国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (US20170000463) ULTRASONIC DIAGNOSTIC APPARATUS

官庁 : アメリカ合衆国
出願番号: 15125559 出願日: 08.10.2014
公開番号: 20170000463 公開日: 05.01.2017
公報種別: A1
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号:PCTJP2014076941 ; 公開番号: クリックしてデータを表示
IPC:
A61B 8/08
G01S 7/52
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
B
診断;手術;個人識別
8
超音波,音波または亜音波を用いることによる診断
08
組織の動きまたは変化の検出,例.腫瘍,嚢腫,腫脹
G 物理学
01
測定;試験
S
無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
7
グループ13/00,15/00,17/00による方式の細部
52
グループ15/00による方式のもの
CPC:
A61B 8/5269
A61B 8/5207
A61B 8/085
G01S 7/52049
出願人: HITACH, LTD.
Hitachi, Ltd.
発明者: Nobuhiko FUJII
Tatsuya HAYASHI
優先権情報: 2014-050412 13.03.2014 JP
発明の名称: (EN) ULTRASONIC DIAGNOSTIC APPARATUS
要約: front page image
(EN)

A plurality of frames are generated by performing a pre-scan while sequentially setting a plurality of receive delay data based on a plurality of in vivo sound velocities. An optimum sound velocity calculation unit performs waveform analysis for each luminance waveform along a beam scanning direction on each of the frames. An optimum sound velocity map is obtained by mutually comparing a plurality of results of the waveform analysis of the plurality of frames. A control unit calculates the receive delay data for the main scan on the basis of the optimum sound velocity map. Specifically, waveform analysis for a high luminance portion (peak portion) and waveform analysis for a low luminance portion (recess portion) are performed in the waveform analysis. Thus, an optimum sound velocity map for the high luminance portion and an optimum sound velocity map for the low luminance portion are obtained.


Also published as:
CN106102590WO/2015/136756