国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (US20170080528) Clad aluminum alloy material with excellent corrosion resistance and brazeability and method for producing the same

官庁 : アメリカ合衆国
出願番号: 15125968 出願日: 11.03.2015
公開番号: 20170080528 公開日: 23.03.2017
特許番号: 10183362 特許付与日: 22.01.2019
公報種別: B2
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号:PCTJP2015001341 ; 公開番号: クリックしてデータを表示
IPC:
C22C 21/00
C22C 21/04
B23K 35/02
B23K 35/28
B23K 35/22
C22F 1/04
F28F 19/06
B23K 1/00
B23K 1/19
F28F 21/08
B22D 21/00
B23K 35/30
C22C 18/04
C22C 21/10
C22C 23/02
C22C 28/00
C22F 1/053
C22F 1/06
C22F 1/16
C22C 21/02
B23K 101/00
B23K 101/14
B23K 101/34
B23K 103/10
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
02
次に多い成分としてけい素を含むもの
04
改良されたアルミニウム―けい素合金
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
02
機械的形状,例.形,を特徴とするもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
28
主成分が950°C以下の融点をもつもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
04
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28
熱交換一般
F
一般的な熱交換または熱伝達装置の細部
19
沈積物の形成または腐食の予防,例.ろ過器を用いるもの
02
被覆材,例.ガラスまたはエナメル被膜,の使用による
06
金属によるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
1
ハンダ付,例.ロー付,またはハンダ離脱
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
1
ハンダ付,例.ロー付,またはハンダ離脱
19
ハンダ付される材料の性質を考慮したもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28
熱交換一般
F
一般的な熱交換または熱伝達装置の細部
21
特別の材料の選択に特徴のある熱交換装置の構造
08
金属
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
D
金属の鋳造;同じ方法または装置による他の物質の鋳造
21
鋳造方法にとって冶金的性質が重要な影響をもたらす非鉄金属または金属化合物の鋳造;そのための組成物の選択
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
30
主成分が1550°C以下の融点をもつもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
18
亜鉛を基とする合金
04
次に多い成分としてアルミニウムを含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
10
次に多い成分として亜鉛を含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
23
マグネシウム基合金
02
次に多い成分としてアルミニウムを含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
28
グループ5/00から27/00に分類されない金属を基とする合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
04
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
053
次に多い成分として亜鉛を含む合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
06
マグネシウムまたはマグネシウム基合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
16
上記以外の金属またはそれを基とする合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
02
次に多い成分としてけい素を含むもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
101
ハンダ付,溶接または切断により製造される物品
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
101
ハンダ付,溶接または切断により製造される物品
04
管状または中空物品
14
熱交換器
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
101
ハンダ付,溶接または切断により製造される物品
34
被覆された物品
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
103
ハンダ付,溶接または切断される材料
08
非鉄金属またはその合金
10
アルミニウムまたはその合金
CPC:
B22D 21/007
B23K 1/0012
B23K 1/19
B23K 2101/006
B23K 2101/14
B23K 2101/34
B23K 2103/10
B23K 35/0222
B23K 35/0238
B23K 35/22
B23K 35/28
B23K 35/282
B23K 35/284
B23K 35/286
B23K 35/288
B23K 35/30
C22C 18/04
C22C 21/00
C22C 21/02
C22C 21/10
C22C 23/02
C22C 28/00
C22F 1/04
C22F 1/053
C22F 1/06
C22F 1/165
F28F 19/06
F28F 21/084
F28F 21/089
F28F 2275/04
出願人: UACJ Corporation
発明者: Wataru Narita
代理人: JCIPRNET
優先権情報: 2014-055786 19.03.2014 JP
発明の名称: (EN) Clad aluminum alloy material with excellent corrosion resistance and brazeability and method for producing the same
要約: front page image
(EN)

A clad aluminum alloy material exhibiting favorable corrosion resistance and brazeability in an alkaline environment is shown by a clad aluminum alloy material with excellent brazeability and corrosion resistance in which one surface of an aluminum alloy core material is clad with a sacrificial anode material and the other surface is clad with brazing filler material. The core material includes an aluminum alloy of Si: 0.3-1.5%, Fe: 0.1-1.5%, Cu: 0.2-1.0%, Mn: 1.0-2.0%, and Si content+Fe content ≥0.8%, wherein the 1-20 μm equivalent circle diameter Al—Mn—Si—Fe-based intermetallic compound density is 3.0×105 to 1.0×106 pieces/cm2, and the 0.1 μm to less than 1 μm equivalent circle diameter Al—Mn—Si—Fe-based intermetallic compound density is at least 1.0×107 pieces/cm2. The sacrificial anode material includes an aluminum alloy containing Si: 0.1-0.6%, Zn: 1.0-5.0%, and Ni: 0.1-2.0%.


Also published as:
CN106068332EP3121300JPWO2015141192TH165229WO/2015/141192