処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. KR1020180031672 - 응집 모니터링 장치, 응집 모니터링 방법 및 응집 시스템

官庁 大韓民国
出願番号 1020187000846
出願日 21.07.2016
公開番号 1020180031672
公開日 28.03.2018
公報種別 A
IPC
G01N 21/51
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
21光学的手段,すなわち,赤外線,可視光線または紫外線を使用することによる材料の調査または分析
17調査される材料の特性に応じて入射光が変調されるシステム
47散乱,すなわち拡散反射
49物体内部または流体内部
51容器の内部,例.アンプル内
B01D 21/30
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
21沈でんによる液体から懸濁固体粒子の分離
30制御機器
C02F 1/52
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
52懸濁不純物の凝集または沈殿によるもの
G01N 15/06
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
15粒子の特徴の調査;多孔性材料の透過率,気孔量または表面積の調査
06懸濁質の濃度の調査
出願人 쿠리타 고교 가부시키가이샤
発明者 나가오 노부아키
무기바야시 야스히로
代理人 특허법인코리아나
優先権情報 2015144609 22.07.2015 JP
発明の名称
(KO) 응집 모니터링 장치, 응집 모니터링 방법 및 응집 시스템
要約
(KO)
플록 수 (밀도) 가 증가한 경우에도, 피처리수의 응집 상태를 안정적으로 계측할 수 있는 응집 모니터링 장치나 응집 모니터링 방법을 제공한다. 계측광 조사부 (레이저광 조사부 (10)) 가 계측광을 피처리수 (8) 의 계측 영역 (18) 에 조사하고, 산란광 수광부 (12) 가 피처리수의 입자에 의한 산란광을 수광한다. 계측치 연산부 (연산 회로 (48)) 가 산란광 수광부에 얻어지는 수광 신호의 진폭을 사용하여 피처리수의 응집에 관련되는 지표를 산출한다.