WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2004054712) 軽油の水素化処理触媒及びその製造方法並びに軽油の水素化処理方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報   

国際公開番号: WO/2004/054712 国際出願番号: PCT/JP2003/016197
国際公開日: 01.07.2004 国際出願日: 17.12.2003
予備審査請求日: 14.06.2004
IPC:
B01J 23/85 (2006.01) ,B01J 23/882 (2006.01) ,B01J 23/883 (2006.01) ,B01J 23/888 (2006.01) ,B01J 31/02 (2006.01) ,B01J 31/34 (2006.01) ,B01J 35/00 (2006.01) ,B01J 35/10 (2006.01) ,B01J 37/04 (2006.01) ,B01J 37/20 (2006.01) ,B01J 37/28 (2006.01) ,C10G 45/08 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
76
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
84
ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
85
クロム,モリブデンまたはタングステン
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
76
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
84
ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
85
クロム,モリブデンまたはタングステン
88
モリブデン
882
およびコバルト
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
76
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
84
ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
85
クロム,モリブデンまたはタングステン
88
モリブデン
883
およびニッケル
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
76
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
84
ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
85
クロム,モリブデンまたはタングステン
888
タングステン
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
31
水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
02
有機化合物または金属水素化物を含有するもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
31
水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
26
グループ31/02から31/24までに分類されない無機金属化合物をさらに含有するもの
34
クロム,モリブデン,またはタングステンに関するもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
10
表面特性または多孔性に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
04
混合
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
20
硫化
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
28
りん化
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
G
炭化水素油の分解;液体炭化水素混合物の製造,例.分解水添,オリゴメリゼーション,ポリメリゼーションによるもの;油頁岩,油砂またはガスからの炭化水素油の回収;主に炭化水素から成る混合物の精製;ナフサのリホーミング;鉱ろう
45
水素または水素発生化合物を用いる炭化水素油の精製
02
含有炭化水素の骨格を変えることなく,かつ低沸点炭化水素に分解することなく,ヘテロ原子を除去するためのもの;ハイドロフィニッシング
04
使用する触媒によって特徴づけられるもの
06
ニッケルまたはコバルト金属,またはそれらの化合物を含有するもの
08
クロム,モリブデン,またはタングステン金属,またはそれらの化合物と結合したもの
出願人: FUJIKAWA, Takashi[JP/JP]; JP (UsOnly)
KATO, Masahiro[JP/JP]; JP (UsOnly)
NAKAJIMA, Nobumasa[JP/JP]; JP (UsOnly)
HASHIMOTO, Minoru[JP/JP]; JP (UsOnly)
COSMO OIL CO., LTD.[JP/JP]; 1-1, Shibaura 1-chome Minato-ku, Tokyo 105-8528, JP (AllExceptUS)
発明者: FUJIKAWA, Takashi; JP
KATO, Masahiro; JP
NAKAJIMA, Nobumasa; JP
HASHIMOTO, Minoru; JP
代理人: OGURI, Shohei ; Eikoh Patent Office 13th Floor, ARK Mori Building 12-32, Akasaka 1-chome Minato-ku, Tokyo 107-6013, JP
優先権情報:
2002-36691618.12.2002JP
2003-09184428.03.2003JP
発明の名称: (EN) HYDROTREATING CATALYST FOR GAS OIL, PROCESS FOR PRODUCING THE SAME, AND METHOD OF HYDROTREATING GAS OIL
(FR) CATALYSEUR D'HYDROTRAITEMENT POUR CARBURANT DIESEL, PROCEDE DE PRODUCTION DE CE CATALYSEUR ET PROCEDE D'HYDROTRAITEMENT DE CARBURANT DIESEL
(JA) 軽油の水素化処理触媒及びその製造方法並びに軽油の水素化処理方法
要約:
(EN) A hydrotreating catalyst which can be produced with a simple means and with which gas oil can be superdeeply desulfurized and simultaneously made to have a reduced nitrogen content without necessitating severe operating conditions; and a method of desulfurizing gas oil with the catalyst. The catalyst comprises an inorganic oxide support and, deposited thereon, 10 to 40 wt.% Group 6 metal of the Periodic Table, 1 to 15 wt.% Group 8 metal of the Periodic Table, and 1.5 to 8 wt.% phosphorus each in terms of oxide amount based on the catalyst and 2 to 14 wt.% carbon in terms of element amount based on the catalyst. It has a specific surface area of 150 to 300 m2/g, a pore volume of 0.3 to 0.6 mL/g, and an average pore diameter of 65 to 140 Å. The catalyst, after sulfurization, shows a certain NO adsorption FT-IR spectrum.
(FR) La présente invention concerne un catalyseur d'hydrotraitement qui peut être produit à l'aide d'un moyen simple et avec lequel il est possible de procéder à une désulfuration super-profonde du carburant diesel tout en réduisant simultanément sa teneur en azote sans qu'il soit nécessaire de mettre en place des conditions d'exploitation rigoureuses. L'invention se rapporte également à un procédé de désulfuration d'un carburant diesel au moyen de ce catalyseur. Ledit catalyseur comprend un support d'oxyde inorganique sur lequel est formé un dépôt constitué de 10 à 40 % en poids d'un métal du groupe 6 de la table périodique, de 1 à 15 % en poids d'un métal du groupe 8 de la table périodique, et de 1,5 à 8,5 % en poids de phosphore, s'agissant pour chacun de la quantité d'oxyde par rapport au catalyseur et de 2 à 14 % en poids de carbone s'agissant de la quantité d'éléments par rapport au catalyseur. Ce catalyseur présente une aire de surface spécifique comprise entre 150 et 300 m<sp>2</sp>/g, un volume de pore compris entre 0,3 et 0,6 mL/g, et un diamètre moyen des pores compris entre 65 et 140 Å. Le catalyseur, après sulfuration, présente un certain spectre FT-IR d'adsorption des oxydes d'azote.
(JA) 本発明の課題は、簡便な手段で製造し得て、かつ苛酷な運転条件を必要とせずに、軽油中の硫黄分を超深度脱硫することができ、同時に窒素分を減少させることができる水素化処理触媒、その製法、それを用いた軽油の脱硫法を提供することである。本発明は、無機酸化物担体上に、触媒基準、酸化物換算にて周期律表第6族金属を10~40質量%、周期律表第8族金属を1~15質量%、リンを1.5~8質量%、更に触媒基準、元素換算にて炭素を2~14質量%含み、比表面積が150~300m2/g、細孔容積が0.3~0.6ml/g、平均細孔直径が65~140Åであり、かつ硫化処理後において一定のNO吸着FT-IRスペクトルを示す触媒、その製法、それを用いた軽油の脱硫法に関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, MZ, NI, NO, NZ, OM, PG, PH, PL, PT, RO, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SY, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, YU, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LS, MW, MZ, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HU, IE, IT, LU, MC, NL, PT, RO, SE, SI, SK, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)