国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020170113682) 유기성 배수의 생물 처리 장치 및 처리 방법

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020177026695 出願日: 11.03.2015
公開番号: 1020170113682 公開日: 12.10.2017
公報種別: A
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号: ; 公開番号:WO2015137386 クリックしてデータを表示
IPC:
C02F 3/12
C02F 3/06
C02F 3/08
C02F 3/10
C02F 3/32
C02F 3/34
C02F 103/28
C02F 103/32
C02F 103/34
C02F 103/40
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
3
水,廃水または下水の生物学的処理
02
好気的処理
12
活性汚泥処理
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
3
水,廃水または下水の生物学的処理
02
好気的処理
06
浸漬濾床を使用するもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
3
水,廃水または下水の生物学的処理
02
好気的処理
08
動く接触体を使用するもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
3
水,廃水または下水の生物学的処理
02
好気的処理
10
パッキング;充填材;グリッド
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
3
水,廃水または下水の生物学的処理
32
使用された動物または植物によって特徴づけられるもの,例.藻類
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
3
水,廃水または下水の生物学的処理
34
使用された微生物によって特徴づけられるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
103
処理される水,廃水,下水または汚泥の性質
26
植物またはその一部の加工からの廃水
28
紙またはセルロース産業からのもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
103
処理される水,廃水,下水または汚泥の性質
32
食物または食品産業からの廃水,例.醸造所からの廃水
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
103
処理される水,廃水,下水または汚泥の性質
34
103/12~103/32のグループに分類されない化学産業からの廃水
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
103
処理される水,廃水,下水または汚泥の性質
34
103/12~103/32のグループに分類されない化学産業からの廃水
40
感光性物質の製造または使用から出るもの
出願人: 쿠리타 고교 가부시키가이샤
発明者: 나카노 요시마사
스즈키 마사카즈
나카네 게이스케
고니시 히요시
다나카 잇페이
시미즈 사토시
代理人: 특허법인코리아나
優先権情報: JP-P-2014-050444 13.03.2014 JP
JP-P-2015-027727 16.02.2015 JP
発明の名称: (KO) 유기성 배수의 생물 처리 장치 및 처리 방법
要約: front page image
(KO) 시공이 용이함과 함께, 고소 작업의 저감 및 스페이스 절약화를 꾀할 수 있는 유기성 배수의 생물 처리 장치가 제공된다. 유기성 배수를 다단으로 형성된 생물 처리조에서 생물 처리하는 장치로서, 제 1 단의 생물 처리조 (1) 에 있어서, 분산균에 의한 유기물의 분해에 의해 분산균이 증가한 제 1 생물 처리수를 생성시키고, 후단의 제 2 생물 처리조 (2) 에 있어서, 분산균을 미소 동물에게 포식시킨다. 제 1 생물 처리조 (1) 및 제 2 생물 처리조 (2) 는 동일 형상 및 동일 크기의 탑체 (10, 20) 를 가지고 있으며, 탑체의 높이가 6 ∼ 11 m 이고, 탑체의 높이와 직경의 비가 1.5 ∼ 5.0 이다.
Also published as:
CN106103357KR1020160117482KR1020180031806WO/2015/137386