処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2005011794 - 大動脈内バルーンカテーテル

公開番号 WO/2005/011794
公開日 10.02.2005
国際出願番号 PCT/JP2004/010839
国際出願日 29.07.2004
IPC
A61F 2/958 2013.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
F血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2血管への植込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造の開通状態を維持または閉塞を防止する装置,例.ステント
95ステントまたはステントグラフトの設置または除去に特に適合した器具
958ステントまたはステントグラフトを設置するための膨張可能なバルーン
A61M 1/10 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
M人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
1医学用の吸引またはポンプ装置;体液を除去,処理,または導入する装置;排液システム
10血液ポンプ;人工心臓;機械的循環を補助する装置,例.動脈内バルーンポンプ
A61M 1/12 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
M人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
1医学用の吸引またはポンプ装置;体液を除去,処理,または導入する装置;排液システム
10血液ポンプ;人工心臓;機械的循環を補助する装置,例.動脈内バルーンポンプ
12体内植込型のもの
CPC
A61M 1/1008
A61M 1/106
A61M 1/1072
A61M 1/1086
A61M 1/122
A61M 1/125
出願人
  • 日本ゼオン株式会社 ZEON CORPORATION [JP]/[JP] (AllExceptUS)
  • 森 謙二 MORI, Kenji [JP]/[JP] (UsOnly)
  • 飯田 隆浩 IIDA, Takahiro [JP]/[JP] (UsOnly)
発明者
  • 森 謙二 MORI, Kenji
  • 飯田 隆浩 IIDA, Takahiro
代理人
  • 前田 均 MAEDA, Hitoshi
優先権情報
2003-28320230.07.2003JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) BALLOON CATHETER FOR MAIN ARTERY
(FR) CATHETER A BALLONNET POUR ARTERE PRINCIPALE
(JA) 大動脈内バルーンカテーテル
要約
(EN)
A balloon catheter for a main artery, comprising a catheter tube (8a) having a fluid flow passage (9a) for expanding a balloon and a blood flow passage (10a) for measuring blood pressure and a balloon (2a) fitted to the distal end part of the catheter tube (8a) and having an expansion/contraction part (3a) expanded and contracted by leading fluid therein and therefrom through the fluid flow passage (9a). The balloon (2a) is joined to the catheter tube (8a) at the distal end part (4a) and the proximal end part (5a) thereof. A blood inflow hole (31a) communicating the inside of the blood flow passage (10a) with the outside of the catheter tube (8a) is formed in the catheter tube (8a). The blood inflow hole (31a) is positioned on the proximal end side of the boundary (50) of the proximal end part (5a) of the balloon (2a) with the expansion/contraction part (3a).
(FR)
L'invention concerne un cathéter à ballonnet pour artère principale, qui comprend un tube à cathéter (8a) ayant un passage de flux de fluide (9a) pour l'expansion d'un ballonnet et un passage de flux sanguin (10a) pour la mesure de pression artérielle, et qui comprend aussi un ballonnet (2a) fixé à l'extrémité distale du tube (8a). Il existe également une partie à expansion/contraction (3a) sous l'action d'un fluide s'écoulant dans le passage de flux de fluide (9a). Le ballonnet (2a) est fixé au tube (8a) à ses extrémité distale (4a) et proximale (5a). Un trou d'arrivée de sang (31a) reliant l'intérieur du passage de flux sanguin (10a) à l'extérieur du tube (8a) est établi dans le tube (8a). Ce trou (31a) se trouve du côté extrémité proximale de la limite (50) entre l'extrémité proximale (5a) du ballonnet (2a) et la partie à expansion/contraction (3a).
(JA)
 バルーン拡張用の流体流路9a及び血圧測定用の血液流路10aを備えたカテーテル管8aと、カテーテル管8aの遠位端部に取り付けられ、流体流路9aを介して流体が導入・導出されることにより拡張・収縮される拡張収縮部3aを有するバルーン2aと、を有する大動脈内バルーンカテーテルである。バルーン2aがカテーテル管8aに対して、バルーン2aの遠位端部4aおよび近位端部5aにおいて接合されている。カテーテル管8aには、血液流路10aの内部とカテーテル管8aの外部とを連通する血液流入孔31aが形成されている。血液流入孔31aが、バルーン2aの近位端部5aにおける拡張収縮部3aとの境界50より近位端側に位置している。
他の公開
US2007005010
国際事務局に記録されている最新の書誌情報