処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2005036420 - ファイル管理装置

注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

[ JA ]
明細書

ファイル管理装置

発明の背景

技術分野

本発明は、ファイル管理装置、ファイル管理方法、ファイル管理方法のプログ ラム及びファイル管理方法のプログラムを記録した記録媒体に関し、例えば光デ イスク装置に適用することができる。本発明は、仮想のフォルダに係るエントリ に検索結果を記録.して保持することにより、過去の検索結果を、後日、有効に利 用することができるようにする。

背景技術

近年、光ディスク等のランダムアクセス可能な大容量の記録媒体を用いて、撮 像結果を記録するディスク装置等が提案されている。

このようなディスク装置に関して、例えば特開 2 0 0 1 - 8 4 7 0 5号公報に は、記録媒体に記録した多数のファイルよりインデックス用フアイルを作成して この記録媒体に記録することにより、このィンデッタス用ファイルを用いてこれ ら多数のフアイルに係る操作性を向上する方法が提案されている。

また特開 2 0 0 2— 2 7 8 9 9 6号公報には、このようにして作成したインデ ックス用ファイルにおいて、各ファイルを階層化して管理することにより、さら に一段とこれら多数のフアイルに係る操作性を向上する方法が提案されている。 すなわちこれらの方法において、インデックスファイルは、管理対象ファイル 等に係る情報を抜粋した抜粋情報が属性毎にグループ化されて形成され、各ダル ープにおいては、各ファイルの抜粋情報によるエントリの連続により形成される 。具体的にこれらインデックスファイルは、ディスクタイトル、各管理対象ファ ィルに係るタイトルの文字列による抜粋情報を割り当てたテキストェントリと、 ディスクタイトル、各管理対象ファイルの内容を示す静止画像(サムネイル画像 ) による抜粋情報を割り当てたサムネイル画像エントリと、ディスクタイトル、 各管理対象ファイルの属性を示すデータを割り当てたプロパティエントリとによ り構成される。

これによりインデックスファイルにおいては、例えばサムネイル画像ェントリ より各ファイルのサムネイル画像をユーザーに提供して、さらにはテキストェン トリより各ファイルのタイトルをユーザーに提供して、所望するファイルを簡易 かつ確実に選択できるようになされている。

このようなインデックスファイルにおいて、プロパティエントリには、対応す るファイルに係る各種情報が記録されていることにより、このプロパティエント リの記録を用いて、例えばファイル作成日による検索により記録媒体に記録され たファイルを絞り込み、所望するファイルを迅速に検出することができると考え られる。またテキストエントリにあっては、タイトルが記録されていることによ り、キーワード検索によりテキストエントリの各エントリを検索するようにして も、所望するファイルを迅速に検出することができると考えられる。またサムネ ィル画像の有無によりサムネイル画像ェントリを検索することによつても、ファ ィルを絞り込んで所望するフアイルを簡易かつ確実に検出できると考えられる。 しかしてこのような記録媒体に記録されたフアイルの検索にあっては、記録媒 体に多数のファイルが記録されると、同一の検索による検索が繰り返される場合 が多々発生すると考えられる。また過去の検索結果をさらに絞り込む検索の処理 も実行される場合があると考えられる。これにより過去の検索結果を、後日、有 効に利用することができれば、便利であると考えられる。

発明の開示

本発明は以上の点を考慮してなされたもので、過去の検索結果を、後日、有効 に利用することができるファイル管理装置、ファイル管理方法、ファイル管理方 法のプログラム及びフアイル管理方法のプログラムを記録した記録媒体を提案し ようとするものである。

力、かる課題を解決するため本発明においては、記録媒体に記録されたィンデッ タスファイルにより記録媒体に記録されたフアイルを管理するフアイル管理装置 に適用して、インデックスファイルは、記録媒体に記録されたファイルによる抜 粋情報、記録媒体に設定されたフォルダと対応付けられたフアイル及びフォルダ による抜粋情報のプロックによるェントリの連続により形成され、エントリに設 定された他のエントリを指し示す階層情報により、ファイル、フォルダの階層構 造が示され、フォルダのェントリは、他のェントリを指し示す登録情報により、 該フォルダに属するファイルが示され、識別情報により、対応するフォルダが仮 想のフォルダか否か示され、ファイル管理装置は、ユーザーにより設定された検 索の条件により、ィンデックスファイルのェントリを検索してィンデックスファ ィルに登録されたファイル又はフォルダを選択し、該選択したファイル又はフォ ルダに対応するエントリを指し示すように、仮想のフォルダのエントリに、登録 情報を設定する。

本発明の構成により、記録媒体に記録されたインデックスフアイルにより記録 媒体に記録されたフアイルを管理するフアイル管理装置に適用して、ィンデック スファイルは、記録媒体に記録されたファイルによる抜粋情報、記録媒体に設定 されたフォルダと対応付けられたファイル及びフォルダによる抜粋情報のプロッ クによるエントリの違続により形成され、エントリに設定された他のエントリを 指し示す階層情報により、ファイル、フォルダの階層構造が示され、フォルダの エントリは、他のエントリを指し示す登録情報により、該フォルダに属するファ ィルが示され、識別情報により、対応するフォルダが仮想のフォルダか否か示さ れ、ファイル管理装置は、ユーザーにより設定された検索の条件により、インデ ックスファイルのェントリを検索してィンデックスファイルに登録されたフアイ ル又はフォルダを選択し、該選択したファイル又はフォルダに対応するェントリ を指し示すように、仮想のフォルダに対応するエントリに、登録情報を設定すれ ば、インデックスファイルに設定した仮想のフォルダに係るェントリにより検索 結果を記録して保持することができ、これによりインデックスフアイル上の処理 により、過去の検索結果を、後日、有効に利用することができる。

また本発明においては、記録媒体に記録されたインデックスファイルにより記 録媒体に記録されたフアイルを管理するフアイル管理方法に適用して、インデッ クスファイルは、記録媒体に記録されたファイルによる抜粋情報、記録媒体に設 定されたフォルダと対応付けられたファイル及びフォルダによる抜粋情報のブロ ックによるェントリの連続により形成され、エントリに設定された他のェントリ を指し示す階層情報により、ファイル、フォルダの階層構造が示され、フォルダ のエントリは、他のエントリを指し示す登録情報により、該フォルダに属するフ アイルが示され、識別情報により、対応するフォルダが仮想のフォルダか否か示 され、ファイル管理方法は、ユーザーにより設定された検索の条件により、イン デックスファイルのエントリを検索してインデックスファイルに登録されたファ ィル又はフォルダを選択する検索の処理と、検索の処理により選択したファイル 又はフォルダに対応するエントリを指し示す登録情報と、検索の条件とを、仮想 のフォルダのェントリに登録する登録の処理とを有するようにする。

これにより本発明の構成によれば、インデックスファイル上の処理により、過 去の検索結果を、後日、有効に利用することができるファイル管理方法を提供す ることができる。

