処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2004038478 - 撮像レンズ

注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

[ JA ]

請求の範囲 '

1 . 物体側より順に配置された第 1 レンズと、第 2 レンズと、第 3 レン ズとを有し、

前記第 1 レンズは、物体側に凸面を向けた正のパワーを有するメニスカスレ ンズであり、

前記第 2 レンズは、物体側に凹面を向けた負のパワーを有するメニスカスレ ンズであり、

前記第 3 レンズは正あるいは負のパワーを有するレンズであり、

前記第 1レンズは前記第 2、第 3レンズに比較して強いパワーを有し、 これら第 1、第 2および第 3 レンズのうち、少なくとも第 2および第 3のレ ンズのレンズ面は両面とも非球面であり、

前記第 3 レンズの前記非球面には、 1つあるいは複数の非球面変曲点を持た せてある撮像レンズ。

2 . 請求の範囲第 1項において、

前記第 1レンズは、両面のレンズ面のうち、少なくとも一方の面が非球面で ある撮像

3 . 請求の範囲第 1項または第 2項において、

前記撮像レンズの合成焦点距離を f 、前記第 1 レンズの焦点距離を f 1 とし たとき、

0 . 5 < f 1 / f < 1 . 5

である撮像

4 . 請求の範囲第 1項または第 2項において、

前記撮像レンズの合成焦点距離を f 、第 1 レンズの物体側の入射面より結像 面までの距離を∑ dとしたとき、

0. 5 <∑ d/ f < l . 5

である撮像レンズ。

5. 請求の範囲第 1項または第 2項において、

前記第 2レンズのアッベ数を V d 2としたとき、

5 0 > V d 2

である撮像レンズ。

6. 請求の範囲第 1項または第 2項において、

撮像レンズの主光線の最大射出角が 30度以下である撮像レンズ。

7. 請求の範囲第 1項または第 2項において、

前記第 3レンズは、像面側のレンズ面の周辺部が像面側に凸面とされ、 前記第 1 レンズ面および前記第 2レンズ面に 1つあるいは複数の非球面変 曲点が形成されている撮像レンズ。

8. 請求の範囲第 2項において、

前記撮像レンズの合成焦点距離を f 、前記第 1 レンズの焦点距離を f 1、前 記第 1 レンズの物体側の入射面より結像面までの距離を∑ d、前記第 2レンズ のアッベ数を V d 2としたとき、

0. 5 < f 1 / f < 1. 5

0. 5 <∑ d / f < 1. 5

50 > v d 2

である撮像レンズ。

9 請求の範囲第 8項において、

撮像レンズの主光線の最大射出角が 3 0度以下である撮像

1 0 . 請求の範囲第 8項または第 9項において、

前記第 3レンズは、像面側のレンズ面の周辺部が像面側に凸面とされ、 前記第 1 レンズ面および前記第 2 レンズ面に 1つあるいは複数の非球面変 曲点が形成されている撮像

1 1 . 物体側より順に配置された第 1 レンズと、第 2 レンズと、第 3 レ ンズとを有し、

前記第 1 レンズは物体側に凸面を向けた正のパワーを有するメニスカスレ ンズであり、

前記第 2 レンズは物体側に凹面を向けた正あるいは負のパワーを有するメ ニスカスレンズであり、

前記第 3 レンズは正のパワーを有するレンズであり、

前記第 1 レンズ、第 2 レンズ、および第 3 レンズのレンズ面のうち、少なく とも一^ ^のレンズ面の形状は、その有効レンズ面領域内に変曲点が現れない非 球面形状によって規定されている撮像レンズ。

1 2 . 請求の範囲第 1 1項において

前記撮像レンズの合成焦点距離を f 、前記第 の焦点距離を f 1とし たとき、

0 . 5 < f 1 / f < 1 . 5

である撮像レンズ。

1 3 . 請求の範囲第 1 1項において、

前記撮像レンズの合成焦点距離を f 、そのバックフォーカスを B Fとしたと 含、

0. 2 5 <B F/ f < l . 0

である撮像レンズ。

1 4. 請求の範囲第 1 1項において、

第 3レンズの物体側のレンズ面の曲率を R aとし、その像面側のレンズ面の 曲率を R bとしたとき、

1. 0く I R b /R a I

である撮像

5. 請求の範囲第 1 4項において、

主光線の最大射出角が 3 0度以下である撮像

1 6. 請求の範囲第 1 2項において、

前記撮像レンズのバックフォーカスを B F、前記第 3レンズの物体側のレン ズ面の曲率を R aとし、前記第 3 レンズの像面側のレンズ面の曲率を R bとし たとき、

0. 2 5 < B F/ f < 0

1. 0 < I R b ZR a

である撮像

1 7. 請求の範囲第 1 6項において、

主光線の最大射出角が 3 0度以下である撮像