処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. KR1020110083682 - 아연계 도금 강판의 제조 방법

官庁 大韓民国
出願番号 1020117011656
出願日 22.04.2009
公開番号 1020110083682
公開日 20.07.2011
特許番号 1013608020000
特許付与日 10.02.2014
公報種別 B1
IPC
C23C 28/00
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
28メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
C23C 22/53
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
22表面と反応性液体との反応による金属質材料の化学的表面処理であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings)金属の不動態化
05水溶液を使用するもの
06pH<6の酸性水溶液を用いるもの
48りん酸塩,6価クロム化合物,ふっ化物もしくは錯ふっ化物,モリブデン酸塩,タングステン酸塩,バナジン酸塩またはしゅう酸塩を含まないもの
53亜鉛または亜鉛を基とする合金の処理
出願人 제이에프이 스틸 가부시키가이샤
発明者 마키미즈 요이치
가지야마 히로시
후지타 사카에
요시미 나오토
타다 마사히코
오오츠카 신지
마스오카 히로유키
호시노 카츠야
代理人 이철
優先権情報 2008319132 16.12.2008 JP
発明の名称
(KO) 아연계 도금 강판의 제조 방법
要約
(KO)
아연계 도금 강판의 제조 방법은, 강판 표면에, 아연 이온 농도로서 1∼100g/l의 범위로 아연을 함유하는 수용액을 접촉시키고, 이어서, pH6∼14의 수용액에 접촉시킨 후, 수세·건조를 행한다. 아연을 포함하는 용액 중으로서는, 예를 들면, 아연의 황산염을 포함하는 용액을 들 수 있다. 이상의 방법에 의해, 강판 표면에, 평균 두께가 10nm 이상이며, 아연을 주체로 하여 포함하는 산화물층이 형성되어, 우수한 프레스 성형성을 갖는 아연계 도금 강판이, 고속 그리고 안정적으로 공간 절약적으로 제조될 수 있다.