WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2004060830) セラミックハニカム構造体の焼成方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2004/060830 国際出願番号: PCT/JP2003/016391
国際公開日: 22.07.2004 国際出願日: 19.12.2003
IPC:
B01D 39/00 (2006.01) ,B01D 39/20 (2006.01) ,B28B 1/00 (2006.01) ,C04B 35/195 (2006.01) ,C04B 35/638 (2006.01) ,C04B 35/64 (2006.01) ,F01N 3/02 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
39
液体またはガス状流体用ろ過材
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
39
液体またはガス状流体用ろ過材
14
その他の自己支持ろ過材
20
無機物製のもの,例.アスベスト紙または針金を織ったものではない金属性ろ過材
B 処理操作;運輸
28
セメント,粘土,または石材の加工
B
粘土または他のセラミック組成物,スラグまたはセメント含有混合物,例.プラスター,の成形
1
材料からの成形品の製造
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
01
酸化物を基とするもの
16
粘土以外のけい酸塩を基とするもの
18
酸化アルミニウムに富むもの
195
アルカリ土類金属アルミノけい酸塩,例.菫青石(コージェライト)
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
622
製造方法;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理方法
626
個々のまたは一括しての粉末の製造または処理
63
特に製品の製造に適合する添加剤を用いるもの
638
その除去
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
622
製造方法;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理方法
64
焼成または焼結方法
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
出願人: NAKAMURA, Tomoo[JP/JP]; JP (UsOnly)
NOGUCHI, Yasushi[JP/JP]; JP (UsOnly)
NGK INSULATORS, LTD.[JP/JP]; 2-56, Suda-cho, Mizuho-ku Nagoya-shi, Aichi 467-8530, JP (AllExceptUS)
発明者: NAKAMURA, Tomoo; JP
NOGUCHI, Yasushi; JP
代理人: WATANABE, Kazuhira; 3rd Fl., No.8 Kikuboshi Tower Building 20-18, Asakusabashi 3-chome Taito-ku, Tokyo 111-0053, JP
優先権情報:
2003-00111207.01.2003JP
発明の名称: (EN) METHOD OF BAKING CERAMIC HONEYCOMB STRUCTURE
(FR) PROCEDE DE CUISSON D'UNE STRUCTURE EN NID D'ABEILLE DE CERAMIQUE
(JA) セラミックハニカム構造体の焼成方法
要約:
(EN) In a method of baking a ceramic honeycomb structure, when baking a honeycomb formed body having an apparent volume equal to or more than five liters, the speed of temperature rise in a baking atmosphere from the temperature (180-300°C) at which an organic binder contained in the honeycomb structure starts to burn up to 300°C is equal to or more than +25 (°C/hour). Further, the speed of temperature rise is such that the difference between the temperature at the center portion of the honeycomb formed body and the temperature of baking atmosphere is maintained in a predetermined range.
(FR) Dans un procédé de cuisson d'une structure en nid d'abeille de céramique, lorsque le corps formé en nid d'abeille présentant un volume apparent égal à ou supérieur à cinq litres est cuit, la vitesse d'élévation de température dans l'atmosphère de cuisson provenant de la température (180-330 °C) à laquelle un liant organique contenu dans la structure en nid d'abeille commence à brûler à 300 °C est égale ou supérieure à +25 ( °C/heure). Par ailleurs, la vitesse d'élévation de température est telle que la différence entre la température et la partie centrale du corps formé en nid d'abeille et la température de l'atmosphère de cuisson est maintenu dans une fourchette prédéterminée.
(JA) 本発明のセラミックハニカム構造体の焼成方法は、5リットル以上の見かけ体積を有するハニカム成形体を焼成雰囲気中で焼成する際に、そのハニカム成形体に含有される有機バインダが燃焼を開始する温度(180~300℃)から300℃に至るまでの焼成雰囲気の昇温速度を、+25(℃/時間)以上とするとともに、ハニカム成形体の中心部温度の焼成雰囲気の温度に対する温度差が所定の範囲内に保持されるような昇温速度とするものである。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IT, LU, MC, NL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)