国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (US20160368076) Arc welding control method

官庁 : アメリカ合衆国
出願番号: 15122288 出願日: 17.03.2015
公開番号: 20160368076 公開日: 22.12.2016
特許番号: 10220464 特許付与日: 05.03.2019
公報種別: B2
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号:PCTJP2015057874 ; 公開番号: クリックしてデータを表示
IPC:
B23K 9/12
B23K 9/00
B23K 9/073
B23K 9/173
B23K 9/09
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
12
スポット溶接,シーム溶接または切断のための電極または加工物の自動的な送給または移動
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
06
アークスタートのための,例.点孤電圧の発生による,またはアーク安定のための装置または回路
073
アーク安定のためのもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
16
シールドガスを用いるもの
173
消耗電極を用いるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
09
パルス電流または電圧によるアーク溶接のための装置または回路
CPC:
B23K 9/073
B23K 9/092
B23K 9/093
B23K 9/124
B23K 9/125
B23K 9/173
出願人: DAIHEN CORPORATION
発明者: Akihiro Ide
代理人: Greenblum & Bernstein, P.L.C.
優先権情報: 2014-053152 17.03.2014 JP
発明の名称: (EN) Arc welding control method
要約: front page image
(EN)

The present invention improves the stability of arc welding carried out by cyclical repetition of forward feed and reverse feed of a weld wire. An arc welding control method includes repeated forward feed and reverse feed at a weld wire feed rate, according to a prescribed cycle and a prescribed amplitude, and generation of short-circuit time intervals and arc time intervals to carry out welding, wherein the feed rate cycle and/or the amplitude are set automatically on the basis of the average feed rate and the welding rate, or the wire deposition amount per unit of weld length. Further, in the event that the amplitude has changed, feedback control of the forward feed-side shift amount is carried out in such a way that the average value of the feed rate is constant. In so doing, the feed rate cycle and amplitude are always set to optimal values.


Also published as:
CN105829006EP3120963JPWO2015141664KR1020160130374WO/2015/141664