また本発明においては、コンピュータに所定の処理手順を実行させることによ り、記録媒体に記録されたインデックスファイルにより記録媒体に記録されたフ アイルを管理するファイル管理方法のプログラムに適用して、インデックスファ ィルは、記録媒体に記録されたファイルによる抜粋情報、記録媒体に設定された フォルダと対応付けられたフアイル及ぴフォルダによる抜粋情報のブロックによ るェントリの連続により形成され、エントリに設定された他のェントリを指し示 す階層情報により、ファイル、フォルダの階層構造が示され、フォルダのェント リは、他のエントリを指し示す登録情報により、該フォルダに属するファイルが 示され、識別情報により、対応するフォルダが仮想のフォルダか否か示され、処 理手順は、ユーザーにより設定された検索の条件により、ィンデックスファイル のェントリを検索してィンデッタスファイルに登録されたファイル又はフォルダ を選択する検索の処理と、検索の処理により選択したファイル又はフォルダに対 応するエントリを指し示す登録情報と、検索の条件とを、仮想のフォルダのェン トリに登録する登録の処理とを有するようにする。

これにより本発明の構成によれば、インデックスファイル上の処理により、過 去の検索結果を、後日、有効に利用することができるファイル管理方法のプログ ラムを提供することができる。

また本発明においては、コンピュータに所定の処理手順を実行させることによ り、記録媒体に記録されたィンデックスフアイルにより記録媒体に記録されたフ アイルを管理するファイル管理方法のプログラムを記録する記録媒体に適用して

、インデックスファイルは、記録媒体に記録されたファイルによる抜粋情報、記 録媒体に設定されたフォルダと対応付けられたフアイル及ぴフォルダによる抜粋 情報のプロックによるェントリの連続により形成され、エントリに設定された他 のエントリを指し示す階層情報により、ファイル、フォルダの階層構造が示され 、フォルダのエントリは、他のエントリを指し示す登録情報により、該フォルダ に属するファイルが示され、識別情報により、対応するフォルダが仮想のフオル ダか否か示され、処理手順は、ユーザーにより設定された検索の条件により、ィ ンデッタスファイルのェントリを検索してィンデッタスファイルに登録されたフ アイル又はフォルダを選択する検索の処理と、検索の処理により選択したフアイ ル又はフォルダに対応するエントリを指し示す登録情報と、検索の条件とを、仮 想のフォルダのェントリに登録する登録の処理とを有するようにする。

これにより本発明の構成によれば、インデックスファイル上の処理により、過 去の検索結果を、後日、有効に利用することができるファイル管理方法のプログ ラムを記録する記録媒体を提供することができる。

本発明によれば、インデックスファイル上の処理により、過去の検索結果を、 後日、有効に利用することができる。

図面の簡単な説明

第 1図は、本発明の実施例に係る光ディスク装置を示すプロック図である。 第 2図は、インデックスファイルを示す図表である。

第 3図は、第 2図のインデックスファイルの説明に供する図表である。

第 4図は、第 2図のインデックスファイルに係る処理手順を示すフローチヤ一 トである。

第 5図は、第 4図の続きを示すフローチャートである。

第 6図は、インデックスファイルに係るフォルダの表示例を示す平面図である 発明を実施するための最良の形態

以下、適宜図面を参照しながら本発明の実施例を詳述する。

( 1 ) 実施例の構成

( 1 - 1 ) 光ディスク装置の構成

第 1図は、本発明の実施例に係る光ディスク装置を示すプロック図である。こ の光ディスク装置 1においては、図示しない撮像手段、音声取得手段により被写 体の映像信号、音声信号を取得し、この映像信号及び音声信号による撮像結果を 光ディスク 2に記録する。またこの光ディスク 2に記録した撮像結果を再生して 液晶表示パネルによる表示手段、スピーカによる音声出力手段より出力し、また 外部機器に出力する。この光ディスク装置 1では、ユーザーの操作によるシステ ム制御マイコン 1 9の制御により、このような撮像結果を動画、静止画により取 得し、動画による撮像結果については M P E G (Moving Picture Experts Group ) のフォーマットによりデータ圧縮して所定のファイル形式により光ディスク 2 に記録し、また静止画による撮像結果については J P E G (Joint Photographic Coding Experts Group ) のフォーマツトによりデータ圧縮して所定フォーマツト により光ディスク 2に記録する。この実施例では、このファイル形式に Quick Tim e (以下、「Q T」と呼ぶ)が適用される。

これにより光ディスク装置 1において、ビデオ符号器 1 1は、撮像結果による 映像信号をアナ口グディジタル変換処理して映像データを生成し、この映像デー タを M P E G、 J P E Gのフォーマットに従って符号化処理し、これにより映像 データによる符号化データを出力する。 '

オーディオ符号器 1 2は、撮像結果による音声信号をアナログディジタル変換 処理して音声データを生成し、この音声データを符号化処理し、これにより音声 データによる符号化データを出力する。

フアイル生成器 1 5は、記録時、ビデオ符号器 1 1及ぴオーディォ符号器 1 2 から出力される符号化データを多重化処理し、システム制御マイコン 1 9の制御 により Q Tムービーファイルのデータ列を作成する。

メモリコントローラ 1 8は、システム制御マイコン 1 9の制御により動作を切 り換え、記録時、このファイル生成器 1 5から出力される Q Tムービーファイル によるデータ列、システム制御マイコン 1 9から出力される各種データをメモリ 1 7に順次記録して一時保持し、続くエラー訂正符号復号器 2 1の処理に対応 して保持したデータを出力する。また再生時、これとは逆に、エラー訂正符号ノ 復号器 2 1の出力データを一時保持し、ファイル復号器 1 6、システム制御マイ コン 1 9に出力する。

エラー訂正符号 Z復号器 2 1は、システム制御マイコン 1 9の制御により動作 を切り換え、記録時、メモリコントローラ 1 8の出力データをメモリ 2 0に一時 記録して誤り訂正符号を付加する。またこのようにしてメモリに保持したデータ を所定順序により読み出して出力することにより、これらのデータをィンターリ ーブ処理してデータ変復調器 2 3に出力する。またエラー訂正符号 Z復号器 2 1 は、再生時、記録時とは逆に、データ変復調器 2 3から出力されるデータを所定 順序によりメモリ 2 0に一時記録してメモリコントローラ 1 8に出力することに より、このデータ変復調器 2 3から出力されるデータをディンターリーブ処理し て出力する。またこのとき、記録時に付加した誤り訂正符号により誤り訂正処理 する。

データ変復調器 2 3は、システム制御マイコン 1 9の制御により動作を切り換 え、記録時、エラー訂正符号/復号器 2 1の出力データをシリアルデータ列に変 換した後、変調処理して磁界変調ドライバ 2 4又は光ピックアップ 3 3に出力す る。また再生時、光ピックアップ 3 3から出力される再生信号からクロックを再 生し、このクロックを基準にして再生信号を 2値識別、復調処理することにより 、記録時に生成したシリアルデータ列に対応する再生データを得、この再生デー タをエラー訂正符号 Z復号器 2 1に出力する。

磁界変調ドライバ 2 4は、光ディスク 2が光磁気ディスクの場合に、記録時、 システム制御マイコン 1 9の制御により、データ変復調器 2 3の出力信号により 磁界へッド 3 2を駆動する。ここで磁界へッド 3 2は、光ディスク 2を間に挟ん で光ピックアップ 3 3に対向するように保持され、光ピックアップ 3 3によるレ 一ザ一ビーム照射位置にデータ変復調器 2 3の出力データに応じた変調磁界を印 加する。これによりこの光ディスク装置 1では、光ディスク 2が光磁気ディスク の場合、熱磁気記録の手法により光ディスク 2に Q Tムービーファイル等を記録 する。

