16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020150113143) 풍력 발전용 터빈 기어박스

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020157023545 出願日: 27.01.2014
公開番号: 1020150113143 公開日: 07.10.2015
公報種別: A
PCT 関連事項: 出願番号: ; 公開番号:WO2014117196 クリックしてデータを表示
IPC:
F03D 11/02
F03D 11/00
F16C 17/26
F16C 33/10
F16C 37/00
F16H 57/04
F16H 57/08
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
03
液体用機械または機関;風力原動機,ばね原動機,重力原動機;他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの
D
風力原動機
11
このサブクラスの他のグループに分類されない細部,構成要素または付属品
02
動力の伝達,例.中空の排気翼を使用するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
03
液体用機械または機関;風力原動機,ばね原動機,重力原動機;他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの
D
風力原動機
11
このサブクラスの他のグループに分類されない細部,構成要素または付属品
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
17
専ら回転運動のためのすべり軸受
26
複数のすべり軸受からなる方式
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
02
すべり軸受の部品
04
軸受金;ブッシュ;ライニング
06
おもに金属で作られたすべり面
10
潤滑に関する構造
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
37
軸受の冷却
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
57
伝動装置の一般的な細部
04
潤滑または冷却に関して特徴があるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
57
伝動装置の一般的な細部
08
遊星運動をする部材をもった伝動装置
CPC:
F03D 11/0008
F03D 15/00
F03D 80/70
F16C 17/02
F16C 17/26
F16C 33/1045
F16C 33/1055
F16C 37/002
F16C2360/31
F16H 57/043
F16H 57/0479
F16H 57/0486
F16H 57/08
F16H 57/082
F16H2057/085
Y02E 10/722
出願人: 미바 그레이트라게르 게엠베하
発明者: 해거 군터
홀쯜 요하네스 세바스티안
카리 알렉산더
代理人: 박장원
優先権情報: A 50066/2013 30.01.2013 AT
発明の名称: (KO) 풍력 발전용 터빈 기어박스
要約: front page image
(KO) 본 발명은, 액슬(5)에 장착되어 있는 적어도 하나의 기어휠(2)을 포함하는 풍력 발전용 터빈 기어박스(1)에 관한 것으로, 상기 기어휠(2)과 상기 액슬(5) 사이에 평 베어링(4)을 지지하기 위한 베어링 점이 배치되고, 평 베어링(4)에 윤활유를 공급하기 위한 리세스가 상기 액슬(5)에 형성된다. 평 베어링(4)의 접촉면의 영역에서, 평 베어링들(4) 사이에서 기어휠(2) 또는 중간 공간부(7)에 홈(18)이 형성되며, 상기 홈(18) 또는 중간 공간부(7)는 적어도 하나의 연결 라인(16)을 통해 주변 대기와 연결된다.
また、:
CN104956076US20150361962EP2951434WO/2014/117196