国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020160125477) 형광체, 발광 소자 및 발광 장치

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020167026274 出願日: 25.02.2015
公開番号: 1020160125477 公開日: 31.10.2016
公報種別: A
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号: ; 公開番号:WO2015129743 クリックしてデータを表示
IPC:
C09K 11/61
C09K 11/57
H01L 33/50
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11
発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08
無機発光性物質を含有するもの
61
ふっ素,塩素,臭素,よう素または不特定のハロゲン元素を含むもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11
発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08
無機発光性物質を含有するもの
57
マンガンまたはレニウムを含むもの
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
33
光の放出に特に適用される少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する半導体装置;それらの装置またはその部品の製造,あるいは処理に特に適用される方法または装置;それらの装置の細部
48
半導体素子本体のパッケージに特徴のあるもの
50
波長変換要素
出願人: 덴카 주식회사
発明者: 에모토 히데유키
야나기 신이치
이치카와 마사요시
이토 가즈히로
代理人: 리앤목특허법인
優先権情報: JP-P-2014-036008 26.02.2014 JP
JP-P-2014-036010 26.02.2014 JP
発明の名称: (KO) 형광체, 발광 소자 및 발광 장치
要約:
(KO) 본 발명은 고휘도의 적색 발광을 실현하는 것이 가능한 Mn 부활 복불화물 형광체의 입자 표면을 개질함으로써 내습성을 개선한 형광체와 이러한 형광체를 이용함으로써 연색성과 안정성이 우수한 발광 소자 및 발광 장치에 관한 것이다. 본 발명에 관한 형광체는 일반식: AMF:Mn로 나타나고, 원소 A는 적어도 K를 함유하는 알칼리 금속 원소이며, 원소 M은 Si, Ge, Sn, Ti, Zr 및 Hf에서 선택되는 1종 이상의 금속 원소이고, F는 불소이며, Mn은 망간인 형광체로서, Ca를 20ppm 이상 10000ppm 이하 또는 Cl을 20ppm 이상 300ppm 이하의 농도 범위에서 함유하는 것을 특징으로 한다. 4 + 2 6 4 +
Also published as:
US20170009133CN106062129WO/2015/129743