ここで光ディスク 2は、ディスク状記録媒体であり、この実施例では、光磁気 ディスク(MO : Magneto-Optical Disk) 、相変化型ディスク等の書き換え可能 な光ディスクである。スピンドルモータ 3 1は、この光ディスク 2をサーボ回路 3 0の制御により、光ディスク 2に応じて線速度一定(C L V : Constant Linear Velocity) 、角速度一定(C AV、 Constant Angular Velocity) 、ゾーン C L V ( Z C L V : Zone Constant Linear Velocity ) 等の条件により光ディスク 2 を回転駆動する。

サーボ回路 3 0は、光ピックアップ 3 3から出力される各種信号に基づいて、 スピンドルモータ 3 1の動作を制御し、これによりスピンドル制御の処理を実行 する。またサーポ回路 3 0は、同様にして光ピックアップ 3 3をトラッキング制 御、フォーカス制御し、また光ピックアップ 3 3、磁界ヘッド 3 2をシークさせ 、さらにはフォーカスサーチ等の処理を実行する。

ドライブ制御マイコン 2 2は、システム制御マイコン 1 9の指示により、これ らサーボ回路 3 0におけるシーク等の動作を制御する。

光ピックアップ 3 3は、光ディスク 2にレーザービームを照射してその戻り光 を所定の受光素子により受光し、受光結果を演算処理することにより、各種制御 用の信号を生成して出力し、また光ディスク 2に形成されたピット列、マーク列 に応じて信号レベルが変化する再生信号を出力する。また光ピックアップ 3 3は 、システム制御マイコン 1 9の制御により動作を切り換え、光ディスク 2が光磁 気ディスクの場合、記.録時、光ディスク 2に照射するレーザービームの光量を間 欠的に立ち上げる。これによりこの光ディスク装置 1では、いわゆるパルストレ イン方式により光ディスク 2に Q Tムービーファイル等を記録する。また光ピッ クアップ 3 3は、光ディスク 2が相変化型ディスク等の場合、データ変復調器 2 3の出力データに応じて光ディスク 2に照射するレーザービームの光量を再生時 の光量から書き込み時の光量に立ち上げ、これにより熱記録の手法を適用して光 ディスク 2に Q Tムービーファイル等を記録する。

これらによりこの光ディスク装置 1では、撮像結果による映像信号及び音声信 号をビデオ符号器 1 1、オーディオ符号器 1 2によりデータ圧縮してエレメンタ リストリームに変換した後、ファイル生成器 1 5により Q Tムービーファイルに 変換し、メモリコントローラ 1 8、エラー訂正符号ノ復号器 2 1、データ変復調 器 2 3を順次介して、光ピックアップ 3 3により、又は光ピックアップ 3 3及び 磁界へッド 3 2によりこの Q Tムービーファイルのデータ、ィンデックスフアイ ルのデータ等を光ディスク 2に記録する。ここでインデックスファイルは、光デ イスク 2に記録した Q Tムービーファィルを管理対象ファィルに設定したィンデ ックス用のファイルであり、詳細については後述する。

また光ディスク装置 1では、光ピックアップ 3 3より得られる再生信号をデー タ変復調器 2 3により処理して再生データを得、この再生データをエラー訂正符 号/復号器 2 1で処理して、光ディスク 2に記録した Q Tムービーファイル、ィ ンデックスフアイル等を再生し、これら Q Tムービーファイル、ィンデックスフ アイル等をメモリコントローラ 1 8から出力する。

ファイル復号器 1 6は、メモリコントローラ 1 8から出力される Q Tムービー ファイルのデータを入力し、このデータを映像データ及び音声データの符号化デ ータに分解して出力する。ビデオ復号器 1 3は、この映像データの符号化データ をデータ伸長して図示しない表示手段、外部機器に出力する。オーディオ復号器 1 4は、ファイル復号器 1 6から出力される音声データの符号化データをデータ 伸長して、図示しない音声出力手段、外部機器に出力する。これによりこの光デ イスク装置 1では、光ディスク 2から再生した撮像結果をモニタし得るように出 力する。

なお、光ディスク装置 1は、コンピュータ等の外部機器を接続するインターフ エースを有し、これにより撮像結果に代えてコンピュータの出力データを光ディ スク 2に記録し、また光ディスク 2に記録したファイルを再生してコンピュータ で処理できるようになされている。

操作部 2 6は、この光ディスク装置 1の各種操作子、液晶表示パネルに配置さ れたタツチパネルにより構成され、ユーザーによる各種操作をシステム制御マイ コン 1 9に通知する。

システム制御マイコン 1 9は、この光ディスク装置 1全体の動作を制御するコ ンピュータであり、図示しないメモリに記録された所定の処理プログラムの実行 により、光ディスク 2の装填が検出されると、光ピックアップ 3 3を光ディスク 2の最内周にシークさせ、光ディスク 2に係るファイル管理システムの管理情報 を再生する。さらにシステム制御マイコン 1 9は、この再生した管理情報をメモ リコントローラ 1 8から取得し、内蔵のメモリに保持する。これによりシステム 制御マイコン 1 9は、光ディスク 2に記録された各ファイルのアドレス、空き領 域を検出する。

このシステム制御マイコン 1 9に係る処理プログラムは、事前のインストール により提供されるものの、これに代えてネットワークを介してダウンロードして インストールするようにしてもよく、また記録媒体により再生してインストール するようにしてもよい。ちなみに、このような記録媒体においては、光ディスク 、磁気テープ、メモリカード等、種々の記録媒体を広く適用することができる。 またシステム制御マイコン 1 9は、このようにして取得した管理情報を検索し て、光ディスク 2にインデックスファイルが記録されている場合、このインデッ クスファイルの記録位置に光ピックアップ 3 3をシークさせ、このインデックス ファイルを再生する。またメモリコントローラ 1 8よりこの再生したィンデック スファイルを取得し、内蔵のメモリに記録して保持する。これによりこの実施例 では、このインデックスフアイルを利用して光ディスク 2に記録されたファイル の処理に関して全体の操作性を向上する。

すなわちシステム制御マイコン 1 9は、ユーザーの操作に応動して、このイン デッタスファイルによりモニタ用の液晶表示パネルにサムネィル画像等を表示す ることにより光ディスク 2に記録された Q Tムービーファイルの内容を紹介し、 またこの紹介によりユーザーによるファイルの選択を受け付け、対応する管理情 報によりこのユーザーにより選択されたファイルを再生するように全体の動作を 制御する。

またユーザーによる撮像結果の記録が指示されると、管理情報により空き領域 を検出して光ピックアップ 3 3をこの空き領域にシークさせ、順次得られる撮像 結果を光ディスク 2に記録する。またこの撮像結果の記録による Q Tムービーフ アイルの記録に対応するように、メモリに保持した管理情報を更新し、光デイス ク 2の排出時等において、この更新した管理情報により光ディスク 2の管理情報 を更新する。なおこの管理情報の更新においては、メモリに保持して更新した管 理情報をメモリコントローラ 1 8を介してエラー訂正符号 Z復号器 2 1に出力す ることにより実行される。

