16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (US20100121020) 3.3'-Diamino-5,5'-Diphenyl-4,4'-Biphenyldiol and Raw Material Thereof as Well as Polybenzoxazole

官庁 : アメリカ合衆国
出願番号: 12531600 出願日: 18.03.2008
公開番号: 20100121020 公開日: 13.05.2010
公報種別: A1
PCT 関連事項: 出願番号:JP08055011 ; 公開番号: クリックしてデータを表示
IPC:
C08G 73/00
C08G 73/22
C07C 205/00
C07C 205/23
C07C 215/00
C07C 215/80
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
73
グループ12/00~71/00に属さない,高分子の主鎖に酸素または炭素を有しまたは有せずに窒素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
73
グループ12/00~71/00に属さない,高分子の主鎖に酸素または炭素を有しまたは有せずに窒素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
06
高分子の主鎖に窒素含有複素環を有する重縮合物;ポリヒドラジド;ポリアミド酸または類似のポリイミド前駆物質
22
ポリベンズオキサゾール
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
205
炭素骨格に結合しているニトロ基を含有する化合物
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
205
炭素骨格に結合しているニトロ基を含有する化合物
13
炭素骨格がさらに水酸基で置換されているもの
20
6員芳香環の炭素原子に結合してるいニトロ基と水酸基をもつもの
21
同じ非縮合6員芳香環の炭素原子に結合しているニトロ基と水酸基をもつもの
23
環に結合している2個のニトロ基をもつもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
215
同じ炭素骨格に結合しているアミノ基と水酸基を含有する化合物
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
215
同じ炭素骨格に結合しているアミノ基と水酸基を含有する化合物
74
同じ炭素骨格の6員芳香環の炭素原子に結合している水酸基とアミノ基をもつもの
76
同じ非縮合6員芳香環の
80
炭素骨格に結合しているアミノ基を少なくとも2個含有するもの
出願人: NIPPONKAYAKU KABUSHIKIKAISHA
発明者: Kunikata Kenji
Koumoto Taihei
Sekine Kenji
代理人: PETERS VERNY , L.L.P.
優先権情報: 2007077475 23.03.2007 JP
発明の名称: (EN) 3.3'-Diamino-5,5'-Diphenyl-4,4'-Biphenyldiol and Raw Material Thereof as Well as Polybenzoxazole
要約: front page image
(EN)

The invention provides 3,3′-diamino-5,5′-diphenyl-4,4′-biphenyldiol which is useful as a monomer for a high-performance polymer, particularly a polymer satisfying performances highly required in the semiconductor field such as polybenzoxazole, polyimide or the like and 3,3′-dinitro-5,5′-diphenyl-4,4′-biphenyldiol as a raw material thereof. Also, the invention provides a polybenzoxazole having a repeating unit represented by the following formula (1):

(wherein R is a bivalent dicarboxylic acid residue).


また、:
KR1020100015813JPWO2008117704CN101675027JP5255561WO/2008/117704