国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020160137603) 화학 강화 처리에 의해 유리판에 발생하는 휨을 저감하는 방법, 화학 강화용 유리판의 제조 방법 및 화학 강화 유리판의 제조 방법

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020167029607 出願日: 25.03.2015
公開番号: 1020160137603 公開日: 30.11.2016
公報種別: A
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号: ; 公開番号:WO2015146169 クリックしてデータを表示
IPC:
C03B 25/08
C03B 18/02
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
25
ガラス製品の徐冷
04
連続的
06
ガラス成形品が水平に移動するもの
08
板ガラスが水平に移動するもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
18
液体の表面に接するガラスの成形
02
板ガラスの成形
CPC:
C03B 25/08
C03B 18/02
C03C 21/002
出願人: 니혼 이타가라스 가부시키가이샤
発明者: 후쿠시마 기요미
홋타 히로후미
代理人: 한양특허법인
優先権情報: JP-P-2014-066484 27.03.2014 JP
発明の名称: (KO) 화학 강화 처리에 의해 유리판에 발생하는 휨을 저감하는 방법, 화학 강화용 유리판의 제조 방법 및 화학 강화 유리판의 제조 방법
要約: front page image
(KO) 본 발명은, 플로트법으로 제조된 유리판에 화학 강화 처리를 실시함으로써 발생하는 상기 유리판의 휨을 저감하는 방법이다. 본 발명의 방법에서는, 화학 강화 처리가 실시되기 전에, 플로트법으로 제조된 유리판을, 상기 유리의 스트레인점-70℃~스트레인점+20℃의 온도 범위 내에 10분 이상 유지한다.
Also published as:
CN106103372US20170088454WO/2015/146169