処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2004039974 - 新規タンパク質およびそのDNA

注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

[ JA ]

請求 の範囲

I . 配列番号: 1で表されるアミノ酸配列と同一もしくは実質的に同一のァ ミノ酸配列を含有するタンパク質またはその塩。

2 . 配列番号: 1で表されるアミノ酸配列からなるタンパク質またはその塩。

3 . 配列番号: 3で表されるアミノ酸配列からなるタンパク質またはその塩。

4. 請求項 1記載のタンパク質の部分べプチドまたはその塩。

5 . 請求項 1記載のタンパク質または請求項 4記載の部分べプチドをコード するポリヌクレオチドを含有するポリヌクレオチド。

6 . D NAである請求項 5記載のポリヌクレオチド。

7。 配列番号: 2または配列番号:で表される塩基配列からなるポリヌク レオチド。 1

8 . 請求項 5記載のポリヌクレオチドを含有する組換えベクター。

9 . 請求項 8記載の組換えベクターで形質転換された形質転換体。

1 0 . 請求項 9記載の形質転換体を培養し、請求項 1記載のタンパク質また は請求項 4記載の部分ペプチドを生成、蓄積せしめ、これを採取することを特 徴とする請求項 1記載の夕ンパク質もしくは請求項 4記載の部分べプチドまた はその塩の製造法。

I I . 請求項 1記載のタンパク質もしくは請求項 4記載の部分ペプチドまた はその塩を含有してなる医薬。

1 2 . 請求項 5記載のポリヌクレオチドを含有してなる医薬。 '

1 3 . 請求項 5記載のポリヌクレオチドを含有してなる診断薬。

1 4. 請求項 1記載の夕ンパク質もしくは請求項 4記載の部分べプチドまた はその塩に対する抗体。

1 5 . 請求項 1 4記載の抗体を含有してなる診断薬。

1 6。請求項 1 4記載の抗体を含有してなる医薬。

1 7。請求項 5記載のポリヌクレオチドの塩基配列に相補的もしくは実質的 に相補的な塩基配列またはその一部を含有するポリヌクレオチド。

1 8。請求項 1 7記載のポリヌクレオチドを含有してなる医薬。

1 9 . 請求項 1記載のタンパク質もしくはその部分ペプチドまたはその塩を 用いることを特徴とする、請求項 1記載の夕ンパク質の活性を調節する化合物 またはその塩のスクリーニング方法。

2 0 . 請求項 1記載のタンパク質もしくはその部分ペプチドまたはその塩を 含有してなる、請求項 1記載のタンパク質の活性を調節する化合物またはその 塩のスクリーニング用キット。

2 1 . 請求項 5記載のポリヌクレオチド ¾用いることを特徴とする、請求項 1記載のタンパク質遺伝子の発現を調節する化合物またはその塩のスクリ一二 ング方法。

2 2 . 請求項 5記載のポリヌクレオチドを含有してなる、請求項 1記載の夕 ンパク質遺伝子の発現を調節する化合物またはその塩のスクリニング用キッ 卜。

2 3 . 請求項 1 4記載の抗体を用いることを特徴とする請求項 1記載のタン パク質の定量方法。

2 4. 骨 ·関節疾患の予防 ·治療剤である請求項 1 2または請求項 1 6記載 の医薬。

2 5 . 骨 ·関節疾患が、軟骨形成異常、骨形成異常、骨粗鬆症、変形性関節 症、慢性関節リウマチ、関節炎、滑膜炎、代謝性関節症またはスポーツによる 関節障害である請求項 2 4記載の医薬。

2 6 . 骨 ·関節疾患の診断薬である請求項 1 3または請求項 1 5記載の診断

2 7 . 骨 ·関節疾患が、軟骨形成異常、骨形成異常、骨粗鬆症、変形性関節 症、慢性関節リウマチ、関節炎、滑膜炎、代謝性関節症またはスポーツによる 関節障害である請求項 2 6記載の診断薬。

2 8 . 配列番号: 8で表わされる塩基配列と同一または実質的に同一の塩基 配列を含有する D NA。

2 9 . 配列番号: 8で表わされる塩基配列と同一または実質的に同一の塩基 配列を含有する D N Aの転写調節領域である請求項 2 8記載の D N A。

3 0 . 転写調節領域がプロモータ一領域である請求項 2 9記載の D NA。

3 1 . 請求項 2 8記載の D NAを含有する組換えベクター。

3 2 . 配列番号: 8で表わされる塩基配列と同一または実質的に同一の塩基 配列を含有する D NAの転写調節領域の下流にレポ一夕一遺伝子を有する D N Aを含有する請求項 3 1記載の組換えべクタ一。

5 3 3 . 請求項 3 2記載の組換えベクターを含有する形質転換体。

3 4. 請求項 2 8記載の D NAを用いることを特徴とする、配列番号: 2で 表わされる塩基配列と同一または実質的に同一の塩基配列を含有する D N Aの 転写調節活性を調節する化合物またはその塩のスクリーニング方法。

' 3 5 . 請求項 3 3記載の形質転換体を用いる請求項 3 4記載のスクリ一ニン

10 グ方法。

3 6 . 哺乳動物に対して、配列番号: 1で表されるアミノ酸配列と同一もし くは実質的に同一のアミノ酸配列を含有するタンパク質またはその塩の活性を 阻害する化合物もしくはその塩、または該タンパク質遺伝子の発現を阻害する 化合物もしくはその塩の有効量を投与することを特徴とする、骨 ·関節疾患の 15 予防 ·治療法。

3 7 . 配列番号: 1で表されるアミノ酸配列と同一もしくは実質的に同一の ァミノ酸配列を含有するタンパク質またはその塩の活性を阻害する、または該 . タンパク質遺伝子の発現を阻害することを特徴とする、骨 ·関節疾患の予防 · 治療法。

20 3 8 . 骨 ·関節疾患の予防 ·治療剤を製造するための、配列番号: 1で表さ れるァミノ酸配列と同一もしくは実質的に同一のァミノ酸配列を含有する夕ン パク質またはその塩の活性を阻害する化合物もしくはその塩、または該タンパ ク質遺伝子の発現を阻害する化合物もしくはその塩の使用。