16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020070059191) TELOMELYSIN-GFP GENE-CONTAINING RECOMBINANT VIRUS

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020077009538 出願日: 26.04.2007
公開番号: 1020070059191 公開日: 11.06.2007
公報種別: A
IPC:
C12Q 1/04
C12N 15/861
C12N 15/09
A61K 48/00
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02
生きた微生物を含むもの
04
微生物の存在または種類の決定;抗生物質または殺細菌剤の試験のための選択培地の使用;そのための化学指示薬を含む組成物
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
63
ベクターを用いた外来遺伝物質の導入;ベクター;そのための宿主の使用;発現の制御
79
真核宿主に特に適合するベクターまたは発現システム
85
動物細胞用
86
ウィルス・ベクター
861
アデノウィルス・ベクター
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48
遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
CPC:
C12N 15/86
A61K 49/0047
C07K 14/4702
C07K 14/70575
C12N 7/00
C12N2710/10343
C12N2830/008
C12N2840/203
G01N 33/574
出願人: ONCOLYS BIOPHARMA, INC.
온콜리스 바이오파마 가부시키가이샤
発明者: FUJIWARA TOSHIYOSHI
후지와라 도시요시
TANAKA NORIAKI
다나카 노리아키
KYO SATORU
교 사토루
MIZUGUCHI HIROYUKI
미즈구치 히로유키
HAYAKAWA TAKAO
하야카와 다카오
代理人: 특허법인코리아나
優先権情報: JP-P-2004-00285383 29.09.2004 JP
発明の名称: (EN) TELOMELYSIN-GFP GENE-CONTAINING RECOMBINANT VIRUS
(KO) 텔로멜라이신-GFP 유전자 함유 재조합 바이러스
要約: front page image
(EN)

It is intended to provide a regent for detecting cancer cells or diagnosing cancer. More specifically speaking, a reagent for detecting cancer cells containing a recombinant virus in which a replication cassette having a human telomerase promoter, E1A gene, IRES sequence and E1B gene in this order is integrated into the E1 region of the virus genome while a labeling cassette having a gene encoding a labeled protein and a promoter capable of regulating the expression of the gene is integrated into the E3 region of the virus genome.

© KIPO & WIPO 2007


(KO) 본 발명은, 암세포의 검출용 또는 암의 진단용 시약의 제공에 관한 것이다. 구체적으로는, 인간 텔로머라아제의 프로모터, E1A 유전자, IRES 서열 및 E1B 유전자를 이 순서대로 함유하는 복제 카세트가 바이러스 게놈의 E1 영역에 삽입되고, 또한, 표지 단백질을 코드하는 유전자 및 그 유전자의 발현을 제어할 수 있는 프로모터를 함유하는 표지 카세트가 바이러스 게놈의 E3 영역에 삽입된 재조합 바이러스를 함유하는 암세포 검출용 시약이다.
また、:
MXMX/a/2007/002999IL181876BRPI0516191EP1795604EP2311499JPWO2006036004
US20060067890US20080032283CN101035906CA2581969EA200700694NZ554799
AU2005288034IN1722/CHENP/2007WO/2006/036004