国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020160132101) 양면 점착 시트 및 광학 부재

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020167028333 出願日: 16.03.2015
公開番号: 1020160132101 公開日: 16.11.2016
特許番号: 1019485310000 特許付与日: 15.02.2019
公報種別: B1
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号: ; 公開番号:WO2015146664 クリックしてデータを表示
IPC:
C09J 7/20
C08J 11/08
C09J 133/06
G02B 1/111
[IPC code unknown for C09J 7/20]
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
11
廃物の回収または処理
04
重合体
06
化学反応を伴わないもの
08
重合体成分に対する選択的溶剤を使用するもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
133
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪酸がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
エステルの単独重合体または共重合体
06
炭素,水素および酸素のみを含有し,しかもその酸素はカルボキシル基の一部分としてのみ存在するエステルの
[IPC code unknown for G02B 1/111]
出願人: 오지 홀딩스 가부시키가이샤
発明者: 하타 아키히로
아카마츠 타카나오
야마모토 마사유키
代理人: 정영선
優先権情報: JP-P-2014-067787 28.03.2014 JP
発明の名称: (KO) 양면 점착 시트 및 광학 부재
要約: front page image
(KO) 본 발명은 투명 지지체 위의 일부에 도전부가 형성된 도전 부재에 적용했을 때, 충분한 점착력을 유지하면서 도전부의 패턴을 불가시화하고, 또한 도전 부재와 표시 장치의 첩합에 사용했을 때 화면의 시인성도 양호한 양면 점착 시트를 제공하는 것을 과제로 한다. 본 발명은 투명 지지체 위의 일부에 도전부가 형성된 도전 부재의 첩합용 양면 점착 시트로서, 헤이즈를 10% 초과 또한 20% 미만으로 규정한 양면 점착 시트에 관한 것이다.
Also published as:
CN106170522JPWO2015146664WO/2015/146664