これらの処理において、システム制御マイコン 1 9は、記録に供する Q Tムー ビーファイルの生成に必要な各種の情報をファイル生成器 1 5に出力する。また ファイル生成器 1 5を介してィンデックスファイルの生成に必要な情報を取得し 、この取得した情報とファイル生成器 1 5に出力した情報等とにより、新たに光 ディスク 2に記録する Q Tムービーファイルについて、メモリに保持したインデ ックスファイルを更新し、管理情報における更新処理と同様にして、このように して更新してメモリに保持したィンデックスフアイルにより光ディスク 2に記録

またユーザーにより光ディスク 2に記録されたファイルの編集が指示されると 、この編集の処理に対応するように、記録時と同様にして、メモリに保持したィ ンデックスファイル、管理情報を更新し、このメモリに保持したインデックスフ アイル、管理情報により光ディスク 2のインデックスファイル、管理情報を更新 する。

このようにして撮像結果による映像信号及ぴ音声信号を光ディスク 2に記録す る光ディスク装置 1においては、 Q Tムービーファイルを外部参照形式により記 録する。すなわち光ディスク装置 1においては、映像信号及び音声信号によりそ れぞれ映像ファイル、音声ファイルを光ディスク 2に記録し、またこれら映像フ アイル及ぴ音声ファイルを管理するリソースファイルを光ディスク 2に記録し、 これによりこれら映像ファイル、音声ファイル、リソースファイルによる Q Tム 一ビーファイルを光ディスク 2に記録する。

インデックスファイルは、 Q Tムービーファイル等の光ディスク 2に記録され る各種ファイルと同様に、光ディスク 2のファイル管理システムにより、記録位 置のアドレス、ファイル名、ファイル長等の再生に必要な情報が管理されるファ ィルであり、光ディスク 2に記録された管理対象である Q Tムービーファイルの 内容を紹介する情報等により構成される。これによりこの光ディスク装置 1では 、このィンデッタスファイルにより光ディスク 2に記録された Q Tムービーファ ィルを選択し、この選択したファイルをフアイル管理システムに基づいて光ディ スク 2から再生することにより、光ディスク 2に多数の Q Tムービーファイルが 記録されている場合でも、所望するファイルを迅速かつ正確に選択し、その分、 操作性を向上する。

この実施例において、インデックスファイルは、光ディスク 2に記録された Q Tムービーファイルの内容を紹介する情報に、 Q Tムービーフアイル等に係る情 報を抜粋した情報(以下、抜粋情報と呼ぶ)等が割り当てられ、この抜粋情報の プロックによるェントリの連続により形成され、これにより各 Q Tムービーファ ィルの内容を簡易かつ迅速に把握できるようになされている。

インデックスフアイルは、この抜粋情報によるデータ群がその属性毎に分類さ れてグループ化され、光ディスク 2に記録する Q Tムービーファイルと同一のフ アイル構造により作成され、これにより Q Tムービーファイルを作成する光ディ スク装置 1の構成を利用して作成し、また処理し得、その分、光ディスク装置 1 では構成を簡略ィヒし得るようになされている。

具体的にィンデックスフアイルは、 Q Tムービーファィルの構成に対応して第 2図に示すように、実データに係る抜粋情報がグループ化されてテキストェント リファイル E l、サムネイル画像エントリファイル E 2、プロパティエントリフ アイル E 3に割り当てられ、これらエントリファイル E 1〜E 3と、これらェン トリファイル E 1〜E 3の管理情報によるリソースファイル(図示せず)とによ り構成される。

ここでリソースファイルは、各ェントリファイルにおけるスロットの開始位置 等の管理情報が、このィンデックスファイルの属性情報等と共に記録される。 これに対して各エントリファイル E 1〜E 3は、それぞれ先頭に、各エントリ ファイル E 1〜E 3の属性等を示すヘッダ T X H、 T HH、 P Hが設けられ、続 いて固定長のスロットによるェントリが連続するように形成される。

ここでテキストェントリファイル E 1は、ディスクタイトル、各管理対象ファ ィル等に係るタイトルの文字列を示すデータが順次スロットに割り当てられて、 これらタイトルのデータによるエントリの連続により形成される。これに対して サムネイル画像エントリファイル E 2は、ディスクタイトル、各管理対象フアイ ルの内容を示す静止画像によるサムネイル画像が順次スロットに割り当てられて 、これらサムネイル画像によるエントリの連続により構成される。

これらテキストェントリファイル E 1、サムネイル画像ェントリファイル E 2 は、各スロットが固定長により形成され、これにより管理対象ファイルより得ら れる対応する抜粋情報のデータ量に応じて、 1つの管理対象ファイルに対して 1 個又は複数個のスロットが割り当てられる。また管理対象ファイルの種類によつ ては、抜粋情報の種類が異なることにより、管理対象によっては、何らエントリ が設けられない場合もある。

これに対してプロパティエントリファイル E 3は、ディスクタイトル、各管理 対象ファイルの属性を示すデータが割り当てられ、これらディスクタイトル、各 管理対象ファイルに設定されたバイナリーデータによる抜粋情報がェントリの管 理情報と共に順次スロットに割り当てられて、これら抜粋情報によるェントリの 連続により形成される。プロパティエントリファイル E 3は、テキストエントリ ファイル E l、サムネイル画像エントリファイル E 2と同様に、各スロットが固 定長により形成される。またプロパティエントリファイル E 3は、管理対象ファ ィルの種類が種々に異なる場合であっても必ず設けられ、さらにテキストェント リファイル E l、サムネイル画像エントリファイル E 2に設けられたエントリに 対応するように各管理対象ファイルのェントリが設定される。

これによりプロパティエントリファイル E 3は、テキストエントリファイル E 1、サムネイル画像ェントリファイル E 2に何らェントリが設けられていない場 合には、対応する抜粋情報のデータ量に応じて 1個又は複数個のスロットに 1つ の管理対象ファイルの抜粋情報が割り当てられるのに対し、例えばテキストェン トリファイル E 1及ぴ又はサムネイル画像ェントリファイル E 2において、 1つ の管理対象ファイルに対して複数のェントリが設定されている場合、抜粋情報の データ量の多少にかかわらず、少なくともこの複数個の分は、この管理対象ファ ィルに対してエントリが設けられる。インデックスファイルにおいては、このよ うに実データの部分を固定長により構成することにより、記録媒体の無駄な消費 を低減し、また記録媒体に対するァクセス回数を低減して処理時間を短くするこ とができるようになされている。

( 1 - 3 ) プロパティエントリファイルによる管理

プロパティエントリファイル E 3は、各エントリに、他のエントリとの関係を 示すェントリの管理情報として、対応する他のェントリファイルのェントリを特 定する管理情報(第 2図において、矢印により示す関連を示す情報である)が設 定され、また複数個のスロットによるエントリにあっては、順次続くエントリを 特定する拡張スロットに係る管理情報が設定される。これによりインデックスフ アイルは、このプロパティエントリファイル E 3に設定された他のエントリとの 関係を示す管理情報により、 1つの管理対象ファイルの抜粋情報を記録した複数 のスロットを特定する。またプロパティエントリファイル E 3には、対応する管 理対象ファイルを特定する情報が設定され、これによりこのインデックスフアイ ルに記録された抜粋情報による管理対象フアイルを特定する。

