国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020160136329) 연료 탱크용 밸브 장치

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020167026958 出願日: 18.12.2014
公開番号: 1020160136329 公開日: 29.11.2016
特許番号: 102039656 特許付与日: 06.11.2019
公報種別: B1
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号: ; 公開番号:WO2015133039 クリックしてデータを表示
IPC:
F02M 25/08
B60K 15/035
F02M 37/00
F16K 24/04
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
25
燃焼空気,主燃料または燃料-空気混合気に非燃料物質または少量の2次燃料を加える機関に適切な装置
08
機関の燃料槽より引き出された燃料の蒸気を加えるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
15
燃焼機関の燃料供給に関する配置;燃料タンクの取付けまたは構造
03
燃料タンク
035
通気手段に特徴を有するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
37
貯蔵容器より気化器または燃料噴射装置に液体燃料を供給する装置または系;内燃機関に特に適合されまたは配置された液体燃料を浄化する装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K
弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
24
密閉体の排気または吸気を行う弁等の装置
04
排気だけのもの
CPC:
F02M 25/0836
B60K 15/035
F02M 37/0023
F16K 24/044
出願人: 가부시키가이샤 파이오락꾸스
야치요 고교 가부시키가이샤
発明者: 미하라 켄타
나카야 카즈나리
시노자키 마사토
사와노 마사루
代理人: 특허법인세신
優先権情報: JP-P-2014-042602 05.03.2014 JP
発明の名称: (KO) 연료 탱크용 밸브 장치
要約: front page image
(KO) 연료 탱크 내의 연료 증기를 배출하고, 연료가 통기실 내에 들어가더라도 연료 증기 배출구에 연료가 들어가기 어려운 연료 탱크용 밸브 장치를 제공한다. 이 연료 탱크용 밸브 장치(10)는, 칸막이 벽을 통해 하부에 밸브실, 상부에 통기실이 설치된 하우징(15)과, 제1 개구(23)가 그 저부에 형성되어 통기실의 일부를 구성하는 요부(64)와, 그 내주에 설치된 연료 증기 배출구(71)를 구비하고, 칸막이 벽은 제2 개구 주변으로부터 요부(64) 내주에 이르도록 연장되는 선반형 벽부(63)를 구비하며, 상기 선반형 벽부(63)에는 제2 개구측으로부터 요부(64)에 연통하도록 연장하는 제1 홈부(70)가 형성되고, 그 상부에는 선반형 벽부(63)와의 사이에 간극(R3)을 통해 천장 벽(80)이 배치되어 있다.
Also published as:
US20170072787MX2016011478WO/2015/133039