国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (KR1020190062450) 방열 시트

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020197010981 出願日: 28.09.2017
公開番号: 1020190062450 公開日: 05.06.2019
公報種別: A
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号: ; 公開番号:WO2018062352 クリックしてデータを表示
IPC:
C08J 5/04
C08J 5/18
C08K 3/013
C08K 3/04
C08L 77/00
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
04
解繊されたまたは凝集した繊維状物質による高分子化合物の補強
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
[IPC code unknown for C08K 3/013]
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
02
元素
04
炭素
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
77
主鎖にカルボン酸アミド結合を形成する反応により得られるポリアミドの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
CPC:
C08J 5/042
C08J 5/18
C08K 3/013
C08K 3/041
C08L 77/00
C08J 2377/00
C08K 2201/001
C08K 2201/003
C08K 2201/004
出願人: 데이진 가부시키가이샤
発明者: 차 금주
고무라 신야
다이도 다카히로
代理人: 특허법인코리아나
優先権情報: JP-P-2016-189720 28.09.2016 JP
JP-P-2016-225832 21.11.2016 JP
発明の名称: (KO) 방열 시트
要約: front page image
(KO) 본 발명에 의해, 섬유상 탄소와 폴리머를 함유하여 이루어지는 방열 시트로서, 상기 섬유상 탄소는, 평균 실효 섬유 길이가 5 ∼ 120 ㎛, 평균 섬유 직경이 200 ∼ 900 ㎚, 평균 아스펙트비가 30 ∼ 10000 이고, 상기 섬유상 탄소의 함유율이, 상기 섬유상 탄소와 상기 폴리머의 합계량에 대하여 5 ∼ 85 질량% 인 방열 시트가 제공된다.
Also published as:
CN109790309WO/2018/062352