国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020180036799) 저온 소결성이 우수한 은 페이스트 및 당해 은 페이스트의 제조 방법

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020187009140 出願日: 20.02.2015
公開番号: 1020180036799 公開日: 09.04.2018
公報種別: A
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号: ; 公開番号:WO2015129562 クリックしてデータを表示
IPC:
B22F 1/00
B22F 9/30
H01B 1/22
H05K 1/09
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
9
金属質粉またはその懸濁液の製造;それに特に適する装置または機械
16
化学的プロセスを用いるもの
30
金属化合物の分解を伴うもの,例.熱分解によるもの
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1
導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
20
非導電有機物質中に分散された導電物質
22
金属または合金を含む導電物質
H 電気
05
他に分類されない電気技術
K
印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
1
印刷回路
02
細部
09
金属パターンのための材料の使用
出願人: 다나카 기킨조쿠 고교 가부시키가이샤
発明者: 마키타 유이치
오시마 유스케
다니우치 준이치
구보 히토시
代理人: 양영준
김명곤
優先権情報: JP-P-2014-034554 25.02.2014 JP
発明の名称: (KO) 저온 소결성이 우수한 은 페이스트 및 당해 은 페이스트의 제조 방법
要約: front page image
(KO) 본 발명은 은 입자로 이루어지는 고형분과 용제를 혼련해서 이루어지는 금속 페이스트에 있어서, 상기 고형분이, 입경 100 내지 200㎚의 은 입자를 입자수 기준으로 30% 이상 함유하는 은 입자로 구성되어 있고, 또한 고형분을 구성하는 은 입자는, 보호제로서 탄소수의 총합이 4 내지 8의 아민 화합물이 결합된 것인 금속 페이스트이다. 이 금속 페이스트는, 고형분을 구성하는 은 입자 전체의 평균 입경이 60 내지 800㎚인 것이 바람직하다. 본 발명에 관한 금속 페이스트는, 150℃ 이하의 저온 영역에서도 은 입자를 소결시켜서 저저항의 소결체를 형성할 수 있다.
Also published as:
DE112015000957KR1020160113266CN106062886MYPI 2016702566WO/2015/129562