またプロパティエントリファイル E 3は、それぞれエントリに登録された抜粋 情報の有効無効を示す有効無効情報による管理情報が設定される。これによりィ ンデッタスファイルは、このプロパティエントリに設けられた有効無効情報の設 定だけで、プロパティエントリファイノレ E 3、他のエントリファイル E 1、 E 2 の対応するェントリをまとめて無効に設定して、管理対象ファイルのインデック スファイルへの登録を削除する。

インデックスファイルは、記録媒体上に実在するファイルだけでなく、記録媒 体のファイル管理システムによる実在のフォルダ、仮想のフォルダについても、 記録媒体に記録されたファイルと同様に、各エントリファイルに登録でき、各プ ロパティエントリにおいて、このようなフォルダを登録したプロパティエントリ に対する階層構造を定義することができる。これによりインデックスファイルは 、光ディスク 2に設定されている実在する階層構造によるフォルダ構造により、 さらにはこのィンデックスフアイルにおいて設定された仮想の階層構造によるフ オルダ構造により、光ディスク 2に記録されたファイルを管理する。

すなわち第 3図に示すように、プロパティエントリファイル E 3は、記録媒体 上において、ルートフォルダの下に第 1のオリジナルフォルダ、第 2のオリジナ ルフォルダが形成されている場合、これらルートフォルダ、第 1及び第 2のオリ ジナルフオルダに対応して、ルートフォルダのエントリ # 0、第 1のオリジナル フォルダのェントリ # 1、第 2のオリジナルフォルダのェントリ # 2が登録され る。またこれらのエントリ # 0〜# 2にこれらのフォルダの階層構造を定義する 管理情報(以下階層情報と呼ぶ)が記録される。

また第 1のオリジナルフォルダの下に第 1〜第 3のコンテンツファイルが記録 され、第 2のオリジナルフォルダの下に第 4〜第 8のコンテンツファイルが記録 されている場合、これらのコンテンツファイルに対応するェントリ # 3〜# 1 0 が登録され、さらにこれらコンテンツファイルのエントリ # 3〜# 1 0、これら のコンテンツファイルが属する第 1及び第 2のオリジナルフォルダのェントリ # 1、 # 2に、オリジナルフォルダと各コンテンツファイルとの階層構造を定義す る階層情報が記録される。

これによりこの実施例においては、システム制御マイコン 1 9は、ユーザーに より指示されたフォルダを作成し、またユーザーにより指示されたフォルダに撮 像結果に係るファイルを記録し、これらフォルダの作成、ファイルの記録に対応 するようにインデックスファイルにェントリを登録する。

このようなオリジナルの階層構造に係るインデックスファイルのエントリに対 して、この実施例においては、ィンデックスフアイルにより、ルートフォルダの 下に第 1及ぴ第 2のフェイバリットフォルダが仮想的に定義される。このためプ ロパティエントリファイル E 3においては、第 1及ぴ第 2のフェイバリットフォ ルダに対応するエントリ # 1 1、 # 1 2が登録される。ここでこれらのエントリ # 1 1、 # 1 2は、仮想的なフォルダに係るエントリであることがプロパテイエ ントリに設けられたフラグの設定により定義される。またルートフォルダと、こ れら第 1及び第 2のフェイバリットフオルダとの間の階層構造を定義する階層情 報が第 1及び第 2のフェイバリットフォルダのエントリ # 1 1、 # 1 2、上位の フォルダに係るェントリ # 0に設定される。

さらに第 1及び第 2のフェイパリットフオルダのェントリ # 1 1、 # 1 2には 、ユーザーによる操作に応動して、第 3図において矢印により示すように、それ ぞれこれら第 1及び第 2のフヱイバリットフオルダにユーザーが登録したフアイ ルのエントリ # 3〜# 5、 # 8、 # 9を指し示す管理情報(以下、登録情報と呼 ぶ)が記録される。しかしてこの第 3図に示す例では第 1のフェイバリットフォ ルダに第 2、第 3、第 6のコンテンツファイルが登録され、また第 2のフェイバ リットフォルダに第 1、第 3、第 7のコンテンツファイルが登録されている場合 を示すものである。

これによりシステム制御マイコン 1 9は、サムネイル画像による表示により、 さらにはタイトルの表示により、ユーザーがファィルを選択してお気に入りへの 登録を指示すると、必要に応じてこのようなフェイバリットフオルダのェントリ をプロパティエントリファイル E 3に登録し、またユーザーにより指示されたフ アイルのェントリを指し示す登録情報をこのェントリに設定する。これによりこ の光ディスク装置 1では、仮想的なフォルダ構造によりユーザーによるファイル 操作を一段と簡略化できるようになされている。

具体的に、この実施例において、各エントリファイル E 1〜E 3には、各ェン トリを識別する識別情報が割り当てられ、プロパティエントリファイル E 3には 、階層情報、登録情報に、この識別情報が割り当てられる。しかしてこの実施例 においては、各エントリファイルにおいて、先頭のスロット側より順次、値が歩 進するェントリ番号がこの識別情報に割り当てられる。これによりこの第 3図の 例では、第 1のフェイバリットフォルダに係るエントリには、他のエントリを指 し示す登録情報として、コンテンツファイルに係るエントリ # 4、 # 5、 # 8に 設定されたエントリ番号が登録される。

さらにこの実施例においては、このフェイパリットフオルダと同様の仮想のフ オルダにより、検索結果をまとめる検索結果のフォルダがルートフォルダの下に 形成される。このためプロパティエントリファイル E 3には、フェイバリットフ オルダと同様に、この検索結果をまとめるフォルダに係るエントリ # 1 3が登録 され、このェントリに係るテキストェントリファイル E 1に検索結果のタイトル が登録され、ルートフォルダとこの検索結果のフォルダとの間の階層構造を定義 する階層情報が検索結果のフォルダに係るェントリ # 1 3、上位のフォルダに係 るェントリ # 0に設定される。

これによりこの実施例においては、インデックスファイル上で、検索結果をま とめるフォルダが仮想的に設けられ、このフォルダに種々の検索結果を記録でき るようになされている。

インデックスファイルには、この検索結果のフォルダの下に、ユーザーにより 指示された個々の検索結果を格納する仮想のフォルダに係るェントリ # 1 4、 # 1 5が形成され、このフォルダに係るエントリ # 1 4、 # 1 5により検索結果を 記録して保持し、このエントリにより記録された過去の検索結果を、後日、有効 に利用する。

しかしてこの個々の検索結果に係るエントリ # 1 4、 # 1 5には、プロパティ ェントリに設けられたフラグの設定により検索結果に係るェントリであることが 定義され、また上位の検索結果をまとめるフォルダのエントリ # 1 3を指し示す 階層情報にエントリ # 1 3のエントリ番号が登録される。またこれに対応して上 位の検索結果をまとめるフォルダのエントリ # 1 3においても、これら下位階層 のエントリ # 1 4、 # 1 5を指し示す階層情報にエントリ # 1 4、 # 1 5のェン トリ番号が登録される。これによりこの実施例では、このような個々の検索結果 についても、他のファイルに係る階層構造によりユーザーに提供でき、その分、 使い勝手を向上するようになされている。また上位階層側からも下位階層側から もこのようにして定義された階層構造を迅速に把握できるようになされている。 またこれら個々の検索結果に係るエントリ # 1 4、 # 1 5は、フェイバリット フォルダのエントリ # 1 1、 # 1 2においてフェイバリットフォルダに属するフ アイルを登録したと同様にして、検索結果によるファイルが記録される。すなわ ち例えば検索結果のエントリ # 1 4に対応する検索の処理において、第 1、第 3 のコンテンツファイルが検出された場合、破線による矢印により示すように、こ れら第 1、第 3のコンテンツファイルに対応するエントリ # 3、 # 5を指し示す ように、これらエントリ # 3、 # 5のエントリ番号が登録情報に設定される。こ れによりこの実施例では、フヱイバリットフォルダによる場合と同様に、あたか もこの個々の検索結果のフォルダに、検索結果のファイルを配置したと同様の操 作性を確保する。

