国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (KR1020130100925) 다가 카르복실산 조성물, 경화제 조성물, 및 그 다가 카르복실산 조성물 또는 그 경화제 조성물을 에폭시 수지의 경화제로서 함유하는 경화성 수지 조성물

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020127034379 出願日: 28.06.2011
公開番号: 1020130100925 公開日: 12.09.2013
公報種別: A
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号:PCTJP2011064848 ; 公開番号:WO2012002404 クリックしてデータを表示
IPC:
C08G 59/42
C08G 59/24
C08K 5/09
C08L 63/00
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する重縮合物;エポキシ重縮合物と単官能性低分子量化合物との反応によって得られる高分子化合物;エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する化合物を重合することにより得られる高分子化合物
18
エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含む化合物を重合することにより得られる高分子化合物
40
用いられた硬化剤に特徴のあるもの
42
ポリカルボン酸;その酸無水物,ハライドまたは低分子量エステル
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する重縮合物;エポキシ重縮合物と単官能性低分子量化合物との反応によって得られる高分子化合物;エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する化合物を重合することにより得られる高分子化合物
18
エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含む化合物を重合することにより得られる高分子化合物
20
用いられたエポキシ化合物に特徴のあるもの
22
ジエポキシ化合物
24
炭素環式
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
04
酸素含有化合物
09
カルボン酸;その金属塩;その無水物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
63
エポキシ樹脂の組成物;エポキシ樹脂の誘導体の組成物
CPC:
C08G 59/42
C08G 59/4215
C08G 59/423
C08L 63/00
C08G 59/58
C08G 59/24
C08K 5/09
出願人: 닛뽄 가야쿠 가부시키가이샤
発明者: 나카니시 마사타카
미야가와 나오후사
카와다 요시히로
사사키 치에
代理人: 하영욱
優先権情報: JP-P-2010-149411 30.06.2010 JP
発明の名称: (KO) 다가 카르복실산 조성물, 경화제 조성물, 및 그 다가 카르복실산 조성물 또는 그 경화제 조성물을 에폭시 수지의 경화제로서 함유하는 경화성 수지 조성물
要約:
(KO) 본 발명의 목적은 경화시의 경화제의 휘발을 줄이고, 또한 내열성, 광학특성, 성형성이 우수한 경화물을 부여하는 다가 카르복실산 조성물, 경화제 조성물, 및 상기 다가 카르복실산 조성물 또는 경화제 조성물을 함유하는 경화성 수지 조성물을 제공하는 것에 있는다. 본 발명에 있어서의 경화성 다가 카르복실산 조성물 및 경화제 조성물은 비스(디메틸올)디알킬에테르와 산무수물의 반응에 의해 얻어지는 다가 카르복실산 수지를 함유한다.
Also published as:
CN102971355JPWO2012002404WO/2012/002404