国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (US20170122377) Tripod-type constant velocity joint

官庁 : アメリカ合衆国
出願番号: 15127118 出願日: 20.03.2015
公開番号: 20170122377 公開日: 04.05.2017
特許番号: 10233974 特許付与日: 19.03.2019
公報種別: B2
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号:PCTJP2015058503 ; 公開番号: クリックしてデータを表示
IPC:
F16D 3/202
F16D 3/72
F16D 3/205
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
3
たわみ継ぎ手,すなわち駆動中に連結された部材の間での運動を許容する手段をもつもの
16
屈曲性が枢着またはすべりまたはころがり連結部材により生じる自在継ぎ手
20
一方の継ぎ手部材が他方の継ぎ手部材のスリーブの中に入りすべりまたはころがり部材によってそこに結合されるもの
202
一方の継ぎ手部材が,半径方向に突出する複数のピンをもつもの,例.トリボード継ぎ手
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
3
たわみ継ぎ手,すなわち駆動中に連結された部材の間での運動を許容する手段をもつもの
50
1つまたはそれ以上の中間要素によって結合されている継ぎ手部材をもつもの
72
中間要素の両継ぎ手部材への取り付け部が軸方向に離れているもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
3
たわみ継ぎ手,すなわち駆動中に連結された部材の間での運動を許容する手段をもつもの
16
屈曲性が枢着またはすべりまたはころがり連結部材により生じる自在継ぎ手
20
一方の継ぎ手部材が他方の継ぎ手部材のスリーブの中に入りすべりまたはころがり部材によってそこに結合されるもの
202
一方の継ぎ手部材が,半径方向に突出する複数のピンをもつもの,例.トリボード継ぎ手
205
そのピンがその継ぎ手部材の半径方向外方に伸びているもの
CPC:
F16D 3/2055
F16D 3/72
出願人: NTN CORPORATION
発明者: Satoru Fukuzawa
Kenji Yamaoka
Ikuma Fujitsuka
代理人: Wenderoth, Lind & Ponack, L.L.P.
優先権情報: 2014-057745 20.03.2014 JP
2014-058252 20.03.2014 JP
2014-181247 05.09.2014 JP
発明の名称: (EN) Tripod-type constant velocity joint
要約: front page image
(EN)

A tripod-type constant velocity joint includes an intermediate member, and first and second tripod members connected to the respective ends of the intermediate member. The intermediate member includes first and second outer rings. The first tripod member is formed with three protrusions, and the second tripod member is formed with three protrusions. The first outer ring is formed in its inner periphery with three axially extending first track grooves which are open at its axial end surface. The second outer ring is formed in its inner periphery with three axially extending second track grooves which are open at its axial end surface. The protrusions of the first tripod member are axially slidably received in the respective first track grooves. The protrusions of the second tripod member are axially slidably received in the respective second track grooves.


Also published as:
CN106104038TH182534WO/2015/141834