またこれに対応してこれらのェントリ # 1 4、 # 1 5に対応するテキストェン トリファイル E 1のエントリには、個々の検索結果を識別可能に、この個々の検 索結果に係るフォルダのタイトル名が登録され、さらに検索に供した検索条件が 登録される。しかして第 3図の例では、検索結果の名称に、順次、歩進する数字 を付加して「検索結果 1」、「検索結果 2」によりタイトル名が示されている。 これに対して検索条件にあっては、例えば検索に供したキーワード等が登録され る。

プロパティエントリファイル E 3には、このような管理情報に加えて、対応す るファイル、フォルダの作成日時、更新日時、管理対象ファイルの種類等の、管 理対象に係る属性情報が割り当てられ、この属性情報により記録媒体に記録され た管理対象ファイルを検索できるようになされている。

( 1 - 4 ) 検索処理に係るシステム制御マイコン 1 9の処理

このようなインデックスフアイルに係る設定に基づいて、システム制御マイコ ン 1 9は、ユーザーによる操作に応動してインデックスファイル上で検索等の処 理を実行する。

ここで第 4図及び第 5図は、この検索処理等に係るシステム制御マイコン 1 9 の処理手順を示すフローチャートである。システム制御マイコン 1 9は、ユーザ 一による操作部 2 6の操作が検出されると、ステップ S P 1からステップ S P 2 に移り、ここでユーザーによる操作を解釈する。また続くステップ S P 3におい て、このステップ S P 2により解釈されたユーザーによる操作が検索の処理を指 示するものか否か判断する。

ここで肯定結果が得られると、システム制御マイコン 1 9は、ステップ S P 3 からステップ S P 4 (第 5図)に移り、表示部に所定の入力画面を表示し、 'この 入力画面を介して検索の条件を受け付ける。ここで検索の条件にあっては、テキ ストェントリファイル E 1に設定されたタイトルに係るキーヮード検索の条件、 記録日時、管理対象ファイルの種類(静止画、動画の種類)、過去の検索結果等 である。

この入力画面により検索条件の入力を受け付けると、システム制御マイコン 1 9は、ステップ S P 5に移り、ユーザーの入力した検索条件が、インデックスフ アイルの個々の検索結果のェントリに既に登録されている検索条件と一致するか P T/JP2004/013288

否か判断する。

ここで肯定結果が得られると、システム制御マイコン 1 9は、ステップ S P 5 からステップ S P 6に移り、この検索条件に一致する個々の検索結果のフォルダ に係るエントリに登録された検索結果のファイルを一覧表示する。具体的に、シ ステム制御マイコン 1 9は、フェイバリットフォルダに登録されたファイルを一 覧表示する場合と同様に、この検索結果に係るェントリに登録された登録情報に より指し示されるエントリを順次検出し、ユーザーによりサムネイル画像による 表示が指示されている場合、このェントリに係るサムネイル画像ェントリより、 検索結果に係るファイルのサムネイル画像を表示する。またユーザーによりタイ トルによる表示が指示されている場合、このエントリに係るテキストエントリに より検索結果に係るファイルのタイトルを一覧表示する。

これによりシステム制御マイコン 1 9は、インデックスファイルに記録された 検索結果と同一の検索条件によりインデックスフアイルに登録されたファイルを 検索する場合、インデックスフアイルに記録されたこの検索条件による過去の検 索結果をユーザーに提供し、その分、過去の検索結果を有効に利用して処理を簡 略化する。

しかしてこのようにして検索結果をュ一ザ一に提供すると、システム制御マイ コン 1 9は、ステップ S P 7に移り、このエントリに係る更新日時を現在日時に 更新した後、ステップ S P 8 (第 4図)に移ってこの処理手順を終了する。

これに対してステップ S P 5 (第 5図)で否定結果が得られると、システム制 御マイコン 1 9は、ステップ S P 5からステップ S P 9に移る。ここでシステム 制御マイコン 1 9は、過去の検索結果を利用可能か否か判断する。具体的に、シ ステム制御マイコン 1 9は、ステップ S P 4でユーザーの入力した検索条件と、 ィンデックスファイルの個々の検索結果のェントリに既に登録されている検索条 件とを比較し、インデックスファイルに既に登録されている検索条件よりステツ プ S P 4でユーザーの入力した検索条件の範囲が狭い場合、過去の検索結果を利 用可能と判断する。なおこのように過去の検索結果を利用可能な場合にあっては 、例えばィンデックスフアイルに登録された過去の検索条件が特定の日付けによ り記録されたファイルを検索する条件であるのに対し、ステップ S P 4で入力し たユーザーによる検索の条件がこの特定の日付けにより記録された動画ファィル を検索する場合等が該当する。またシステム制御マイコン 1 9は、ステップ S P 2におけるユーザーによる検索条件の入力において、ユーザーが検索の範囲を指 定し、この指定した範囲が個々の検索結果に係る仮想のフォルダの場合、この場 合も、過去の検索結果を利用可能と判断する。

このようにして過去の検索結果を利用可能と判断すると、システム制御マイコ ン 1 9は、ステップ S P 9からステップ S P 1 0に移り、ここでこの過去の検索 結果を利用してユーザーにより設定された検索条件に合致するフアイルを検索す る。具体的に、システム制御マイコン 1 9は、この過去の検索結果に係る個々の 検索結果のエントリに設定された登録情報を検出した後、この登録情報により指 し示されるェントリを検出し、これにより過去の検索結果を利用して検索対象を 絞り込む。またこのようにして絞り込んだエントリについて、このエントリの記 録を検索の条件により判定することにより、検索条件に合致するフアイルを検索 する。

システム制御マイコン 1 9は、このようにして検索条件によりファイルを検索 すると、ステップ S P 1 0からステップ S P 1 1に移り、ここで検索結果による ファイルを一覧表示する。この表示において、システム制御マイコン 1 9は、ス テツプ S P 6について上述したと同様に、ユーザーによる指示に応動してサムネ ィル画像により、またタイトルにより、検索結果によるファイルの一覧を表示す る。

続いてシステム制御マイコン 1 9は、ステップ S P 1 2に移り、ここで検索結 果をまとめるフォルダの下に、この検索の処理に対応する個々の検索結果のフォ ルダを作成するように、ィンデッタスファイルに個々の検索結果に係るェントリ を登録する。またこのエントリの登録情報に検索結果に係るファイルのェントリ 番号を順次登録し、さらにテキストエントリファイルに検索条件を記録する。こ の処理において、システム制御マイコン 1 9は、ユーザーにより検索範囲が指示 され、この検索範囲の指示がィンデックスフアイルに記録された過去の検索結果 に係るものである場合、第 6図に示すように、この過去の検索結果に係る個々の 検索結果のフォルダの下に、この検索に係る個々の検索結果のフォルダを作成す る。

