全回路図データ力も順番 に部品情報を抽出し (ステップ S1202、ステップ S1214)、それから、回路図上で抵 抗部品に該当するものを全て抽出する (ステップ S 1204)。

次に、抽出された抵抗部品から IBISモデルの属性に直列接続の属性が入ってい るものを抽出する(ステップ S 1206)。

さらに、抽出された抵抗部品の全てのピンを検索し、接続されている配線がある場 合は、その接続先の部品を検索する (ステップ S1208)。

さらに、接続先部品がダンピング抵抗の対象部品である力を部品の種別から (ICな ど)判断する (ステップ S 1210)。

次に、それぞれの検索対象部品ごとに「ダンピング抵抗名」と「接続先部品名」とを 結果として返す (ステップ S 1212)。この結果は、(l :n)の組み合わせが複数存在す ることとなる。

[0046] 7.回路図力のバイパスコンデンサ自動抽出システム

図 13には、回路図力のバイノスコンデンサ自動抽出システム(以下、単に「バイ パスコンデンサ自動抽出システム」と適宜に称する。 )の処理の概要を示すフローチ ヤートが示されている。

このフローチャートを参照しながら説明すると、このバイパスコンデンサ自動抽出シ ステムにおいては、まず、バイパスコンデンサを回路図上に配置する場合は、対象と なる ICの接続ピンの近くに配置する作図規則により回路図を作成する。

次に、回路図上力も部品の種類によりコンデンサを抽出し、この抽出したコンデンサ から接続されて!、る配線を検索する。

それから、コンデンサの両端の接続先がそれぞれ電源とグランドに接続されている コンデンサを抽出し、この抽出したコンデンサ力も電源側に配線がさらに ICに繋がつ ているコンデンサを抽出する。

こうして抽出した ICに繋がって、るコンデンサが複数の ICと接続されて、る場合は 、配線で接続されて、るそれぞれのピンの距離が最も近、ICを抽出する。

上記において抽出された ICに繋がっているコンデンサをバイパスコンデンサとして 、ペアになる ICとその間を接続する配線名と共にリストに出力する。

[0047] 8.プリント基板設計システム連携型 Webシステム

図 14にはプリント基板設計指示支援装置力もの要求に応じて Webサーバ内に蓄 積している情報を提供するプリント基板設計システム連携型 Webシステムの概念図 が示されており、また、図 15には上記概念図に示すプリント基板設計システム連携型 Webシステムの処理を示すフローチャートが示されて!/、る。

このフローチャートを参照しながら説明すると、このプリント基板設計システム連携型 Webシステムにおいては、まず、プリント基板設計指示支援装置の起動時に装置の 画面で表示を行うために、設計システムとして有効な URLや文字情報を、 Webサー バから情報を取得するための IDまたはプリント基板に関する情報 (基板スペック、基 板種類、製造工程 '設計過程で蓄えてきたシミュレーション情報など)からのキーヮー ドゃ用語、部品名称をもとに Webサーバに問い合わせる。同時に、上記条件に該当 する項目を、意図した質の高い適切な内容で Webサーノから返信するために、優先 順位 Z条件設定を設定する。優先順位対象項目としては、「データ日付 (最新度)」、 「アクセス頻度」、「特定人物のアクセス頻度」、「投稿者名」などであり、条件式は複合 条件で絞り込むことが可能である。

次に、 Webサーバ内では要求された IDまたはキーワードを持つコンテッの URLを 探し、探した URLをプリント基板設計指示支援装置に、優先順位や条件設定が定義 されて!/ヽる場合にはそれに対応して返信する。

次に、プリント基板設計指示支援装置内では返信された URLや文字情報を受け取 り、問い合わせた内容に対応する URLが返された場合は、プリント基板設計指示支 援装置のメニューにボタンを表示し URLを保管する。

一方、 URLが返されな、場合はプリント基板設計指示支援装置のメニューにはボ タンを表示せず、 URLの保管も行わない。

設計者力このボタンを押すことにより、 Webブラウザの起動と同時に Webブラウザへ URLを引き渡す。これにより Webブラウザには必要なコンテンツが表示される。 Web サーバから返信された文字情報はプリント基板設計指示支援装置内に保持し、適切 な設計場面でメニューまたは設計画面上に表示する。

また、図 16にはプリント基板設計指示支援装置力もの要求に応じて Webサーバ内 で計算を行いその結果を提供するプリント基板設計システム連携型 Webシステムの 概念図が示されており、また、図 17には上記概念図に示すプリント基板設計システム 連携型 Webシステムの処理を示すフローチャートが示されている。

このフローチャートを参照しながら説明すると、このプリント基板設計システム連携型 Webシステムにおいては、まず、プリント基板設計指示支援装置の中で表示される配 線、部品などのアイテムに応じた計算のメニューを表示し、その計算に必要な入力パ ラメータの入力指示を待つ。

必要なパラメータが入力されることにより、プリント基板設計指示支援装置には用意 されていないような一般的'補助的な計算機の入力パラメータを Webサーバに渡して 計算を要求する。

次に、 Webサーバ内ではプリント基板設計指示支援装置力もの計算の種類とパラメ ータを受け取り、必要な計算をおこなった後、数値または文字列の計算結果をプリン ト基板設計指示支援装置に返信する。

プリント基板設計指示支援装置内では計算結果を受け取り、計算結果を画面上に 表示する。

また、図 18にはプリント基板設計指示支援装置力もの要求に応じて Webサーバ内 に情報を蓄積するプリント基板設計システム連携型 Webシステムの概念図が示され ており、また、図 19には上記概念図に示すプリント基板設計システム連携型 Webシ
ヽる。

このフローチャートを参照しながら説明すると、このプリント基板設計システム連携型 Webシステムにおいては、まず、プリント基板設計指示支援装置の中で投稿用のボ タンが用意され、設計者が設計中に他の設計者にも設計に役立つと考えられる情報 を発見または気がついたときに、事例や経験の明文化'画面解説'解析情報のため にこの投稿用のボタンを押す。

すると投稿の記事を入力するためのメニューが表示され、設計者が記事を入力する と、入力記事とともに設計中の図番ゃレイヤーなどの表示中の状態などを Webサー バに送信する。

次に、 Webサーバ内では返信された情報を受け取り、この情報を元にコンテンツの 分類を決め Webで公開表示するためのコンテンツに変換して Webサーバ内に格納 する。公開することで広く一般力回答を得たり、情報交換の「場」を設けることができ る。

産業上の利用可能性

本発明は、プリント基板の設計作業に用いるものであり、プリント基板設計作業効率 の向上ならびにプリント基板設計品質の向上に資することができる。