16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020180033609) 방전램프

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020187008662 出願日: 03.04.2008
公開番号: 1020180033609 公開日: 03.04.2018
特許番号: 102016673 特許付与日: 30.08.2019
公報種別: B1
PCT 関連事項: 出願番号: ; 公開番号:WO2008129932 クリックしてデータを表示
IPC:
H01J 61/52
F21V 29/00
F21V 29/56
H01J 5/50
H01J 5/54
H01J 5/62
H 電気
01
基本的電気素子
J
電子管または放電ランプ
61
ガス放電または蒸気放電ランプ
02
細部
52
冷却装置;加熱装置;放電空間のガスまたは蒸気を循環させる手段
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
21
照明
V
他に分類されない,照明装置またはそのシステムの機能的特徴あるいは細部;照明装置とその他の物品との構造的な組み合わせ
29
冷却または加熱手段
[IPC code unknown for F21V 29/56]
H 電気
01
基本的電気素子
J
電子管または放電ランプ
5
電子管または放電ランプの2以上の基本的な型に共通なうつわまたは導入線に関連する細部
50
電気的接続を行うための管またはランプの部分を形成する手段
H 電気
01
基本的電気素子
J
電子管または放電ランプ
5
電子管または放電ランプの2以上の基本的な型に共通なうつわまたは導入線に関連する細部
50
電気的接続を行うための管またはランプの部分を形成する手段
54
分離した部分によって支持されるもの,例.ベース
H 電気
01
基本的電気素子
J
電子管または放電ランプ
5
電子管または放電ランプの2以上の基本的な型に共通なうつわまたは導入線に関連する細部
50
電気的接続を行うための管またはランプの部分を形成する手段
54
分離した部分によって支持されるもの,例.ベース
62
分離した部分によって支持された接続子へのうつわから突き出た線の接続
CPC:
H01J 61/523
F21V 29/00
F21V 29/56
H01J 5/50
H01J 5/54
H01J 5/62
出願人: 가부시키가이샤 니콘
発明者: 기쿠치 다카유키
기타노 히로시
代理人: 특허법인태평양
優先権情報: 60/907,656 12.04.2007 US
発明の名称: (KO) 방전램프
要約: front page image
(KO) 방전램프의 패럴부재에 대한 냉각작용이 큰 광원장치이다. 전원(32) 및 송풍장치(34) 측의 커넥터(41)와 방전램프(1)의 패럴 측 커넥터(52)를 전력케이블(33A) 내에 송풍배기관(35A)이 수납된 연결케이블(57)에 의해 연결한다. 전원(32)으로부터의 전력을 연결케이블(57)의 전력케이블(33A), 패럴 측 커넥터(52) 및 유로절곡부재(51)를 통하여 패럴부(28)로 공급하고, 송풍장치(34)로부터의 냉풍을 연결케이블(57)의 송풍용 배관(35A)과, 패럴 측 커넥터(52) 및 유로절곡부재(51) 내의 송풍로를 통하여 패럴부(28)의 홈부(28b)로 공급한다.
また、:
SG156214KR1020100014217EP2143995JP2008262911CN101548132CN102446669
CN102522316JP2013258152CN103489746KR1020140141695KR1020150056865EP2985526
KR1020160090912IN3700/KOLNP/2009WO/2008/129932