しかして第 6図に示す上半分の例においては、始めに撮影日時により検索条件 の設定により 2 0 0 3年 9月の撮影に係る 1 2本のムービーが検索され、この 1 2本のムービーに係る個々の検索結果フォルダが、撮影年月による 2 0 0 3— 9 をフォルダ名に設定した仮想のフォルダに登録され、その後、このフォルダ名「 2 0 0 3— 9」のフォルダを検索範囲に指定して 9月 1 4、 1 5日の撮影結果と 、 9月 2 3日の撮影結果とがそれぞれ検索きれた場合である。また第 6図に示す 下半分の例においては、日付けの指定により最近行つた検索によるフアイルを検 索してフォルダ名「最近行った検索」による検索結果のフォルダが作成された後 、このフォルダ名「最近行った検索」によるフォルダを検索範囲に設定して、撮 影年と静止画とによる検索条件、 5分以上の動画による検索条件によりそれぞれ 検索の処理が実行された場合である。これによりこの光ディスク装置 1では、過 去の検索結果を有効に利用して検索範囲を絞り込み、その分、処理に要する負担 を軽減する。

さらにシステム制御マイコン 1 9は、このようにして検索結果に係る個々の検 索結果のフォルダを登録する際に、この個々の検索結果のフオルダ数が事前に設 定された所定個数以上となる場合、この検索結果のフォルダに設定されている更 新日時の記録に基づいて、最も更新日時が古いフォルダを削除し、この削除した フォルダに代えて新たな検索結果のフォルダを記録する。これによりこの実施例 では、このような検索結果に係る記録を不必要に保持しないようにし、その分、 インデックスフアイルのデータ量の増大を防止し、記録媒体の領域を有効利用す る。なおシステム制御マイコン 1 9は、このような検索結果のフォルダを記録す る際に、ユーザーによる指示により、フォルダ名の設定を受け付ける。

しかしてこの場合、システム制御マイコン 1 9は、ステップ S P 1 2において 検索結果をインデックスファイルに登録すると、ステップ S P 8に移ってこの処 理手順を終了する。

これに対してこのように過去の検索結果を利用できない場合、ステップ S P 9 で否定結果が得られることにより、システム制御マイコン 1 9は、ステップ S P 9からステップ S P 1 3に移る。ここでシステム制御マイコン 1 9は、インデッ タスファイルのェントリの記録をユーザーにより設定された検索条件により順次 判定し、これにより検索条件に合致するファイルをインデックスフアイルの各ェ ントリの記録より検出する。また全てのェントリについてこの判定の処理を完了 すると、ステップ S P 1 1に移り、検索結果を一覧表示した後、ステップ S P 1 2に移って検索結果を記録し、ステップ S P 8に移ってこの処理手順を終了する

これらの処理によりこの光ディスク装置 1では、ィンデックスファイル上で検 索の処理を実行して所望するファイルを簡易かつ迅速に検出する。またこのイン デックスフアイル上での検索の処理に、過去の検索結果を利用して一段と検索の 処理を簡略化する。

これに対してユーザーによる操作が検索の指示以外の場合、システム制御マイ コン 1 9は、ステップ S P 3で否定結果が得られることにより、ステップ S P 3 からステップ S P 1 4に移る。ここでシステム制御マイコン 1 9は、ユーザーに よる指示が閲覧の処理を指示するものか否か判断し、ここで肯定結果が得られる と、ステップ S P 1 4からステップ S P 1 5に移り、光ディスク 2に記録された ファイルを一覧表示する。この表示において、システム制御マイコン 1 9は、ィ ンデッタスファイルに登録された階層構造によりフォルダを表示し、ユーザーに よるフォルダの指示により、このフォルダに割り当てられたファイルをサムネィ ル画像又はタイトルにより表示する。また併せてフェイバリットフオルダ、検索 結果のフォルダを表示し、またこれらのフォルダのユーザーによる選択により、 各フォルダに割り当てられているファイルをサムネイル画像又はタイトルにより 表示する。しかして第 6図に示す例では、フォルダ名「2 0 0 2年に撮った写真

」による検索結果のフォルダにフォーカスが設定されている状態であり、この状 態でユーザーが決定等の操作子を操作することにより、このフォルダに属するフ アイルが表示されることになる。

しかしてシステム制御マイコン 1 9は、このようにしてフォルダ等を表示する と、ステップ S P 8に移ってこの処理手順を終了する。

これに対してステップ S P 1 4で否定結果が得られると、システム制御マイコ ン 1 9は、ステップ S P 1 4からステップ S P 1 6に移り、ユーザーによる操作 力 撮像結果の記録であるコンテンツの登録、又は撮像結果の削除であるコンテ ンッの削除に係る処理を指示するものか否か判断し、ここで肯定結果が得られる と、ステップ S P 1 6からステップ S P 1 7に移り、撮像結果の記録に対応して インデックスファイルにこの撮像結果に係るファイルを登録し、又は撮像結果の 削除に対応してインデックスファイルに登録された対応するェントリを削除し、 ステップ S P 8に移ってこの処理手順を終了する。

これに対してステップ S P 1 6で否定結果が得られると、ステップ S P 1 6力 らステップ S P 1 8に移り、ユーザーによる操作に対応する処理を実行した後、 ステップ S P 8に移ってこの処理手順を終了する。

( 2 ) 実施例の動作

以上の構成において、この光ディスク装置 1では(第 1図)、撮像手段、音声 取得手段で取得した映像データ、音声データがそれぞれビデオ符号器 1 1、ォー ディォ符号器 1 2でエンコードされた後、ファイル生成器 1 5により Q Tムービ 一ファイルのデータストリームに変換され、メモリコントローラ 1 8、エラー訂 正符号ノ復号器 2 1、データ変復調器 2 3、· 磁界変調ドライバ 2 4、光ピックァ ップ 3 3による記録系を介して光ディスク 2に記録される。これによりこの光デ イスク装置 1では、撮像結果が Q Tムービーファイルにより光ディスク 2に記録 される。またこの光ディスク 2のファイルの記録に対応するように、システム制 御マイコン 1 9の出力データがこの光ディスク装置 1の記録系に出力され、これ により光ディスク 2のファイル管理システムに係る管理情報がこの Q Tムービー フアイルの記録に対応するように更新される。

またこのようにして記録した Q Tムービーファイルにおいては、ファイル管理 システムによる管理情報に基づいて光ピックアップ 3 3、データ変復調器 2 3、 エラー訂正符号/復号器 2 1、メモリコントローラ 1 8を介して順次再生され、 ファイル復号器 1 6により映像データ及ぴ音声データのエレメンタリストリーム に復調された後、それぞれビデオ復号器 1 3、オーディオ復号器 1 4によりデコ ードされて出力される。

この光ディスク装置 1では、このような Q Tムービーファイルの記録時、ファ ィル生成器 1 5よりサムネイル画像用のデータがシステム制御マイコン 1 9で取 得され、またこのファイルの記録に前後したユーザーの入力等によりタイトルの データがシステム制御マイコン 1 9で取得される。またファイル管理システムに 係るファイル名等の情報が取得され、これらにより光ディスク 2に記録する Q T ムービーファイルの抜粋情報がシステム制御マイコン 1 9で収拾される。光ディ スク装置 1では、光ディスク 2のファイル管理システムに係る管理情報と同様に 、システム制御マイコン 1 9に内蔵のメモリにおいて、このようにして取得した 抜粋情報によりインデックスフアイルが生成され、このィンデックスフアイルが Q Tファイルと同様に光ディスク 2に記録される。またこのインデックスフアイ ルの記録に対応するようにファイル管理システムの管理情報が更新される。

このようなシステム制御マイコン 1 9におけるィンデッタスファイルの生成処 理においては、抜粋情報が属性毎に分類され、各属性毎に、 Q Tムービーフアイ ルの記録に対応するようにサムネイル画像ェントリファイル、テキストェントリ ファイル(第 2図)が形成される。また各エントリの属性を示す情報、各ェント リ間の関係を示す情報等がプロパティエントリファイルに設定される。また光デ イスク 2に記録したファイルの処理に対応してこれらェントリ間の関係を示す情 報等が更新され、これらによりインデックスファイルがメモリ上で構成され、こ のィンデックスフアイルが光デイスク 2に記録される。

これによりこの光ディスク装置 1では、このィンデックスファイルにより光デ イスク 2に記録された各種ファイルのユーザーによる操作性が向上される。すな わちインデックスファイルに登録されたタイトルにより、又はサムネイル画像に より、光ディスク 2に記録されたファイルを表示し、この表示によるユーザーの 選択に応動して対応するファイルを再生することにより、光ディスク 2に多数の ファイルが記録されている場合でも、ユーザーにおいては、所望するファイルを 簡易かつ確実に選択することができ、これによりユーザーによる操作性が向上さ れる。

またインデックスファイルにおけるフォルダの設定により、さらにこれらフォ ルダによる階層構造の定義により、光ディスク 2に記録された多数のファイルを オリジナルのフォルダによる階層構造によりユーザーに提供することができ、こ れによってもユーザーによる操作性を向上することができる。

またこのような階層構造に係るフォルダの設定について、インデックスフアイ ルにおいては、仮想のフォルダであるフェイパリットフオルダについても登録し 得ることにより、オリジナルの階層構造には何ら変化を与えることなく、このよ うなフォルダによる仮想的な階層構造によつても所望するフアイルを選択するこ とができ、これによつてもユーザーによる操作性を向上することができる。

またこのようにして作成されるインデックスファイルにおいては、管理対象フ アイルの抜粋情報を有していることにより、例えば撮影日時等による検索の処理 においては、インデックスファイル上で実行し得、これによりファイル管理シス テムにより光ディスク 2に記録されたファイルを検索する場合に比して、格段的 に簡易かつ確実に所望の検索結果を取得することができる。

しかして光ディスク 2に多数のフアイルを記録した場合にあっては、例えば運 動会、旅行等の特定のイベントに係るファイルの検索を目的として、このような 検索の処理が繰り返される場合も発生すると考えられ、このような場合に、過去 の検索結果を有効に利用することができれば、その分、繰り返しの処理を省略し て処理を簡略化することができる。このためこの実施例においては、仮想のフォ ルダにより検索結果をまとめるフォルダが形成され(第 3図)、ユーザーにより 検索が指示されると、インデックスファイルに登録されたェントリの検索により 検索結果が得られ、検索結果をまとめるフォルダの下に、個々の検索結果を記録 するフォルダが形成され、このフォルダに検索結果によるファイルのェントリを 指し示す登録情報が検索条件と共に設定される。

これによりこの実施例においては、この検索結果のフォルダの記録により、過 去の検索結果を、後日、有効に利用することができ、その分、インデックスファ ィルにおける検索の処理を一段と簡略化してユーザーィンターフェースを向上す ることができる。

またこのような検索結果の記録においては、フェイバリットフォルダへのファ ィルの登録と同様に、ファイルに係るェントリのェントリ番号による登録情報を 登録して実行され、またフェイパリットフオルダと同一の階層情報の設定により 階層構造が定義され、これによりこのインデックスファイルを処理可能なアプリ ケーションプログラムを有する各種の機器において、このように登録した検索結 果のデータを有効に利用することができ、その分、高い汎用性を確保することが できる。

しかしてこのような検索結果の記録においては、ファイル形式により光デイス ク 2に記録して保持することも考えられるが、この場合には、この検索結果のフ アイルに対応するアプリケーションプログラムが必要になり、汎用性が著しく劣 化することになる。これに対して装置側にて検索結果を記録して保持することも 考えられるが、この場合には、光ディスク 2を他の装置で再生する場合等にあつ ては、過去の検索結果を有効に利用し得なくなる。

これらによりこの実施例においては、高い汎用性を維持しつつ、過去の検索結 果を、後日、有効に利用することができる。

しかしてこの実施例においては、このようにして記録した検索結果に係る検索 条件と同一の条件により検索が指示された場合、このようにしてフォルダにより 記録された検索結果がユーザーに提供され、これによりインデックスファイルに おいて各ェントリを検索することなく検索結果を提供して、一段とユーザーの使 い勝手が向上される。

これに対して過去の検索結果による検索条件よりさらに狭い検索条件による検 索処理を実行する場合、対応する検索結果のフォルダに登録されているファイル に係るェントリ番号により、対応するェントリの記録が順次検索条件により判定 され、これにより過去の検索結果により検索対象が絞り込まれて検索の処理が実 行され、これによつても検索の処理を簡易かつ迅速に実行することができる。

( 3 ) 実施例の効果

以上の構成によれば、仮想のフォルダに係るェントリに検索結果を記録して保 持することにより、過去の検索結果を、後日、有効に利用することができる。 またこのようにして記録した検索結果により検索対象を絞り込んで検索の処理 を実行することにより、一段と検索の処理を簡略化することができる。

( 4 ) 他の実施例

なお上述の実施例においては、ファイルの検索に本発明を適用する場合につい て述べたが、本発明はこれに限らず、フォルダを検索する場合、さらには過去の 検索の条件を検索する場合等にも広く適用することができる。なおこの場合には 、上述のインデックスファイル上におけるファイルに係るエントリの検索、検索 結果の登録に代えて、インデックスファイル上でフォルダに係るエントリを検索 して検索結果のフォルダに登録することになる。

また上述の実施例においては、抜粋情報によるデータ群と、このデータ群を管 理する管理用データ群とを外部参照形式による Q Tフアイル構造により一体に保 持してインデックスファイルを構成する場合について述べたが、本発明はこれに 限らず、必要に応じて種々のフォーマツトを適用することができる。

また上述の実施例においては、本発明を光ディスク装置に適用して撮像結果、 パソコンの出力等を記録する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、光 磁気ディスク、ハードディスク装置等の各種記録媒体に記録した多数のファイル を管理する場合、さらには所定のサーバーに保持した多数のファイルを管理する 場合等に広く適用することができる。

また上述の実施例においては、 Q Tムービーファィルによる管理対象ファィル を管理する場合について述べたが、本発明はこれに限らず、種々のフォーマット によるビデオデータによるファイル、オーディオデータによるファイル等を管理 する場合に広く適用することができる。

産業上の利用可能性

本発明は、ファイル管理装置、ファイル管理方法及びファイル管理方法のプロ グラム及ぴファイル管理方法のプログラムを記録した記録媒体に関し、例えば光 ディスク装置に適用することができる。